独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

馬迷男の挑戦

阪神JFは堅実な末脚と安定したレース運びのあの馬に期待!


どうも! 馬迷男八木たかおです!

苗字は漢字、下の名前はひらがなというペンネームで活動している僕ですが、本名は八木孝夫と書きます。小学生くらいまではこの名前があまり好きじゃなかったんですよねぇ。苗字が"やぎ"の2音って、ちょっとカッコ悪いと思ってたんです。この謎のこだわり、理由は自分でも分かりません。ただ、野球の応援とかでも「かっとばせー、やーぎ!」と2音の苗字って間延びしがち。そこが嫌だったんですかねぇ。

でも、図工の時間に、自分の苗字を入れたハンコを彫刻刀で作った時は、クラスで一番早くできました。苗字の画数が少なくて良かった。ちょっと調べてみたところ、画数が最も多い苗字は「躑躅森」さんの54画。「つつじもり」さんとお読みするそうです。これは彫れない。本当に"八木"で良かった…。

ちなみに、最近なにかと話題になる元モーニング娘。の辻希美さんの長女は「希空」と書いて「のあ」ちゃんと読む、いわゆるキラキラネーム。もし辻希美さんが躑躅森さんと結婚していたら"躑躅森 希空"ちゃんが誕生していたかもしれません。名前が完全に読めません。キラキラフルネーム。

僕の下の名前は、母方のじいちゃんが付けてくれたそうです。聞いた話では、僕が初孫ということで、わざわざ名前を決める家族会議を開催。じいちゃん、ばあちゃん、僕の両親、母の兄、妹たちが参加。そして"たかし"で決定という直前に「"たかお"もええなぁ」と卓袱台をひっくり返す提案をして、その結果、満場一致で決定。

子供の頃はあまり好きではなかった自分の名前も、今となっては良い名前を付けてもらったと感謝しています。ちなみに、僕の4歳下の全弟は"章夫(あきお)"。赤ちゃんの名前を付ける本で"孝夫"の横に掲載されていた名前だそうです。僕の名前が"たかし"に決まっていたら、全弟の名前も変わっていたことになりますが、そんな決め方をされた名前を彼はどんな思いで受け止めているのか。今度聞いてみようと思います。

関東圏以外ではあまり気にされていないかもしれませんが、今週、JR山手線に建設される新駅の名前が「高輪ゲートウェイ」に決定したと報道されました。名前の案を公募していたのですが、投票数では130位の名前だったそうです。「キラキラネームみたいでカッコ悪い」とか、「投票1位の『高輪』、2位『芝浦』、3位『芝浜』あたりでいいんじゃないか」とか、『公募しておいて、なぜ130位の名前を採用』とか、いろいろ批判されていますが、そのうち慣れるんじゃないですかね? どうせフルネームで言わないでしょうし。「高輪の改札で待ち合わせね」とか、「高ゲーに行ってきた」とか、略されるんでしょう。競馬ファンとしては、どうせなら「高輪ジャスタウェイ」にしてもらえると親近感がグッと増したのにw

名前って大切なものですけど、意外と何でもいいと思うんですよね。さっきも出てきた「モーニング娘。」だって、最初に聞いた時は「なんじゃそら?」と思いましたが、今となっては違和感なし。慣れるんです。2002年2月にデビューして、生涯成績28戦3勝の「ウォーニングムスメ」だって慣れました。

馬の名前で言えば、その昔、ナリタブライアンが活躍していた頃に「三冠を獲るほどの馬に冠+父の名前の一部なんて、安易な名前を付けるな!」という批判があったことを覚えているんですが、僕はいいと思ってたんですよ。人間だって、親の名前の一文字を子供に付けたりするじゃないですか。それと同じ。

あと、「ナリタ」「オースミ」の馬主さんは所有馬が多いんだから許してあげようよという考えも。飼い犬だって「白いからシロ!」と名付けたとしても、そこに愛情はあります。ダビスタなどの競馬ゲームでもやり込んでいるうちに付ける名前がだんだん適当になってくることもあったでしょ? それよりは愛情が込められていると思うんですよ。競馬ゲームの産駒よりも断然お高い買い物だし。

「高輪ジャスタウェイ駅」に関しては、どの名前になっても批判があったと思いますが、しばらくすれば慣れてくるはず。「高輪」および「高ゲー」として、愛さなくてもいいから、受け止めてあげましょう。「八木孝夫」および「八木たかお」は愛してあげてください。

先週のチャンオンズCを3歳馬ながら完勝したルヴァンスレーヴの馬名は、フランス語で「風立ちぬ」という意味。「G1レーシング」の会員の方々が愛を注いで考えた名前なんでしょうね。そして、その名の通り、ダート界に旋風を巻き起こすことになるとは、なんと美しい物語! ただ、名前に「ヴ」が多いのが難点。原稿を書く時に、つい「ブ」と打っちゃうので書きにくい。昔って「ヴ」の文字が名前に入る馬って、こんなにいなかったですよねぇ。「『ヴ』の文字を入れた馬が好走する」と言ってる「大魔神」佐々木主浩さん・榎本加奈子さん夫妻の影響でしょうか?

