独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

長者の今週の勝負レースは、千直のハンデ戦・邁進特別!

文/藤山剣


穴ぐさが激走し、かなりいいところまで詰め寄ってはいたんですが、的中ならず…。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
土曜日の新潟9Rゆきつばき賞で、2番人気のアマデウスと、関西馬に関東騎手という組み合わせに唯一該当するスキップから穴ぐさへのワイド


的中なし

軸馬の1頭は「2番人気馬」。人気に沿って買う馬を決めるときは、いつもヤキモキさせられるんですが、今回は過去最大級のバタバタぶり。2~4番人気のオッズがかなり接近していて、しかも「4番人気かな?」と思っていた馬が、締切3分前ぐらいで急上昇し2番人気に並びかけてきたんです。それが勝ったタマモメイトウだったんですが、ギリギリすぎて対応できず…。何枚か用意していたマークカードの中から、買ったのはアマデウスで、これは着に終わってしまいました。

もう1頭の軸馬のスキップは15番人気という低評価ながら、最後はよく追い上げるも着まで。穴ぐさのブルベアオーロ着に激走しただけに無念な結果に…。

さらに、締め切り間際に人気順が微妙になったためパニックになってしまい、マークカードの塗り間違いが発生(金額部分)。中途半端な投資額になってしまいました。いつもなら、馬券が機械から出てきたところで必ず確認し、間違えていた場合はその場で直してもらうんですが、今回、マークカードを突っ込んだのは締切ベルが鳴り響く中。とてもそんな余裕はなし。まあ、馬券がハズレたので、結果的には資金少なめでよかったということになるわけですけどね。

穴ぐさの成績がいい新潟芝1200mに狙いを定め、さらには1番人気を飛ばすというところまでは正解だったんですが、あと一歩のところで当たりを捕まえることができず…。

一方の編集部馬券も、快音聞かれず

【作戦&買い目】
3連単フォーメーション

<1枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着:穴ぐさ

<2枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ
③着:穴ぐさ以外の9番人気以内

<3枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ
③着:穴ぐさ

穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、点数は72点。

勝負レースはこちら。

月曜京都12R1000万(ダート1400m)

月曜日の京都最終は、着に穴ぐさスズカフェスタが粘り込むも、勝ったのは3番人気で、着は12番人気と、作戦通りには決まらず。毎回、そこそこのところまではきてるんですけどねぇ。辛抱するしかなさそうです。

さあ今週は、令和一発目のJRA開催。先週に続いて、東京、京都、新潟の3場です。メインはNHKマイルCですが、桜花賞で強烈な勝ちっぷりを披露したグランアレグリアがかなり人気を集めそうな状況。さらにアドマイヤマーズ以下、逆転候補も強力で、堅く収まりそうな予感

それよりも長者馬券は、穴ぐさが好成績を残している新潟で勝負します! 先週は芝1200mを狙いましたが、今週は千直を。先週紹介した新潟の穴ぐさの成績データでも、芝1200mに次ぐアベレージだったのが千直ですからね。

今週の千直はそれぞれ1クラずつ組まれていますが、やはり穴狙いならハンデ戦である土曜日邁進特別(1000万・芝1000m)でしょう。

千直はやはり外枠ということで、ここはシンプルに外から2頭を軸にして、穴ぐさに流すワイドで勝負しようと思います。16頭立てなので、外の2頭ということは8枠2頭(馬番16番と15番)になりますが、そのどちらか、あるいは両方が穴ぐさに指名されれば、14番、13番と軸をずらしていきます。

先週土曜日駿風Sでも8枠の穴ぐさが馬券圏内に入っていましたしね。難しいことを考えず、外の馬を狙っておけば、チャンスは十分あるんじゃないでしょうか。

そして編集部馬券は、引き続き3連単フォーメーション3枚作戦で、こちらの勝負レースにロックオン!

日曜東京10RブリリアントS

担当者は
「ブリリアントSは近7年のうち6年で穴ぐさが③着以内に入っていて、さらに近10年のうち6年で1~2番人気が勝利しているレース。チャンスがあるかなと」
とのこと。

毎回、編集部馬券のレース選択理由を見ていると「今週こそは鉄板だな」と思うんですが、やはり3連単は甘くないですね。まあでも、そろそろやってくれると信じてます!

今週からは東京競馬場での5週連続G1がスタート。1週目のNHKマイルCが5月5日で、5週目の安田記念が6月2日ですから、ほぼ1ヵ月がG1状態となりますね。まあ、G1でもそうでなくても、やることは同じではありますが、やはりワクワクします! なんとかプラスの週を増やせるように、今週も頑張りましょう!!


TOPページに戻る