独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

大阪杯は1番人気が勝つ確率が非常に高い!?

先週(3月24日~25日)の穴ぐさ💨は[5.9.6.87](複勝率18.7%)で、単勝回収率が181%でした。これで3月の単勝回収率は131%となっています。

高松宮記念では【B】評価だったナックビーナスが10番人気で③着に食い込んで、好配当を演出してくれました。馬券を獲ったみなさん、おめでとうございました!

ナックビーナスに騎乗していたのは三浦騎手で、同騎手はフェブラリーSでも穴ぐさ💨のインカンテーションに騎乗して③着に入ってくれたんですよね。今年、三浦騎手は穴ぐさ💨騎乗時が[2.3.4.25](複勝率26.5%)で、複勝回収率が132%です。今週末以降も激走をお願いしたいところです。

今週は大阪杯が行われます。土曜日がドバイワールドカップデーでもあり、騎手の乗り替わりも結構多そうですが、どのような結果となるでしょうか。

昨年の大阪杯はキタサンブラックが1番人気に応えて優勝しましたが、昨年以降の芝2000m重賞での1番人気は、牡馬に限ると、とにかくよく好走しています。

昨年以降、芝2000m重賞はハンデ戦を除くと17レースが行われ、1番人気の成績は次の通りです。

【2017年以降のハンデ戦を除く芝2000m重賞の1番人気】
レース 1番人気 着順
18年金鯱賞 スワーヴリチャード
18年弥生賞 ダノンプレミアム
18年京成杯 ジェネラーレウーノ
17年ホープフルS タイムフライヤー
17年チャレンジC サトノクロニクル
17年京都2歳S タイムフライヤー
17年天皇賞・秋 キタサンブラック
17年秋華賞 アエロリット 7
17年紫苑S ディアドラ
17年札幌記念 ヤマカツエース
17年鳴尾記念 スマートレイアー
17年フローラS ホウオウパフューム 8
17年皐月賞 ファンディーナ 7
17年大阪杯 キタサンブラック
17年金鯱賞 ヤマカツエース
17年弥生賞 カデナ
17年京成杯 コマノインパルス

1番人気に推された牝馬は[1.1.0.3]ですが、牡馬は[10.1.1.0]という成績です。牡馬で敗れた2頭は馬番2~3番で、馬番5番より外枠の牡馬に限れば[9.0.0.0]だったりします。

大阪杯の1番人気は、スワーヴリチャードサトノダイヤモンドですかね。枠が内過ぎなければ勝利する確率がグッと上がりそうですが、果たしてデータ継続となるでしょうか!?

今週末は中山&阪神の2場開催で、どちらもBコース替わり初週となります。3月31日~4月1日に行われる中山、阪神の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ💨成績は、次の通りです。

3月31日~4月1日
場所
中山 Bコース・1週目
阪神 Bコース・1週目

3月31日
場所 レース名 穴ぐさ💨
成績
中山9R 山吹賞 [0.0.0.8]
中山10R 千葉日報杯 [0.1.1.16]
中山11R ダービー卿CT [1.0.3.28]
阪神9R アザレア賞 [0.0.0.2]
阪神10R 仲春特別 [3.1.4.17]
阪神11R コーラルS [1.2.0.29]

4月1日
場所 レース名 穴ぐさ💨
成績
中山9R 安房特別 [1.0.2.19]
中山10R 伏竜S [0.1.1.10]
中山11R 船橋S [1.0.1.31]
阪神9R 明石特別 [1.0.1.3]
阪神10R 御堂筋S [0.2.1.11]
阪神11R 大阪杯 [0.1.0.17]
阪神12R 鳴門S [0.0.3.27]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
仲春特別(1000万、阪神芝1400m)

仲春特別での穴ぐさ💨は[3.1.4.17](複勝率32.0%)で、複勝回収率は170%です。穴ぐさ💨のいた10レースのうち8レースで馬券に絡んでいて、芝1400mでは[2.0.1.8](複勝率27.3%)です。

このレースで激走した穴ぐさ💨は中9週以内の臨戦で、芝のレースで馬券に絡んだ7頭中6頭は馬番5~9番です。芝1400mで③着以内に入った3頭は父サンデー系で、母父か母母父がミスプロ系だったので、そのような血統馬がいたら注意しましょう。

注目レース
安房特別(1000万、中山芝2500m)

安房特別での穴ぐさ💨は[1.0.2.19](複勝率13.6%)で、複勝回収率は100%です。昨年はウインブルーローズが8番人気で勝利を収めました。

馬券に絡んだ3頭は父か母父サンデー系の牡馬で、馬番1~5番でした。いずれも芝2200m以上での勝ち鞍があったので、長距離実績があって内を立ち回れそうな馬を狙いましょう。

ちなみに…
ダービー馬CTでの穴ぐさ💨は[1.0.3.28]で、大阪杯では[0.1.0.17]です。昨年の大阪杯では【A】評価だったステファノスが7番人気で②着に入りました。

過去10年のダービー卿CTでは7番人気以下で③着以内に入った馬が11頭いて、いずれも牡馬で、11頭中8頭が4~5歳馬です。09年以降に激走した馬は9頭で、そのうち8頭は近3走以内に③着以内の好走歴があったので、近走成績は確認しておきましょう。

11頭はすべて中1~4週の臨戦で、10頭は馬体重が482kg以上でした。11頭中7頭は父か母父がノーザンダンサー系だったので、パワーのありそうな馬を見逃さないようにしましょう。

過去10年の大阪杯では7番人気以下で③着以内に入った馬が4頭いて、いずれも②着です。4頭は中8週以内の4~6歳の牡馬で、母父か母母父がノーザンダンサー系でもあります。4頭はいずれも4~5月の芝で勝ち鞍があったので、春の成績はチェックしておくと良さそうです。