独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

金鯱賞の1番人気は惜敗続きにピリオドを打てるか!?

先週(3月3日~4日)の穴ぐさ💨は[2.7.3.91](複勝率11.7%)で、オーシャンS【B】評価だったキングハートが10番人気で①着になりました。馬券を獲ったみなさん、おめでとうございます!

今年の重賞では穴ぐさ💨が未勝利だったので、遅ればせながら勝ち馬が現れてホッとしました。今年の重賞での穴ぐさ💨は評価別と枠順別の成績が次のようになっています。

【2018年の重賞での穴ぐさ💨】
評価 着別度数 複勝率
A [0.2.2.17] 19.0%
B [1.1.1.19] 13.6%
C [0.0.3.15] 16.7%

【2018年の重賞での穴ぐさ💨】
枠順 着別度数
1枠 [0.1.0.7]
2枠 [0.0.2.4]
3枠 [0.1.1.10]
4枠 [1.0.0.6]
5枠 [0.0.1.7]
6枠 [0.1.0.9]
7枠 [0.0.2.2]
8枠 [0.0.0.6]

芝ダート含めて、重賞で8枠の穴ぐさ💨は馬券に絡めていないんですよね。馬番で見ると、馬券圏内に入った10頭中9頭はひと桁馬番なので、今週末の重賞の参考にしてください。

チューリップ賞弥生賞は少頭数で穴ぐさ💨不在になり、どちらも圧倒的1番人気の馬(ラッキーライラックダノンプレミアム)が勝利して、堅い決着になりましたね。チューリップ賞ラッキーライラックは5枠5番で、弥生賞ダノンプレミアムは8枠9番でした。

今年の3歳重賞での1番人気馬は[4.0.0.4]という成績で、なぜか奇数馬番の馬が[4.0.0.1]で、偶数馬番の馬が[0.0.0.3]となっています。今週末はフィリーズレビューがありますので、気にされてみてはいかがでしょうか。

古馬の芝重賞は、今年14レースが行われ、1番人気が[5.2.4.3]、2番人気が[2.2.2.8]で、14レースのうちシルクロードS以外の13レースで1~2番人気が馬券に絡んでいます。今週末の金鯱賞中山牝馬Sも、軸は1~2番人気でしょうか。

ただ、1番人気で勝利した5頭のうち4頭はハンデ戦で、今年の古馬の芝重賞での1番人気はハンデ戦以外の方が勝ち切れていない面が見られます。

【2018年の古馬の芝重賞での1番人気】
条件 着別度数
ハンデ戦 [4.0.2.1]
ハンデ戦以外 [1.2.2.2]

ハンデ戦以外で1番人気に応えて勝利したのは、京都牝馬Sでのミスパンテールだけで、牡牝混合の別定戦に限ると[0.2.2.2]なんですよね。今週末には金鯱賞があり、サトノダイヤモンドスワーヴリチャードが出走予定となっていますが、果たしてどうでしょうか。

今週からは中京開催が始まります。3月10日~11日に行われる3場(中山、阪神、中京)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ💨成績は、次の通りです。

3月10日~11日
場所
中山 Aコース・3週目
阪神 Aコース・3週目
中京 Aコース・1週目

3月10日
場所 レース名 穴ぐさ💨
成績
中山9R 房総特別 [0.0.3.19]
中山10R サンシャインS [1.0.1.16]
中山11R 中山牝馬S [1.3.4.25]
阪神9R ゆきやなぎ賞 [0.0.0.3]
阪神10R うずしおS [1.1.0.24]
阪神11R ポラリスS [1.2.2.21]
中京10R フローラルウォーク賞 [0.0.0.11]
中京11R トリトンS [1.2.0.24]
中京12R 瀬戸特別 [2.0.2.18]

