独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

競馬ニュース

府中牝馬Sはスカーレットカラーが追い込みを決めて優勝!

写真/小金井邦祥


第67回府中牝馬S(G2、東京芝1800m、曇・稍重)はスカーレットカラー(牝4、栗・高橋亮)が最後方追走から豪快に差し切り、優勝した。エイシンティンクルがハイペースで逃げる中、スカーレットカラーは後方で脚を溜め、直線で馬場の中央に持ち出されると1頭だけ違う脚色で追い込み、他馬を交わし去った。スカーレットカラーは通算3勝目で、重賞は9度目の挑戦で初優勝となった。

2着には中団追走から脚を伸ばしたフロンテアクイーンが入り、ラッキーライラックは淀みない流れを早めに動いて直線で一度は先頭に立ったが、決め手ある馬に交わされて3着に敗れた。

1番人気だったプリモシーンは行き脚が付かず後方追走となり、直線でいつもの伸び脚が見られず15着に敗れた。

【スカーレットカラー・岩田康騎手の話】
ペースも速かったですし、前半は無理せず、馬のリズムを考えて乗りました。前回で悔しい負け方をしましたけれど、今年に入って身が詰まってきたというか、馬が良くなって、今日は直線ではいつでも行ける状態でいけました。力を付けてくれているので、今後、G1の舞台でも良いレースをしてくれると思います。

【全着順】
1着スカーレットカラー(1.44.5)
2着フロンテアクイーン(1馬身1/4)
3着ラッキーライラック(1/2)
4着オールフォーラヴ(1/2)
5着クロコスミア(1馬身1/4)
6着ディメンシオン(3/4)
7着レッドランディーニ(1馬身1/4)
8着サトノガーネット(ハナ)
9着ダノングレース(アタマ)
10着カンタービレ(1/2)
11着ペルソナリテ(ハナ)
12着ジョディー(1馬身1/4)
13着エイシンティンクル(1/2)
14着ランドネ(1馬身1/4)
15着プリモシーン(ハナ)
取消ソウルスターリング

※結果・払戻情報は主催者発表のものと必ずご照合ください。

TOPページに戻る