先週、「スタートが決まれば、枠順的にポジションを取りにいきたいはず」と書きましたが、まさか2番手からの競馬を選択するとは想定外。そして、そのポジションからしっかり伸びました。そりゃ勝つわw

ジャパンCアーモンドアイに続く、3歳馬による古馬G1制覇。かつて3歳でチャンピオンズCの前身・ジャパンCダートを制したカネヒキリは同世代の三冠馬になぞらえて「砂のディープインパクトと呼ばれました。ルヴァンスレーヴ「砂のアーモンドアイと呼ぶ人もいるようです。時代は繰り返す。この2頭が来年、日本の競馬ファンに夢を見せてくれそうです。

②着は8番人気のウェスタールンド。レース映像を確認すると、スタートは互角に出ているんですよね。そこから、すぐにポツン最後方。4コーナーで他馬が外を回す中で、パカッと開いた内を突いています。藤岡佑介騎手はレース前からこの作戦を決めていたそうで、決め打ちが見事にハマりました。でも、1000m通過61秒9のスローペースで、あの作戦がハマるんですねぇ。思えば、今年は春先から藤岡佑介騎手が存在感を示した一年でした。年内に「もう一丁」があるでしょうか。

逃げるとみていたサンライズソアは5、6番手からの競馬。「そんなに控えるの?」と驚きましたが、直線できっちり末脚を伸ばしました。スローペースも味方したかもしれませんね。勝った馬が強かっただけで、能力はしっかり発揮できたのでは?

気になったけど最後に消した馬「特選馬」サンライズノヴァは5番人気で⑥着。急坂があるコースは戦力割引と判断したのですが、出遅れて後方追走からよく伸びました。コース適性というよりは、スローペースと相手関係が敗因だったかもしれませんね。

今回馬券に入れた馬たちの成績は、ルヴァンスレーヴ①着、サンライズソア③着、オメガパフューム⑤着、ノンコノユメ⑦着、ヒラボクラターシュ⑨着、ケイティブレイブ⑪着、パヴェル⑮着。

惜しい。的中にも近かったのですが、⑬着インカンテーションを馬券に入れていれば、奇数順位の馬をコンプリトできたのにw

ルヴァンスレーヴサンライズソアが伸びて、「しめしめ」と思っていたところで、「内から何か来てる! 誰!? あ! 君じゃない!」という流れ。ウェスタールンドがすっぽり抜けました。展開も予想も含めて、いい感じでルヴァンスレーヴサンライズソアからは入れているのになぁ。でも、ゆったりとしたペースを想定していたので、ウェスタールンドは買いづらいです。今回は完全に藤岡佑介騎手にしてやられました。


現在の回収率は78.1%。今週を入れて残り3戦。目標の100%も夢ではない好位置につけています。一発ドカーンの的中か、もしくは3戦2勝くらいで何とかなるのでは? いずれにせよ、年末の決戦の火蓋が切って落とされたのです! もっと前から的中させていればいいのにとは自分でも思いますが、元来、夏休みが終わってから夏休みの宿題に取り掛かるタイプですから!

今週もまずは読者の皆さんから届いたメッセージ阪神JFの狙い馬」をご紹介しましょう! キャリアの浅い馬たちのレースだし、上位拮抗だし、なかなか難しいレースなので、ぜひヒントをいただきたいです! 年末の忙しい時期にメッセージを送っていただき、本当にありがたいです!

O.O.L.さん
ダノンファンタジーです。唯一先着を許した1頭は現時点での最強クラス。この馬も水準以上のものは見せてます。まぎれのない阪神千六コースなら普通に競馬をすれば、まず崩れることはないです。川田騎手の継続騎乗が望ましかったですが、クリスチャン騎手なら問題ないでしょう」

スーパーブラックさん
「馬券からは外れない可能性が高そうなので、人気馬の中からはダノンファンタジーを指名します。 穴くっさ??と穴ぐさじゃない穴馬を相手に爆荒れに期待です」