3月11日
場所 レース名 穴ぐさ💨
成績
中山9R 館山特別 [0.0.0.5]
中山10R 東風S [2.1.0.20]
中山11R アネモネS [0.0.1.28]
阪神9R 淡路特別 [0.0.1.8]
阪神10R 甲南S [1.2.2.17]
阪神11R フィリーズレビュー [3.2.1.23]
中京10R 昇竜S [0.0.1.18]
中京11R 金鯱賞 [0.4.1.24]
中京12R 賢島特別 [2.3.2.16]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
フィリーズレビュー(G2、阪神芝1400m)

フィリーズレビューでの穴ぐさ💨は[3.2.1.23](複勝率20.7%)で、複勝回収率は171%です。馬券圏内に激走した穴ぐさ💨は、父か母父がサンデー系ミスプロ系となっています。

過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が10頭いて、そのうち4頭は4角3番手以内からの粘り込みで、残りの6頭のうち5頭は4角12番手以下からの追い込みです。先行して激走した4頭のうち3頭は馬番12番より外枠で、4角12番手以下から追い込んだ5頭のうち4頭はひと桁馬番ですから、内で溜められるタイプか、外から前に行けるタイプに要注意でしょう。

激走馬の10頭は馬体重が484kg以下で、10頭中9頭は466kg以下、10頭中7頭は450kg以下でした。小柄な馬も侮らないようにしましょう。

注目レース
中山牝馬S(G3、中山芝1800m)

中山牝馬Sでの穴ぐさ💨は[1.3.4.25](複勝率24.2%)で、複勝回収率は192%です。馬券に絡んだ穴ぐさ💨は8頭中7頭がハンデ53~54kgで、中山で激走した6頭中5頭はひと桁馬番です。

過去10年で7番人気以下で③着以内に入った馬は14頭で、そのうち8頭は重賞での③着以内があり、残りの6頭は前走の上がりがメンバー中3位以内か34秒0~34秒1でした。重賞実績があるか、前走で速い上がりを使っていたタイプを狙うと良さそうです。

昨年に7番人気で③着に入ったクインズミラーグロは母父がグレイソヴリン系(In Excess)で、激走した14頭のうち11頭は3代血統表内にナスルーラの系統(グレイソヴリン系ボールドルーラー系)を持っていました。そのような馬がいたら、マークしておきましょう。

注目レース
甲南S(1600万、阪神ダート2000m)

甲南Sでの穴ぐさ💨は[1.2.2.17](複勝率22.7%)で、複勝回収率は146%です。昨年はミキノハルモニーが8番人気で③着に食い込みました。

このレースで激走した穴ぐさ💨は4~6歳の牡馬で、5頭のうち4頭は父か母父がロベルト系です。5頭は中3~5週の臨戦だったので、使われての良化が見込めそうなタイプが狙い目になりそうです。

注目レース
賢島特別(1000万、中京芝1600m)

賢島特別での穴ぐさ💨は[2.3.2.16](複勝率30.4%)で、複勝回収率は139%です。昨年は【B】評価だったフライングレディが③着となり、一昨年は②着トップアート&③着インストアイベントという【穴ぐさ💨ダブル】でした。

マイル戦となってから馬券に絡んだ穴ぐさ💨(3頭)は父サンデー系で、3頭中2頭は阪神芝外1600~1800mで好走歴がありました。残りの1頭は東京芝で連対歴があったので、馬場を半周して直線に坂のあるコースで好走歴がある馬が侮れないでしょう。

ちなみに…
金鯱賞での穴ぐさ💨は[0.4.1.24]で、一昨年にシュンドルボン【B】評価で③着、昨年はロードヴァンドール【A】評価で②着に食い込みました。

過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が11頭いて、新装後の中京に限ると8頭です。この8頭はいずれも父か母父がサンデー系で、2013年以降に激走した6頭は父か母父がキングマンボ系ノーザンダンサー系でもあります。

新装後の激走馬8頭は前走⑥着以内で、そのうち7頭は前走で掲示板に載っていました。2013年以降の6頭は馬体重が480kg以上で、その6頭中5頭は490kg以上、6頭中4頭は504kg以上だったので、大型馬に注目する手もありそうです。