独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

地方競馬情報

佐賀記念のポイント&有力馬分析


【佐賀記念・過去10年のポイント】
・1番人気[5.2.1.2]、2番人気[1.5.2.2]
・13年以降は4番人気以内の馬が馬券圏内を占めていて、6年中4年で1番人気①着、2番人気②着、3番人気③着の決着になっている
・過去10年ですべて中央馬が馬券圏内を独占していて、地方馬が馬券圏内に入ると、08年①着のチャンストウライ以来となる
・6~8枠の中央馬が10年すべてで馬券圏内入り
・6歳以上の中央馬が11年以降8年連続で馬券圏内に入っていて、ベテランが侮れない
・地方交流重賞初挑戦の馬が15年以降4連勝中

【有力馬のポイント】
<中央馬>
テーオーエナジー
ダートは12~5月だと③②①①①①着で、近2走は岩田騎手とのコンビでOP特別を連勝している。今回は11頭立てだが、ダートで13頭立て以下だと①③①①着で、地方交流重賞でも昨年の兵庫チャンピオンシップを制している。過去の馬券圏内はダート1870m以下で、ダート1900m以上はJpn1で2戦して⑤⑦着だから、今回はダート2000mの克服が課題になりそう。

ヒラボクラターシュ
前走のチャンピオンズCは初のG1挑戦で先行したが、直線で後退して1秒2差⑨着。地方交流重賞は初めてだが、直線平坦コースは②①着で、脚質的にも小回りコースの対応力はありそう。過去の馬券圏内はダート1800m以下で、ダート2000mは3走前のシリウスSでの1秒1差④着だけ。急遽の乗り替わりとなる山本聡騎手が、この距離でどう導くか。

アスカノロマン
前走の東海Sは中団からジリジリ脚を伸ばしたが、先行決着となって1秒9差⑤着まで。今回は斤量56→58kgだが、58kgでも5歳時に平安Sを制している。地方交流重賞はJpn2で③着、Jpn1で⑥④着。6歳以降は17戦して馬券圏内がないが、5歳時の南部杯④着以来の地方交流重賞で変わり身を見せられるか。

メイショウスミトモ
ダート2000m以上の重賞は①①⑦着(⑦着は川崎記念)で、地方交流重賞でも6歳時に名古屋グランプリを制している。OPでの馬券圏内はすべてひと桁馬番の時に記録していて、7枠9番も悪くないのではないか。今回は過去3戦して⑫⑦⑪着の斤量58kgがポイントだろう。

リーゼントロック
前走のすばるSはダート2000m→1400mの距離短縮で、中団から馬群を縫うように伸びて1秒0差④着(③着と0秒1差)まで押し上げた。過去の馬券圏内はダート1700~1800mで記録していて、ダート1900m以上は⑧⑦⑪⑯⑧着。地方交流重賞は2走前の東京大賞典(大井ダート2000m、⑧着)だけだが、今回の条件でどこまで?

<地方馬>
グレイトパール
佐賀移籍後は2戦2勝で、このコースの前走雷山賞は4角先頭から押し切って9馬身差を付けた。地方交流重賞は今回が初となる。中央所属時はダートOPで斤量57kg以下だと①①①⑤着で、57kgで臨めるのも悪くなさそう。過去10年の佐賀記念で馬券圏内に入った地方馬はいないが、コース経験がある強味を活かせれば。

TOPページに戻る