独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

今年の高松宮記念はヒモ荒れになる!?

先週(3月17日~18日)の穴ぐさ💨は[5.6.5.92](複勝率14.8%)でした。特別競走では単勝回収率が222%、複勝回収率が103%となりましたが、もっと貢献できるケースもありましたね……。

先週の最終レースでの穴ぐさ💨は[2.0.1.14](複勝率17.6%)で、6レースのうち3レースで馬券に絡む馬が出ました。馬券圏内に入った3レースは1200~1400mで、やはり短距離で好成績でした。

改めて、今年の最終レースにおける穴ぐさ💨の成績を距離別でご覧いただきましょう。

【2018年最終レースでの穴ぐさ💨】
距離 着別度数 複勝率
1200m [3.5.7.48] 23.8%
1400m [4.1.3.24] 25.0%
1600m [0.2.1.25] 10.7%
1700m [0.0.0.3] 0.0%
1800m [0.1.1.23] 8.0%
2000m [0.1.1.7] 22.2%
2200m [0.1.1.7] 22.2%

1400m以下だと[7.6.10.78](複勝率22.8%)で、回収率は単勝が113%、複勝が107%です。今週末の最終レースで1400m以下なのは、土曜阪神・500万、土曜中京・岡崎特別、日曜中山・1000万、日曜中京・鈴鹿特別とあるので、どうぞ穴ぐさ💨にご注目ください。

さて、今週はスプリントG1の高松宮記念が行われます。フルゲート18頭で23頭がエントリーしていますが、前走で1番人気に推された馬が1頭もいないんですよね。これはかなり珍しいケースと言えます。

2000年以降の平地G1で、前走が1番人気だった馬がいないメンバーとなったのは、07年高松宮記念09年ヴィクトリアマイル14年宝塚記念の3レースだけ。その3レースは次のような結果でした。

【2000年以降の平地G1で前走1番人気馬が不在のレース】
レース ①着
②着
③着
人気
07年高松宮記念 ①着スズカフェニックス
②着ペールギュント
③着プリサイスマシーン
1
13
2
09年ヴィクトリアマイル ①着ウオッカ
②着ブラボーデイジー
③着ショウナンラノビア
1
11
7
14年宝塚記念 ①着ゴールドシップ
②着カレンミロティック
③着ヴィルシーナ
1
9
8

前走1番人気馬が不在の平地G1では、結局、1番人気馬が勝利を収めています。ただ、②着には9~13番人気馬が入っていて、3レースのうち2レースでは③着も人気薄(7~8番人気馬)です。前走1番人気馬が不在の時はヒモ荒れが起こりやすいようですから、今年の高松宮記念もそのような視点で臨んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、昨年以降の古馬の芝1200m重賞では、勝ち馬は6枠以内から出ていて、1~3番人気で優勝した馬はいずれも真ん中の枠だったというデータがあります。

【2017年以降の古馬混合の芝1200m重賞】
枠順 着別度数 1~3番人気
1枠 [1.2.0.17] [0.1.0.1]
2枠 [1.1.3.15] [0.1.0.4]
3枠 [1.2.1.17] 出走なし
4枠 [3.2.2.17] [2.0.1.4]
5枠 [4.0.2.18] [4.0.1.2]
6枠 [2.1.1.20] [1.0.0.2]
7枠 [0.4.1.23] [0.2.0.6]
8枠 [0.0.2.26] [0.0.0.4]

優勝馬12頭は1~6枠で、そのうち1~3番人気で勝利した7頭は4~6枠です。今年の高松宮記念で1番人気馬が勝つと想定するなら、その馬は4~6枠に入ってほしいところですかね!?