ハカセセブンさん
ダノンファンタジーを中心にします。阪神外回り、マイルはディープ産駒に合っていると思います。Cデムーロ騎手にも魅力はありますし、期待しています」

前日最終オッズで単勝1番人気3.5倍のダノンファンタジーが、読者さんの間でも人気を集めています。ここまで3戦2勝で、デビュー戦で②着に負けた相手はグランアレグリア。世代屈指とも言われる大物が来週の朝日杯FSに回りましたから、ここは大チャンス。未勝利を阪神芝マイルで勝ち上がっている点も好印象ですね。どんな末脚を見せてくれるのか、楽しみです。

まんぞうさん
ビーチサンバ本命。2強が人気を集めそうだが、そこまで能力差が無いと判断。そうなると決め手は血統となり◎が浮上する。父クロフネに母フサイチエアデールなら早いうちから能力開花が目に見えている。ヤネの2歳戦戦績も頼もしい」

俺の名を言ってみろぉさん
ビーチサンバです。全兄のフサイチリシャールはこの時期の世代王者。ビーチサンバは新馬戦でこのコースを経験しているのは強みで、好位から33秒台で差し切った末脚は武器になりそう。前走は初の東京遠征でイレ込み出遅れるも連対確保なら地元に戻る今回は実力発揮」

シンゲンさん
ビーチサンバから買ってみようと思います。前走のアルテミスSは早めに先頭に立った分、最後に差されました。それでも速かったペースや道中ずっと外目の位置取りだったことを考えれば、直線外に出すまでインにいた勝ち馬以上の走りだったのではないでしょうか。全兄のフサイチリシャールは朝日杯FSを勝っていますし、2歳G1でも通用してくれると思います」

ビーチサンバは新馬戦勝ち後に、前走・アルテミスS②着。勝ったシェーングランツの末脚に屈しましたが、直線で一旦先頭に立つ強い内容。勝ち馬と同等に評価できそうです。この馬も新馬勝ちが阪神芝マイル。この時期はコース経験の有無は大きく影響するはず。クロフネ産駒ですから、6年前にこのレースで②着だったクロフネサプライズのようなイメージ。パワーを発揮して、直線の急坂を駆け上ってもらいましょう。

ユッキーさん
メイショウショウブから上位1番人気、2番人気にワイドでショウブです。意外にこの馬強いかも?」

阿波の虎さん
「出目競馬は大外の古川騎手ですがここはワイドに決めて3連複の軸には5番メイショゥショウブにしました。4-5着になりましょうか? 車検代金を期待します。無理か」

ダートで未勝利を勝ち上がったメイショウショウブですが、前走・デイリー杯2歳Sで②着。逃げたアドマイヤマーズを2番手追走から4コーナーで捉えに出る積極的なレース運びでした。直線でアドマイヤマーズに4分の3馬身振り切られてしまいましたが、③着には2馬身半。先行力とセンスを見せた内容だったのではないでしょうか。牡馬相手に食らいついた根性もなかなかのもの。牝馬限定戦なら十分やれるはず。

てぃむさん
クロノジェネシスはどうでしょう? と言うか、正直馬体重発表まで買いたくありません(笑) 難しい……」

2戦2勝のクロノジェネシス。前走・アイビーSはスローペースの流れで、上がり3ハロン32秒5という切れ味を発揮しました。直線でフラフラしたり、他馬に前をカットされながらのタイムですから、さらに凄みを感じます。ここまでの2戦はいずれも1800m戦。前走・アイビーSは道中で少し行きたがっているような面を見せていましたから、距離短縮は歓迎かも。流れが速くなったときに、末脚を繰り出せるかどうかは未知数ですが、魅力はたっぷりですね。

ブルーさん
「狙い馬はシェーングランツです! 前走の末脚は特筆ものです! 前が残りそうなのは怖いですが馬券内にはきてくれるのでは! あとは武豊騎手の手腕に期待します!」

シェーングランツは未勝利、アルテミスSを2連勝。前走・アルテミスSは出遅れて後方追走から、メンバー最速の上がり3ハロン33秒8の末脚で差し切り勝ち。先に抜け出したビーチサンバを捉える脚はかなりの迫力でした。気になるのはゲートがあまり上手じゃないこと。ポジションが気になりますね。それと、陣営のコメントによると、同厩舎の先輩ソウルスターリングと比べると、現時点での完成度は先輩の方が上だったとか。名馬と比べるのはちょっとかわいそうですが、信頼感はやや落ちるかも。

インザダークさん
「神のみぞ知る。だけどお釈迦様でも気が付かない。そういう結果になるレースだと思います。難解さでは屈指ですよね。 後のクラシックホースを輩出するレースではなくなってきてるので、思い入れから買ってタニノミッションです。かたくなにサンデー系の種牡馬を付けないウオッカのミッションコンプリートに期待します」

