独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

東京新聞杯の1番人気は今年も受難に…?


先週(1月26日~27日)の穴ぐさは[4.7.8.82](複勝率18.8%)でした。シルクロードSは、先週にこのコーナーで記した通り、穴馬の激走があったものの、穴ぐさに指名しきれず、すみませんでした。

今週末は東京新聞杯きさらぎ賞という芝重賞が2レース予定されていて、東京芝での重賞は昨秋のジャパンC以来になります。ジャパンCはアーモンドアイが2分20秒6というレコードで制したことが記憶に新しいところで、同馬は最内枠でした。

昨年以降、東京芝での重賞は24レースが行われ、昨秋はひと桁馬番の馬ばかりが勝っていたので、そのデータをご覧ください。

【2018年の東京芝での重賞】
馬番 2月 4~6月 10~11月
馬番1~5番 [0.4.1.15] [4.3.4.38] [7.4.5.34]
馬番6~9番 [3.0.2.11] [1.2.3.34] [3.3.2.29]
馬番10~18番 [1.0.1.20] [5.5.3.69] [0.3.3.34]

昨秋は東京芝で重賞が10レースあり、いずれもひと桁馬番の馬が優勝しました。ふた桁馬番で②着に入った馬は3頭いて、これらは馬番10~11番だったんですよね。昨年2月の芝重賞でも、連対圏に入った8頭のうち7頭はひと桁馬番だったので、東京新聞杯に限らず、その後のクイーンC共同通信杯ダイヤモンドSでも、枠順には注意を払うべきでしょうね。

東京新聞杯は過去10年での1番人気が[0.1.2.7]と未勝利で、1番人気受難の重賞と言えます。それに限らず、東京芝1600mの上級条件では出走頭数が多くなると1番人気が勝てないケースが続いているので、そのデータも見てもらいましょう。

【2018年以降の東京芝1600mの1000万以上での1番人気】
頭数 着順
14頭立て以下 ①①④⑤①①⑦④⑧
15頭立て以上 ⑤⑨⑤⑫④⑪

昨年以降、東京芝1600mの1000万以上での1番人気は、15頭立て以上だと[0.1.1.6]で勝てていません。東京新聞杯は16頭が登録していますので、このまま多頭数になれば、今年も1番人気は厳しい戦いを強いられるかもしれませんね……。

2月2日~3日に行われる3場(東京、京都、中京)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

2月2日~3日
場所
東京 Dコース・2週目
京都 Bコース・2週目
中京 Bコース・3週目

2月2日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
東京9R 春菜賞 [3.0.1.29]
東京10R 箱根特別 [1.0.2.18]
東京11R 節分S [0.3.2.22]
京都9R 乙訓特別 [2.2.0.18]
京都10R エルフィンS [2.1.0.14]
京都11R アルデバランS [2.3.2.25]
中京10R ごぎょう賞 [0.0.1.5]
中京11R 中京スポーツ杯 [2.0.1.24]
中京12R 西尾特別 [1.0.0.14]

2月3日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
東京9R ゆりかもめ賞 [0.0.1.7]
東京10R 銀蹄S [0.2.1.27]
東京11R 東京新聞杯 [1.2.2.30]
京都9R 稲荷特別 [0.0.0.6]
京都10R 山城S [2.2.1.30]
京都11R きさらぎ賞 [0.0.0.13]
中京10R 鞍ヶ池特別 [1.2.1.19]
中京11R 納屋橋S [0.1.1.11]
中京12R 伊良湖特別 [1.0.1.21]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
アルデバランS(OP特別、京都ダート1900m)

アルデバランSでの穴ぐさは[2.3.2.25](複勝率21.9%)で、複勝回収率は142%です。

馬券圏内に入った穴ぐさは5歳以上の牡馬で、ダート1900mでの6頭は中6週以内の臨戦でした。同じく7頭中6頭は6~8歳だったので、順調に使われているベテランを侮らない方が良さそうです。7頭中5頭は関東馬でしたが、7頭中6頭は関西所属騎手だったので、関東馬&関西騎手という組み合わせに注意しましょう。

注目レース
節分S(1600万、東京芝1600m)

節分Sでの穴ぐさは[0.3.2.22](複勝率18.5%)で、近4年のうち3年で馬券に絡む馬が出ています。昨年はチャンピオンルパンが12番人気で③着に食い込みました。

②~③着となった5頭のうち、2010年以降の4頭はひと桁馬番で、父か母父がサンデー系の馬でした。5頭は中8週以内の臨戦で、2010年以降の4頭は前走で掲示板に載っていたので、順調さ好調さが感じられるタイプに注目しましょう。

注目レース
春菜賞(500万、東京芝1400m)

春菜賞での穴ぐさは[3.0.1.29](複勝率12.1%)で、近4年うち3年で馬券に絡む馬が出ています。

馬券圏内に入った4頭は馬番5番以内で、いずれも前走が掲示板外でしたが、前走は1600mや重賞でした。4頭は芝1400mでの連対歴があったので、内枠に入った1400m実績馬をマークしましょう。

ちなみに…
東京新聞杯での穴ぐさは[1.2.2.30]で、きさらぎ賞では[0.0.0.13]です。過去10年で7番人気以下で馬券に絡んだ馬は、東京新聞杯が8頭、きさらぎ賞が2頭です。

東京新聞杯で激走した8頭のうち4頭は父サンデー系で、残りの4頭中3頭は母父がサンデー系です。8頭は4~6歳で、2011年以降に激走した6頭は5~6歳で、12~2月の芝で勝ったことがありました。8頭のうち、休み明けだった2頭は前走がG1で、それら以外の6頭は中2~5週の臨戦で、③着以内か0秒6差以内で走っていた馬となっています。

きさらぎ賞は過去10年で6番人気以下だった馬が[2.1.3.42]で、6番人気以下で馬券に絡んだ6頭のうち4頭は父か母父がサンデー系で、残りの2頭は父ノーザンダンサー系でした。6頭のうち5頭は芝1800mで④着以内に入ったことがあったので、距離実績を確認しておくと良いでしょう。




TOPページに戻る