独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

今週の長者の勝負レースは南総S…いいネタを見つけたんです!

文/藤山剣


トンネルからなかなか抜け出せません…。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
阪神JFで、クロノジェネシスとタニノミッションから穴ぐさへの馬連、ワイド、3連複

的中なし

軸馬2頭のうち、クロノジェネシスが直線でダノンファンタジーに競り負けるも着確保。ただ、勝ったのは1番人気、着のビーチサンバは4番人気と、堅い決着。当然ながら的中ならず…。

まだまだ未知な面が多い2歳戦で、しかも、圧倒的な存在がいなかった今年の阪神JF。波乱の可能性も十分と見て狙ったわけですが、狙い通りにはいきませんでした。

穴ぐさ勢は着のプールヴィルが最先着(14番人気)。こちらも穴ぐさのメイショウショウブとともに、直線半ばで抜け出しそうな雰囲気はあったんですが、それも一瞬だけ。後続に飲み込まれてしまいました。

それにしても、なかなか噛み合ってくれませんねぇ。古典的とは思いつつも、トイレ掃除とかをマメにやって運気アップに励んでるつもりですが、どうにも上向いてくれません。

そして、編集部馬券快音聞かれず…

【作戦&買い目】
◆3連単フォーメーション
【1枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着欄:穴ぐさ

【2枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ
③着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内

(穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、買い目は60点)

勝負レースはこちら。
土曜中山12R500万(芝1600m)
日曜中山12R1000万(芝1200m)

惜しかったのは日曜日の中山最終。&着に穴ぐさが激走したにもかかわらず、勝ち馬が4番人気で、的中ならず。「こっちが頑張ったのに、人気どころは何してるんだ!」というのは、ほんとよくあることなんですが…。まあでも、的中には迫ってるということで、次に期待しましょう。

さて、今週は朝日杯フューチュリティSがメイン。本来は、牡馬の2歳王者を決めるレースですが、今年は牝馬のグランアレグリアが1番人気に推されそうな雰囲気で、全体的には堅そうに思えます。なので、勝負レースは、荒れそうなハンデ戦、日曜日の中山10R南総S(準OP・芝1200m)で。いいネタを見つけたんです。

準OPの芝のハンデ戦という設定のレースは、11月以降、6クラ行なわれています。これを、性別と年齢で見ると、3~4歳の牝馬[1.4.4.2]と超優秀! 複勝率は81.8%、複勝回収率は185%ですから、黙って買うべき数値ですね。

今週の準OPの芝のハンデ戦は、この南総Sだけ。さらに、ここに出てくる3~4歳の牝馬はファミーユボヌール(牝4歳)、ミトノレインボー(牝3歳)の2頭のみですから、この2頭を軸に攻めるしかないでしょう。

ファミーユボヌールは、昇級初戦だった前走のみちのくSが0秒4差の着。クラス慣れが見込める今回は、前進があってもよさそう

ミトノレインボーは、前走の1000万を逃げ切っての昇級戦。ただ、好位からでも競馬ができるタイプ。うまく前で折り合って運んでほしいところです。

馬券は、この2頭を軸として穴ぐさへの馬連、ワイド、3連複の中から、オッズを見つつよさげな買い目を組み込む形で行こうかな、と。

それともう1頭、前走の白秋S着としぶとい競馬を見せたアッラサルーテも気になるので、3連複にはこの馬を絡める馬券も少々加えます。

軸馬2頭の人気がイマイチつかめないので、時間の許す限り臨機応変に対応して、なんとか当たり馬券を引っ張ってきたいと思います!

そして、編集部馬券は、引き続き3連単フォーメーションで、こちらの2本勝負。

土曜中山10R舞浜特別(1000万・ダ1200m)
日曜中山10R南総S(準OP・芝1200m)

南総Sは、共闘となりました。両者的中というパターンがあるのかどうか、微妙ではありますが、いずれにしても穴ぐさが動かないことには始まりません。なんとか、1頭でも激走してくれることを祈ります!!

このところ一気に寒さが強まり、年末感が出てきましたね。気づけばもう来週は有馬記念。それまでに、少しでも収支を改善させなければ…。我ながら、日曜日の狙いはいい線いってると思うので、なんとか成就してほしいです! では、今週も頑張りましょう!!




TOPページに戻る