独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

オークスの1番人気も内か外の極端枠が良い!?


先週(5月11日~12日)の穴ぐさは[4.7.5.95](複勝率14.4%)でした。重賞で馬券に絡めず、すみませんでした。

ヴィクトリアマイルはハイペースとなって1分30秒5というレコード決着になり、馬体重が470kgだったノームコアが優勝しました。ノームコアノーザンファームの生産馬で、本当に関東馬(萩原厩舎)が勝ちましたね。今年の芝G1の勝ち馬は次の通りとなっています。

【2019年のJRA芝G1の優勝馬】
レース 馬名 厩舎 人気 生産
ヴィクトリアマイル ノームコア 美・萩原 5 ノーザンファーム
NHKマイルC アドマイヤマーズ 栗・友道 2 ノーザンファーム
天皇賞・春 フィエールマン 美・手塚 1 ノーザンファーム
皐月賞 サートゥルナーリア 栗・角居 1 ノーザンファーム
桜花賞 グランアレグリア 美・藤沢和 2 ノーザンファーム
大阪杯 アルアイン 栗・池江 9 ノーザンファーム
高松宮記念 ミスターメロディ 栗・藤原英 3 Bell Tower Thoroughbreds

大阪杯以降の1600m以上のG1ではノーザンファーム生産馬が6連勝中で、関西馬関東馬関西馬関東馬関西馬関東馬という流れで優勝馬が出ています。この流れで行くと、今週末のオークス関西馬でしょうか!?

オークスにはノーザンファーム生産馬が12頭が登録していて、そのうち関西馬クロノジェネシスグラディーヴァダノンファンタジービーチサンバフェアリーポルカラヴズオンリーユーの6頭となっています。

このうち、クロノジェネシスダノンファンタジーラヴズオンリーユーは上位人気の可能性がありそうですが、近年の2~3歳限定の牝馬G1では1~2番人気に関して対照的なデータがあるので、それをご覧いただきましょう。

【2011年以降の2~3歳限定の牝馬限定G1】
1番人気 2番人気
1枠 [3.1.0.2] [0.2.1.3]
2枠 [1.1.0.0] [1.0.0.0]
3枠 [0.0.1.2] [0.0.0.0]
4枠 [0.0.0.2] [2.0.0.3]
5枠 [0.2.0.2] [2.2.0.0]
6枠 [1.0.1.0] [1.3.1.1]
7枠 [3.1.1.3] [1.2.0.2]
8枠 [2.1.1.2] [0.1.1.4]

2011年以降、2~3歳限定の牝馬G1は33レースが行われていて、1番人気は[10.6.4.13]2番人気は[7.10.3.13]という成績です。1番人気は昨年のオークスでのアーモンドアイなど10勝を挙げていますが、そのうち4勝が1~2枠、6勝が6~8枠で、内か外の極端枠で勝利するケースが多くなっています。

一方、2番人気は7勝をマークしていますが、この7勝は2~7枠で、5勝が4~6枠で記録されています。1番人気は内か外の極端枠が良く、2番人気は内や外過ぎない枠でよく勝っているので、このことは覚えておくと良いのではないでしょうか。

ちなみに、今年は桜花賞馬(グランアレグリア)が不在のオークスとなります。このようなケースは3年前(2016年)にもあり、その時は桜花賞②着のシンハライトが優勝しました。桜花賞馬が不在のオークスは近30年では4度あり(2002年、05年、07年、16年)、次の馬たちが勝利しています。

【近30年で桜花賞馬が不在だったオークス】
優勝馬 人気 前走
2016年 シンハライト 1 桜花賞②着
2007年 ローブデコルテ 5 桜花賞④着
2005年 シーザリオ 1 桜花賞②着
2002年 スマイルトゥモロー 4 桜花賞⑥着

優勝した4頭は桜花賞組みで、1~5番人気の支持を集めていました。桜花賞馬が不在でも、桜花賞組みのレベルが高かったケースが多いわけですが、果たして今年はどうなるでしょうか。

