独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

今年の皐月賞もプラス体重の馬には要注意!?


先週(4月6日~7日)の穴ぐさは[2.12.10.86](複勝率21.8%)で、複勝回収率が113%でした。阪神牝馬Sミエノサクシードが9番人気で③着、桜花賞ではシゲルピンクダイヤが7番人気で②着に入り、ともに【A】評価で激走してくれました。馬券を獲ったみなさん、おめでとうございました!

今年の重賞での穴ぐさは、評価別の成績が次のようになっています。

【2019年重賞での穴ぐさ】
評価 着別度数 複勝率
A [1.1.5.29] 19.4%
B [1.1.1.32] 8.6%
C [2.0.1.32] 8.6%

【A】評価の成績が抜けてきました。今後も、穴ぐさ内での序列もきちんと評価できるように頑張ります。

それにしても、桜花賞でのグランアレグリアは3ヶ月半ぶりの休み明けでも1分32秒7という桜花賞レコードで快勝して、強さを見せつけましたね。今週末の皐月賞にも年明け初戦となるサートゥルナーリアがいて、人気を集めそうです。やはり3ヶ月半ぶりの出走になりますが、快勝したホープフルSの再現となるでしょうか。

グランアレグリアは休み明けでも馬体重が6kg減の476kgで、これはサウジアラビアRCを快勝した時と同じでした。サートゥルナーリアは前走のホープフルSが12kg増の500kgで、どのような馬体重で出走してくるか、注目すべきかと思います。

過去10年の皐月賞では、プラス体重だった馬が勝てていません

【近10年(2009年以降)の皐月賞】
馬体重 着別度数
マイナス体重 [5.8.5.75]
前走と同体重 [5.1.2.28]
プラス体重 [0.1.3.42]

優勝した馬はマイナス体重か前走と同体重で、プラス体重の馬は②着に入ったのも3年前のマカヒキだけです。そのマカヒキは次走のダービーで優勝しました。近3年のダービー馬は、前走の皐月賞をプラス体重で負けていたタイプなんですよね。

【2016年以降のダービー馬】
ダービー馬 前走の皐月賞
2016年 マカヒキ 3番人気②着
(プラス2kgの498kg)
2017年 レイデオロ 5番人気⑤着
(プラス8kgの484kg)
2018年 ワグネリアン 1番人気⑦着
(プラス2kgの452kg)

いずれも皐月賞では5番人気以内に推されながら、プラス体重で敗れていました。さらに言えば、一昨年のダービー②着スワーヴリチャードも皐月賞はプラス4kgの504kg(2番人気⑥着)で、3年前のダービー②着サトノダイヤモンドも皐月賞はプラス6kgの504kg(1番人気③着)でした。

皐月賞をプラス体重で出てきた馬は、ダービーで狙った方が良さそうに映るので、今年も注意すべきじゃないでしょうか。

先週の中山では、ニュージーランドT春雷SというOP競走が2レースありましたが、勝利したのは4&8番人気馬で、相変わらず1番人気馬はあまり勝てていません。

【2019年の中山芝でのOP】
人気 牡セン馬 牝馬
1番人気 [0.3.1.7] [2.2.0.4]
2番人気 [1.3.2.8] [2.1.0.2]
3番人気 [4.0.1.6] [1.4.0.3]
4番人気 [2.0.2.8] [0.1.1.5]
5番人気 [1.0.1.11] [1.1.2.2]
6番人気 [0.1.0.9] [0.1.1.7]
7番人気 [1.2.5.6] [0.0.0.5]
8番人気以下 [4.0.2.80] [0.0.1.43]

1番人気は[2.5.1.11]で、勝利したのはモズスーパーフレア(カーバンクルS、オーシャンS)だけです。牡セン馬に限ると[0.3.1.7]と11連敗中です。

中山芝のOPを1番人気の牡馬が勝ったのは、昨年12月28日のホープフルSでのサートゥルナーリアが最後。今年の皐月賞は、そのサートゥルナーリアが1番人気だと思いますが、再び同馬が連敗記録を止めることになるでしょうか!? 馬体重に注目して、判断を下したいですね。