なお、中京芝は今週からBコースでの施行となるのでご注意ください。3月24日~25日に行われる3場(中山、阪神、中京)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ💨成績は、次の通りです。

3月24日~25日
場所
中山 Aコース・5週目
阪神 Aコース・5週目
中京 Bコース・1週目

3月24日
場所 レース名 穴ぐさ💨
成績
中山9R ミモザ賞 [0.0.1.11]
中山10R 春風S [1.2.2.24]
中山11R 日経賞 [0.1.2.16]
阪神9R 君子蘭賞 [1.2.2.9]
阪神10R 天神橋特別 出走ナシ
阪神11R 毎日杯 [0.1.1.20]
中京10R 大寒桜賞 [0.0.0.3]
中京11R 名古屋城S [1.0.1.13]
中京12R 岡崎特別 [0.0.0.24]

3月25日
場所 レース名 穴ぐさ💨
成績
中山9R 両国特別 [0.0.1.6]
中山10R 美浦S [2.3.3.14]
中山11R マーチS [2.0.1.30]
阪神9R 四国新聞杯 [0.0.1.15]
阪神10R 淀屋橋S [1.3.1.27]
阪神11R 六甲S [0.0.1.20]
中京9R 刈谷特別 [1.3.1.23]
中京10R 熊野特別 [1.0.1.16]
中京11R 高松宮記念 [0.0.2.30]
中京12R 鈴鹿特別 [0.0.2.26]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
美浦S(1600万、中山芝2000m)

美浦Sでの穴ぐさ💨は[2.3.3.14](複勝率36.4%)で、複勝回収率は209%です。

ハンデ戦として行われた時も含めて③着以内に入った穴ぐさ💨は8頭で、そのうち6頭は5~6歳馬で、同じく8頭中6頭は中山芝で勝ったことがありました。8頭はいずれも前走が中山以外で⑤着以下だったので、中山実績馬の巻き返しに注意しましょう。

注目レース
君子蘭賞(500万、阪神芝外1800m)

君子蘭賞での穴ぐさ💨は[1.2.2.9](複勝率35.7%)で、複勝回収率は294%です。

馬券に絡んだ5頭は前走が芝で⑤着以下でしたが、いずれも中3週以内の臨戦で、5頭中4頭は近3走以内に勝ち鞍がありました。5頭中3頭は前走がOPだったので、順調に使われていて、自己条件戻りの馬がいたら侮らないようにしましょう。

ちなみに…
高松宮記念での穴ぐさ💨は[0.0.2.30]で、日経賞では[0.1.2.16]、毎日杯では[0.1.1.20]、マーチSでは[2.0.1.30]です。

高松宮記念は過去10年の勝ち馬が1~5番人気で、7番人気以下で③着以内に入った馬は4頭です。その4頭は近2走以内に芝1200mの重賞で連対歴があったので、そのような馬が人気薄で放置されていたら注目しましょう。

4頭のうち3頭は馬体重が500㎏以上で、新装後の中京での高松宮記念では、6年中5年で500kg以上の馬が連対圏に入っているので、馬格のある馬もマークが必要でしょう。

過去10年の日経賞では7番人気以下で③着以内に入った馬が7頭いて、いずれも前走が重賞で、7頭中6頭は前走がG1~G2でした。激走馬7頭は4~6歳の牡馬で、7頭中6頭は芝2200m以上での勝ち鞍がありました。7頭中4頭は芝2200m以上で2勝以上をマークしていたので、長距離実績をチェックして臨みましょう。

過去10年の毎日杯では7番人気以下で③着以内に入った馬が5頭で、いずれも父か母父がミスプロ系です。5頭はいずれも中5週以内の臨戦で、前走が④着以内でした。5頭中4頭は道悪芝かダートで勝ち鞍があったので、パワーが感じられるタイプを選ぶと良さそうです。

過去10年のマーチSでは7番人気以下で③着以内に入った馬が9頭いて、昨年は穴ぐさ💨で【A】評価だったアルタイルが③着に食い込みました。激走した9頭は5~7歳馬で、そのうち6頭はハンデ54~55㎏で、残りの3頭はハンデ57.5~58kgです。

2011年以降に激走した7頭のうち6頭はダート重賞で馬券圏内に入ったことがあったので、実績あるベテランが侮れないでしょう。