5月18日~19日に行われる3場(東京、京都、新潟)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

5月18日~19日
場所
東京 Bコース・2週目
京都 Dコース・2週目
新潟 Bコース・4週目

5月18日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
東京9R カーネーションC [1.0.1.12]
東京10R 是政特別 [1.1.3.25]
東京11R メイS [0.2.0.16]
京都9R メルボルンT [0.1.1.12]
京都10R シドニーT [2.2.1.24]
京都11R 平安S [0.1.1.33]
京都12R オーストラリアT [0.1.1.21]
新潟10R 早苗賞 [0.0.1.11]
新潟11R 大日岳特別 [1.1.0.18]
新潟12R 飛竜特別 [2.2.1.31]

5月19日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
東京8R 日吉特別 [1.0.3.23]
東京9R 調布特別 [0.1.0.25]
東京10R フリーウェイS [1.3.2.32]
東京11R オークス [0.0.2.36]
東京12R 丹沢S [0.1.2.28]
京都9R 御室特別 [0.1.0.9]
京都10R 鳳雛S [1.0.0.1]
京都11R 下鴨S [0.1.1.10]
新潟10R 荒川峡特別 [2.1.2.17]
新潟11R 韋駄天S [0.0.2.13]
新潟12R 石打特別 [0.0.3.27]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
下鴨S(1600万、京都芝2000m)

下鴨Sでの穴ぐさは[0.1.1.10](複勝率16.7%)で、複勝回収率は105%です。

馬券に絡んだ2頭は4~5歳の父サンデー系で、中5週以内の臨戦でした。どちらも馬場を1周する芝2000mで連対実績があったので、O型の芝2000mでの戦績をチェックしておきましょう。

注目レース
シドニーT(1600万、京都ダート1200m)

シドニーTでの穴ぐさは[2.2.1.24](複勝率17.2%)で、複勝回収率は111%です。昨年はメイショウワダイコが7番人気で①着、一昨年はヒカリブランデーが7番人気で③着に入りました。

ダート1200mの時に限ると[1.1.1.12]で、馬券に絡んだ3頭は5~6歳で中7週以内の臨戦でした。3頭はいずれも1000万を勝利した時がダート1200mで、4角3番手以内からの押し切りだったので、先行脚質の馬が侮れないでしょう。

注目レース
是政特別(1000万、東京ダート2100m)

是政特別での穴ぐさは[1.1.3.25](複勝率16.7%)で、複勝回収率は103%です。

③着以内に入った5頭は馬番10番以内で、父か母父がサンデー系かミスプロ系の牡馬でした。5頭のうち4頭は2000m以上で勝ち鞍があったので、真ん中から内枠で長距離実績のあるタイプに注意しましょう。

注目レース
日吉特別(1000万、東京ダート1300m)

日吉特別での穴ぐさは[1.0.3.23](複勝率14.8%)で、複勝回収率は103%です。

馬券圏内に入った4頭は4~5歳の牡馬で、いずれも関東馬です。4頭のうち3頭は前走が右回りでしたが、同じく4頭のうち3頭は左回りのダートで勝ったことがあったので、左回りに実績がある馬に妙味がありそうです。

注目レース
カーネーションC(500万、東京芝1800m)

カーネーションCでの穴ぐさは[1.0.1.12](複勝率14.3%)で、複勝回収率は157%です。

馬券に絡んだ2頭は前走が掲示板外でしたが、上がり33秒7~33秒9を計時していました。2頭は馬番3~5番でもあったので、内目の枠で決め手のあるタイプが侮れないでしょう。

ちなみに…
オークスでの穴ぐさは[0.0.2.36]で、平安Sでは[0.1.1.33]です。それぞれの過去10年で7番人気以下で馬券圏内に入った馬は、オークスが5頭、平安Sが7頭です。

オークスで激走した5頭は7~9番人気で、2011年②着のピュアブリーゼ(8枠18番)以外の4頭は馬番4番以内でした。芝OPでの連対歴がなかったのはピュアブリーゼだけで、同馬以外の4頭は父サンデー系でもあります。5頭は馬体重が436~478kgで、4頭は436~458kgだったので、小柄なタイプが侮れなさそうです。

平安Sで激走した7頭のうち、ダート1900mでの激走馬は5頭で、この5頭は中4週以内の臨戦で、馬体重が492~532kgで、馬番10番以内でした。5頭は父か母父がサンデー系かミスプロ系で、5頭のうち4頭には5代血統表内にニジンスキー系を持っていたので、大型でスタミナがありそうなタイプに注意しましょう。

TOPページに戻る