独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

2018年の最終勝負、長者はファイナルSで年間プラスを狙います!

文/藤山剣


穴ぐさと狙いが合致したので厚めに攻めるも成就せず…。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
有馬記念で、レイデオロからの穴ぐさへのワイドと3連複


的中なし

3連複のパートナーとしてピックアップしていたクリンチャーが穴ぐさに。それならと、軸馬のレイデオロからワイドも3連複もクリンチャー絡みを厚めに勝負。

しかし、レイデオロ着に頑張ったものの、クリンチャーだけでなく他の穴ぐさも出番がなく、的中なし…

絶好枠を引き当てて、これは流れが向いていると思ったクリンチャーは、道中も好ポジションをキープできていたように見えたんですが、直線で伸びませんでした(着)。稍重の馬場の割にペースは流れていたので、そこでスタミナを消耗したのか、それとも海外遠征の疲れがあったのか。いずれにしても、条件が揃えばG1でもやれる馬。また、立て直してターフに元気な姿を見せてほしいものです。

そして、ガツンと勝負した編集部馬券的中ならず…

【作戦&買い目】
◆3連単フォーメーション
【1枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着欄:穴ぐさ

【2枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ
③着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内

(穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、買い目は60点)

勝負レースはいずれも日曜日のこちら。
・中山8Rキャンドルライト賞(1000万・ダ1200m)
・中山9RグッドラックH(1000万・芝2500m)
・中山10RフェアウェルS(準OP・ダ1200m)
・中山11R有馬記念(G1・芝2500m))
・中山12RクリスマスC(1000万・芝1200m)
・阪神12RギャラクシーS(OP・ダ1400m)

有馬ウィークということで、6連発勝負に出た編集部馬券。1発目のキャンドルライト賞で穴ぐさのマンカストラップジオラマ&着にダブル激走し、馬券は当たらなかったたものの「今日は何かが起きるかも?」と思ったんですが、それで出し尽くしたのか、9R以降は出番がありませんでした。当たらないときは当たらないものですね…。

さて、今週はいよいよ2018年のラストバトルとなる中山&阪神開催。メインレースは、2歳の2000mのG1ホープフルSです。さらに、中山では7Rと9Rにヤングジョッキーズシリーズが組まれており、盛りだくさん。

ただ、勝負レースは早くから決めていた阪神12RファイナルSで。前々回の作戦だった「準OP・芝・ハンデ戦」での3&4歳牝馬狙いを、再度敢行します!

実は、先週も「準OP・芝・ハンデ戦」のレースは、土曜日の中山11RグレイトフルS日曜日の阪神11Rサンタクロースハンデと2クラ組まれていたんですが、3&4歳の出走がなかったんです。なので、満を持して今週、勝負します!

改めてデータを紹介すると、11月以降の「準OP・芝・ハンデ戦」の3&4歳牝馬は、[1.4.5.3](複勝率76.9%)という成績。前々回、勝負する前の時点では複勝率80%を超えていたんですが、その週の2頭が着と着という結果で、やや数値はダウン。それでも4頭に3頭以上は来るレベルですから、期待していいでしょう。

勝負レース・ファイナルSの該当馬は、ヤマカツグレースメイショウカズヒメの2頭(どちらも4歳牝馬)。

ヤマカツグレースは、阪神芝1400mでは現級戦の大阪-ハンブルグCを勝ち、フィリーズレビューでも着に健闘しておりコース相性は上々。4~6走前は⑭⑬⑬着でしたが、近3走は現級で④⑤⑤着で、勝ち馬とはいずれも0秒2~0秒4差。復調気配を漂わせているので、そろそろいいところがあってもよさそう。

メイショウカズヒメは、芝に転向して500万、1000万と連勝し、さらに前走の桂川S(準OP)でも着。ダートでモタついていたのがうそのような変身ぶり。前走で敗れたエスティタートは、2月の京都牝馬S着、次走も重賞の京阪杯に出走し着という実力馬。メイショウカズヒメにとっては価値ある桂川S着だったと思います。今回の芝1400mは初なので、そこは気になりますが、今の勢いでなんとか突破してもらいましょう。

馬券は上記2頭から穴ぐさへ。ラストバトルなので資金を倍増させて臨むつもりですが、ここまでの負債は諭吉先生5.7人分ほど。2頭軸のワイドでは足りない可能性もありそうです。馬連なのか、3連複なのか、3連単なのか、あらゆるパターンを試算して、最後にきっちり届くように買い目を組み立てたいと思います!

そして編集部馬券は、引き続き3連単フォーメーションで、こちらの2本勝負とのこと。

・中山12RベストウィッシュC(1000万・芝1600m)
・阪神12RファイナルS(準OP・芝1400m)

担当者は
「初心に帰って最終レースを狙います!」
と、ここまでの赤字を跳ね返す気満々です。ファイナルSだけでなくベストウイッシュCハンデ戦。適度な波乱が起こり、なんとか、揃って笑える結果となることを祈ります!!

というわけで、年内の当コラムの更新は今回が最後。秋以降は成績不振により、お見苦しい姿を重ねてしまったにもかかわらず、多くのユーザーさんにお付き合いいただきありがとうございました。たまに当たったときは参考に、ダメだったときには反面教師として役立てていただければ何よりでございます。

新年は、金杯前に2018年の振り返りと2019年1発目の勝負手を発表します。では、よいお年を!!


TOPページに戻る