独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

先週は編集部馬券が勝負レースの麦秋Sで3連単12万馬券を的中!!

文/藤山剣


長者馬券の勝負レースは人気馬決着で出る幕なし…。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
日曜日の東京12R三浦特別で、ヴァルディノートと2番人気のサンチェサピークから穴ぐさへのワイド


的中なし

軸にしたヴァルディノートが穴ぐさに指名されたので、ワイドの買い目は5点。攻撃の幅は狭まる一方で、トリプル的中の可能性も出てくるという状況でしたが、レースは1→3→4番人気の順で入るガチガチの決着に…。買っていた馬が1頭も馬券圏内に入らないという2週連続で低調な馬券に終わってしました。

実は、発走時刻が迫っても2番人気がはっきりせず、またもやギリギリまでオッズに振り回される状況となってしまったんですが、終わってみれば、その締め切り前がいちばんドキドキさせられていたという…。

穴ぐさの成績が良いコースだっただけに、連敗阻止できると思ったたんですけどねぇ。

ただ、先週は編集部馬券やってくれました!!

【作戦&買い目】
3連単フォーメーション

<1枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着:穴ぐさ

<2枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ
③着:穴ぐさ以外の9番人気以内

<3枚目>
①着:1&2番人気
②着:穴ぐさ
③着:穴ぐさ

穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、点数は72点。

勝負レースはこちら。
日曜東京10R麦秋S(3勝クラス、ダート1400m)


☆的中!!☆
3連単10-11-14
1268.1倍×100円=12万6810円


久々の的中! そして久々の10万馬券!!

担当者は
「野中騎手に助けてもらいました。2ヵ月ぶりの的中でした!」
と歓喜のコメント。

1番人気馬が勝ち、着も5番人気でしたが、着に穴ぐさで11番人気のサザンヴィグラス&野中騎手が入って好配当の立役者に。今回の的中で、年間回収率もだいぶ復活してきたようですので、この調子で黒字圏浮上を目指しましよう!!

さて、G1連戦も一段落し、今週のメインはエプソムCマーメイドS。ここは、牝馬限定のハンデ戦、マーメイドSを狙います!

阪神の芝のハンデ戦における穴ぐさは、昨年1月以降、[7.4.4.44](複勝率25.4%)と上々。昨年のマーメイドSも、10番人気で勝利したアンドリエッテをズバッと指名できていましたからね。

ただ、波乱傾向が非常に強い重賞だけに、軸馬選びは一筋縄でいきそうにありません。人気馬が信用できないので、「○番人気から」という絞り込みがしづらい感じもありますしね。

なので、まずはハンデのデータをチェック。そこからフローレスマジックをチョイスします。過去10年、前走から斤量が1~1.5kg増えていた馬は[2.2.4.18](複勝率30.8%)と好成績で、10年で8回着以内に入っています。今年の該当馬はフローレスマジック1頭だけ。これは買っておきたい馬です。

もう1頭は、サラスです。前走距離のデータを見てみると、1800mからの臨戦馬が3年連続でワンツー。過去10年でも、前走1800mの馬は単複回収率も100%オーバー。さらにその中で、前走着馬は着。今年の該当馬は、サラスのみです。

サラスは、まだ準OPの身で、重賞では紫苑S着、日経新春杯着と結果は出せていない馬ではありますが、格下の馬が暴れるのがこのレース。阪神芝は[1.1.1.0]と相性はいいので、51kgのハンデを生かしての激走に期待します!

馬券は、上記2頭から穴ぐさへのワイドを本線で、あとはいつものようにオッズ次第で他の券種も加えます。前走、福島牝馬S着に好走しているフローレスマジックは人気サイドでしょうが、サラスはおそらくそこまで人気にはならなそう。そこそこのリターンは見込めるのではないでしょうか。

そして、編集部馬券は、引き続き3連単フォーメーション3枚作戦で、こちらのレースで勝負!

日曜東京9R小金井特別(2勝クラス、ダート1400m)

担当者は
「せっかく東京ダート1400mで当たったんで、2匹目を狙ってみます(笑)」
とのこと。もう1匹、大魚がいることを期待します!

先週から2歳戦がスタートして、また来年のダービーへ向けての長いような短いような道のりが続きます。それと同時に、今年からクラス編成のルールが変わり、降級制度が廃止となりました。毎年、この時期の条件戦は、降級馬が強すぎて、軸としては信頼できる反面、堅い決着が多くなるという「弊害」もありましたからね。そのあたりがどう変わるのか。条件戦にも注目しつつ、なにか有効なデータが見つかればまたここで紹介していきたいと思います。では、今週も頑張りましょう!!


TOPページに戻る