独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

競馬ニュース

ジャパンダートダービーはクリソベリルが3馬身差で圧勝!

写真/佐々木光


10日(水)、第21回ジャパンダートダービー(地方交流Jpn1、大井ダート2000m、雲・稍重)が行われ、単勝1.2倍の圧倒的支持を集めたクリソベリル(牡3、栗・音無)が直線で差し切り、最後に3馬身の差を付けて快勝した。クリソベリルは、父ゴールドアリュールと兄クリソライトもこのレースを制しており、4連勝でそれらに続く勝利となった。

クリソベリルが抜け出した後、2着争いが激しくなり、先行馬を見る位置から早めに先頭に立って粘り込んだデルマルーヴル、外を回って脚を伸ばしたウィンターフェル、最後に馬群の間から伸びたミューチャリーの3頭で接戦になったが、デルマルーヴルがアタマ差で先着して2着となった。3着がミューチャリーで、さらにアタマ差で4着がウィンターフェルだった。

逃げたヒカリオーソが5着で、デアフルーグは中団追走も伸びきれず8着、ロードグラディオは先行するも伸びが見られず10着に敗れた。

【クリソベリル・川田騎手の話】
目標としていたこのレースまで無事に来られて、しっかりと良い内容で勝ち切ってくれてホッとしています。前半は思った以上に進んでくれて、なだめながらの追走になりました。少し動くのに時間がかかりましたが、(いまの)体としては仕方ない部分があると思うので、その辺りが解消してくれればもっと良くなるなと思いながら乗っていました。もっと大人の体になってくれば、良い走りができるのは間違いないと思っています。今後、日本一を争える馬になってくれればいいなと思っています。

【全着順】
1着クリソベリル(2.6.1)
2着デルマルーヴル(3馬身)
3着ミューチャリー(アタマ)
4着ウィンターフェル(アタマ)
5着ヒカリオーソ(2馬身1/2)
6着トイガー(クビ)
7着グリードパルフェ(1馬身3/4)
8着デアフルーグ(3/4)
9着ホワイトヘッド(5馬身)
10着ロードグラディオ(6馬身)
11着ドウドウキリシマ(1/2)
12着メスキータ(3/4)
13着サクセッサー(2馬身)
14着ナンヨーオボロヅキ(大差)

【払戻金】
単勝
12 120円
複勝
12 100円
5 160円
4 190円
枠連複
4-7 440円
馬連複
5-12 470円
枠連単
7-4 540円
馬連単
12-5 540円
ワイド
5-12 220円
4-12 300円
4-5 830円
3連複
4-5-12 1370円
3連単
12-5-4 2760円

※結果・払戻情報は主催者発表のものと必ずご照合ください。

TOPページに戻る