独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト

更新

22年9月25日
中山 12R 3歳以上2勝クラス
ダ1200m
マイステージ
8人気 2着 (単オッズ26.0倍)
小林凌騎手

近5走は⑧⑤⑪⑪⑩着だが、いずれも斤量55kgだった。今回は△53kgで、3歳以降はダート1200mで斤量54kg以下だと③②①⑤③着で、6走前にこのコースの牡牝混合戦で現級③着がある。3歳以降はダート1200mで馬番7番以内だと③①③着で、ストーミングホーム産駒はダート1200mの2勝クラス以上で[4.3.3.16](複勝率38.5%)なので、2枠4番からロスを抑えて走れれば。B

22年9月25日
中山 11R オールカマー
芝2200m
ジェラルディーナ
5人気 1着 (単オッズ19.5倍)
横山武騎手

O型コースの重賞は④④②③着で、近2走はメンバー2位以内の上がり(33秒6~35秒0)を使っている。7~11月は③②①①①①③着で、今の時期も良さそうで、芝2200m重賞は2ヶ月ぶりだった今年の京都記念で④着(③着とアタマ差)。過去6連対は中7週以内の時で、横山武騎手は中山芝のO型コースの重賞で[6.1.5.21](複勝率36.4%)なので、中5週のここで上手く捌ければ。B

22年9月25日
中山 10R 内房S
ダ1800m
テイエムベンチャー
3人気 3着 (単オッズ6.9倍)
国分恭騎手

昇級初戦の前走(新潟ダート1800m)は連対歴のない休み明けだったが、③着と0秒1差(④着)だった。中山は初めてだが、右回りは①①③⑪②①着で、馬券圏内の5戦は4角2番手以内に付けていた。道悪ダートでも勝ち鞍があり、エスポワールシチー牡セン馬は中山ダート1800mで中6週以内だと[7.8.4.28](複勝率40.4%)なので、中6週でスムーズに走れれば。A

22年9月25日
中山 10R 内房S
ダ1800m
キタノリューオー
6人気 1着 (単オッズ11.9倍)
丸山騎手

中山ダート1800mの現級戦はメンバー最速の上がり(36秒2~37秒2)を使って③④着で、④着時は③着とクビ差だった。直線に坂のあるダートで丸山騎手騎乗だと①②③①③④着で、同騎手は2勝クラス以上で萱野厩舎の馬に騎乗だと[2.1.3.5](複勝率54.5%)。前走から距離延長時は②⑥③着と悪くないので、現級実績のある条件で決め手を活かせれば。C

22年9月25日
中山 8R 3歳以上1勝クラス
ダ1800m
トリグラフ
5人気 2着 (単オッズ8.2倍)
永野騎手

中山ダート1800mで永野騎手騎乗だと①④着で、現級での④着時は△54kgでメンバー2位の上がり39秒1を使って0秒4差だった。今回のメンバー中、このコースで勝ち鞍があるのはスピードソルジャー、マイネルサハラと本馬。過去の馬券圏内は斤量52kg以下の時で、古馬相手でも2ヶ月ぶりでの現級③着があるから、2ヶ月半ぶりでも△52kgならチャンスがあるはず。A

22年9月25日
中山 7R 3歳以上1勝クラス
芝1600m
ララサンスフル
10人気 3着 (単オッズ41.8倍)
中井騎手

このコースでの前走はひと桁馬番の馬が馬券圏内を占める中、8枠13番から先行して0秒3差(⑤着)だった。過去2回の馬券圏内は右回りで馬番10番以内の時で、中井騎手とのコンビでの現級②着がある。ハーツクライ牝馬は中山芝の1勝クラス以上で馬番1番だと[5.3.3.21](複勝率34.4%)で、最内枠でロスを抑えて走れれば。B

22年9月25日
中京 8R 3歳以上1勝クラス
芝2000m
ミクソロジー
5人気 3着 (単オッズ16.3倍)
坂井騎手

現級初戦の前走(⑥着)は前残りの展開だったし、4角10番手から自己ベストの上がり(34秒1)で伸びていたから悲観することはなさそう。休み明けは④①着で、O型の芝2000mで坂井騎手騎乗というのは3走前(②着)と同じ。辻野厩舎の馬は芝1勝クラス以上で[16.6.4.54](複勝率32.5%)でもあり、約3ヵ月ぶりで臨む中京芝2000mで差しの利く展開になれば。A

22年9月25日
中京 3R 2歳未勝利
芝1400m
モズライフセーバー
9人気 1着 (単オッズ17.6倍)
吉田隼騎手

デビュー戦(新潟芝外1800m、⑧着)はスローペースの上がり勝負が合わなかった感じだが、馬群で折り合って追走できていた点にセンスの良さを感じる。母サマーコード(1200m以下で2勝)、兄ハングリーベン(1400m以下で4勝)で、シルバーステート産駒は芝1400mで前走から距離短縮だと[3.0.4.11](複勝率38.9%)だから、今回の条件で上手く運べれば。A

22年9月24日
中山 12R 3歳以上2勝クラス・牝
ダ1800m
フォレストキャット
12人気 3着 (単オッズ39.3倍)
石橋騎手

昇級初戦の前走(⑪着)は初めてブリンカーを装着したが、中団から伸び切れなかった。今回は約7ヶ月ぶりだが、ブリンカー非装着時は⑤①①着で、1勝クラスを勝った時は休み明けでステイブルアスク(後にダート3勝クラス③着)を下している。野中厩舎の馬は中山ダート1800mの2勝クラス以上で[4.6.2.17](複勝率41.4%)で、スムーズに走れれば。C

22年9月24日
中山 11R ながつきS
ダ1200m
ミラーウォーカーズ
8人気 2着 (単オッズ19.2倍)
丸田騎手

中山は初めてだが、右回りのダートは2戦2勝で、3勝クラスを勝った時は他馬と競り合いながら4角先頭から押し切った。その時を含めてダート1400m以下で4角3番手以内だと4戦4勝。OPでの2戦は左回りで⑫⑩着だが、サウスヴィグラス牝馬は右回りのダート1200mのOPで[2.4.6.17](複勝率41.4%)なので、スムーズに動ければ変わる余地がありそう。C

2022年

2021年

TOPページに戻る