なるほど、確かにこのレースの最近の勝ち馬は、ソウルスターリングオークスを勝った以外は、あまりクラシックを制していないんですね。意外でした。

タニノミッションは新馬戦を勝って、ここに挑戦。新馬戦は陣営によると追い不足ながらも完勝。上積みは大きいはず。ウオッカのファンだった方々は母娘制覇の夢を見ちゃいますね。気になるのは当然、キャリア不足。素質と良血には期待できますが…。さらに道中で行きたがる仕草を見せていたことも心配。2戦目なので気性も落ち着きますかねぇ。

北陸の夢追い人さん
「この時期の牝馬は何が来てもおかしくないということでメイショウケイメイでお願いします。大外枠もレース的には悪くない印象と超久々G1勝ちを狙うジョッキーに魅力を感じました」

メイショウケイメイは新馬、500万下を連勝していますが、いずれも芝1200m戦。初距離は不安ですよねぇ。ただ、前走のレースぶりはかなり良いのではないでしょうか? 遅めの流れを2番手で折り合い、4コーナーで逃げた馬を捕まえて押し切り勝ち。スピード任せで勝った内容ではありません。前日最終オッズで単勝16番人気・208.9倍! ヨダレが出ますw

それではレース展開を予想しましょう! 逃げるのは内枠を引き当てたジョディー(馬番2番)とみます。メイショウショウブ(馬番5番)、レッドアネモス(馬番12番)、メイショウケイメイ(馬番18番)などは控えそう。

控えた馬と合わせて、ベルスール(馬番1番)、プールヴィル(馬番3番)、ローゼンクリーガー(馬番15番)などが先団を形成。

中団にクロノジェネシス(馬番9番)、タニノミッション(馬番10番)、ビーチサンバ(馬番11番)、ダノンファンタジー(馬番13番)、グレイシア(馬番16番)あたり。

後方待機はシェーングランツ(馬番4番)。

逃げ・先行が多いため、ペースはそこそこ流れそう。中団から脚を伸ばす馬たちに向く流れになるのでは? あと、折り合い面にも注意したいですね。

それでは買い目を発表します! 1枚目は3連複でダノンファンタジー(馬番13番)軸1頭流し。相手は、シェーングランツ(馬番4番)、メイショウショウブ(馬番5番)、クロノジェネシス(馬番9番)、ビーチサンバ(馬番11番)、レッドアネモス(馬番12番)、グレイシア(馬番16番)、メイショウケイメイ(馬番18番)の7頭。21点×各200円で計4200円!

2枚目も3連複でダノンファンタジー(馬番13番)軸1頭流し。相手を絞ります。シェーングランツ(馬番4番)、メイショウショウブ(馬番5番)、クロノジェネシス(馬番9番)、ビーチサンバ(馬番11番)、レッドアネモス(馬番12番)の5頭。10点×各100円で計1000円!

2枚合わせて5200円! 残った800円は来週に繰り越します!

ダノンファンタジー(馬番13番)を信頼! 堅実な末脚と安定したレース運びに期待します! 中団追走からドーンと突き抜けてもらいましょう!

ここまで触れていない馬が馬券に入っています。レッドアネモス(馬番12番)は2連勝中。先行力が魅力なんですよねぇ。前走・サフラン賞は逃げ切りでしたが、新馬戦を控えた競馬で勝ち上がっているので、逃げなくても能力を発揮できるはず。

グレイシア(馬番16番)はデビュー2連勝でしたが、前走・アルテミスSは⑪着と大敗。ただ、陣営のコメントによると揉まれる展開が良くなかったとか。ならば、今回の16番枠なら見直せるかも。人気も落としていますし、デビュー2連勝の能力で巻き返してもらいましょう!

気になったけど最後に消した馬「特選馬」タノニミッション(馬番10番)。やはり1戦だけというキャリアの浅さが気になります。あと、折り合い面も不安。前日最終オッズで単勝5番人気なので、妙味もないと判断しました。

明日(日曜)は阪神JFだけでなく香港国際競走も楽しみですね。香港Cが出走する17時半過ぎまで、普段のJRAさんよりも1時間ほど長く競馬を楽しめるのもステキ! 日本馬の活躍と世界中の名騎手の手綱さばきを堪能させてもらいましょう!

「ガールズジョッキー」公式サイト
https://girlsjockey.jp/

「ガールズジョッキー」公式ツイッターアカウント
@grjockey

2018年の回収率…78.1%(目標100%)
特選馬の成績…[3.7.2.34]

※投稿いただいた内容は、今後、弊社雑誌、書籍、ウェブ、その他の媒体へ掲載・収録させていただくことがあります。ご了承ください。

TOPページに戻る