独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

今週の長者は新潟で穴ぐさの好走率が高い芝1200m戦のゆきつばき賞で勝負!

文/藤山剣


久々の勝負なし。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
土曜日の東京6R未勝利戦で勝負予定も、穴ぐさ不在のためドロー

東京芝1800mの穴ぐさ成績が良好だったので、そこで行われる土曜日未勝利戦で勝負予定でしたが、残念ながら穴ぐさがいませんでした。17頭立てなら穴ぐさ不在はなかろうと思って狙ったわけですが…。まあでも、これは仕方ないこと。

ちなみに、その土曜日東京6Rは、1→4→3番人気という決着。さらにもう1クラ、日曜日の10Rにも芝1800mの石和特別が組まれていましたが、こちらも穴ぐさ不在で、1→3→4番人気で決まっていました。

このコースの成績がいいのは、こういった見極めがうまくいっているという側面もあるんでしょうかね。いずれにしてもナイスジャッジだったと思います。

このように、長者馬券は勝負なしでしたが、編集部馬券敗戦…

【作戦&買い目】
3連単フォーメーション

<1枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着:穴ぐさ

<2枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ
③着:穴ぐさ以外の9番人気以内

<3枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ
③着:穴ぐさ

穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、点数は72点。

勝負レースはこちら。
日曜京都12R1000万(ダート1200m)

勝ったのは1.8倍の1番人気に推されていたバーニングペスカでしたが、着が6番人気のタガノプレトリア着が3番人気のメイショウジークで、穴ぐさ着のロングベストが最先着。微妙に惜しい形でのハズレでした。そろそろハマりそうな雰囲気はあるんですがねぇ。

さて、今週は天皇賞・春をメインとしたの3日間開催。先週の東京芝1800mを狙いそびれたので、今度こそと思って番組を見てみると、またも土曜日未勝利戦日曜日の少頭数の特別競走(12頭立てのスイートピーS)というパターン。

2週続けて穴ぐさなしのドローというのも寂しいので、京都と新潟の穴ぐさ成績をチェックしてみたんです。そうすると、京都はコース別の優劣がそこまでない感じ。しかし、新潟はチャンスがありそうなんです。

☆新潟競馬場のコース別穴ぐさ成績&複勝率ベスト5
1位:芝2400m[0.2.2.08] 33.3%
2位:芝1200m[1.2.4.20] 25.9%
3位:芝1000m[4.2.9.50] 23.1%
4位:芝2200m[0.1.2.13] 18.8%
5位:芝外1800m [2.1.4.36] 16.3%
(※集計期間は2018年)

今週は芝2400mのレースがないので、複勝率2位の芝1200mから、土曜日9Rゆきつばき賞(3歳500万)で勝負します!

軸はどうするか悩みどころですが、2018年に穴ぐさが存在した新潟芝1200mのレースの上位人気の成績を見てみると、1番人気が[0.1.0.8]と大不振2番人気は[3.1.1.4]と堅実なので、2番人気をまず第1軸とします。

それと、同データで「関西馬&関東騎手」というパターンが[1.1.2.11](複勝率26.7%)とまずまず来ていて、ゆきつばき賞の出走メンバーの中に該当馬が1頭だけいるので(スキップ)、そちらを第2軸に。

というわけで、馬券は第1軸の2番人気馬と第2軸のスキップから、穴ぐさに流すワイドで。スキップはそこまで人気になることはないとは思いますが、もしこれが2番人気になれば、軸は1頭で臨みます。

そして編集部馬券は、これまで同様に3連単フォーメーション3枚作戦で、勝負レースはこちらの1クラ。

月曜京都12R1000万(ダート1400m)

担当者は
「京都&阪神の最終レースは、4月7日以降、5レース連続で1~2番人気が勝ち、②~③着のどちらかに6番人気以下の馬が入る形が続いています。今の編集部馬券の買い方で、ハズレ続ける理由がないので(笑)、懲りずにここを狙ってみます」
とのこと。

連敗がかなり長引いて、馬券マグマも溜まっていることでしょう。大爆発があるかもしれません。ご注目ください!

週末から10連休という方も多いでしょうから、後半の資金を作る意味でも今週の馬券は重要。いくら学校や会社が休みだとしても、先立つものがなければ、満喫できませんからね。穴ぐさを有効活用して、ぜひともいいところを持っていってください! では今週も頑張りましょう!!


TOPページに戻る