4月13日~14日に行われる3場(中山、阪神、福島)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

4月13日~14日
場所
中山 Bコース・3週目
阪神 Bコース・3週目
福島 Aコース・2週目

4月13日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山9R 山藤賞 出走ナシ
中山10R 下総S [1.0.1.24]
中山11R 中山グランドジャンプ 出走ナシ
中山12R 利根川特別 [2.0.3.23]
阪神9R 蓬莱峡特別 [0.0.2.12]
阪神10R 陽春S [0.1.3.31]
阪神11R アーリントンC [1.2.2.23]
福島10R 雪うさぎ賞 [1.1.2.25]
福島11R ラジオ福島賞 [2.2.0.25]
福島12R 飯盛山特別 [3.1.1.20]

4月14日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山8R 袖ケ浦特別 [0.0.0.20]
中山9R 鹿野山特別 [1.3.2.15]
中山10R 京葉S [0.1.6.23]
中山11R 皐月賞 [2.3.1.30]
中山12R 春興S [0.0.3.12]
阪神9R 千種川特別 [1.3.0.27]
阪神10R 難波S [1.0.1.26]
阪神11R アンタレスS [2.0.1.32]
福島10R 医王寺特別 [1.1.0.17]
福島11R 福島民報杯 [2.2.4.23]
福島12R 奥の細道特別 [1.1.0.17]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
皐月賞(G1、中山芝2000m)

皐月賞での穴ぐさは[2.3.1.30](複勝率16.7%)で、複勝回収率は163%です。昨年は【C】評価だったサンリヴァルが②着、一昨年は【C】評価だったアルアインが①着、3年前は【A】評価だったディーマジェスティが①着となっています。

その3頭を含めて過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が10頭いて、2014年以降の7頭は馬番7番より外枠の馬となっています。10頭は前走が芝1800~2000mのOPで、中山での9頭は前走が④着以内でした。その9頭中8頭は前走が4角5番手以内だったので、先行脚質の馬が侮れないでしょう。

2014年以降に中山で激走した7頭のうち6頭は、父か母父がサンデー系で、母父か母母父か母母母父がナスルーラの系統でした。今年の登録馬でそのような配合の馬は、アドマイヤジャスタサトノルークスシュヴァルツリーゼタガノディアマンテナイママブレイキングドーンです。

注目レース
アーリントンC(G3、阪神芝外1600m)

アーリントンCでの穴ぐさは[1.2.2.23](複勝率17.9%)で、複勝回収率は135%です。馬券圏内に激走した5頭のうち4頭は馬体重が496~522kgの大型でした。

過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が7頭いて、そのうち5頭が496kg以上でした。2010年以降の6頭は父か母父がサンデー系かノーザンダンサー系で、中7週以内の臨戦だったので、順調に使われている大型馬が侮れないでしょう。激走した7頭のうち6頭は馬番8番より外枠でした。

注目レース
京葉S(OP特別、中山ダート1200m)

京葉Sでの穴ぐさは[0.1.6.23](複勝率23.3%)で、複勝回収率は119%です。

③着以内に入った7頭は5~8枠の牡セン馬で、7頭のうち5頭は馬体重が496kg以上でした。7頭のうち4頭は近3走以内に準OPでの勝ち鞍があったので、勢いがあって外目を走れそうなタイプに注目でしょう。

注目レース
福島民報杯(OP特別、福島芝2000m)

福島民報杯での穴ぐさは[2.2.4.23](複勝率25.8%)で、複勝回収率は149%です。

馬券圏内に入った8頭のうち6頭は関西馬で、8頭のうち5頭は6歳以上の馬でした。8頭中7頭は芝OPで③着以内に入ったことがあり、6頭は芝重賞で馬券に絡んだことがあったので、実績あるベテランを見逃さないようにしましょう。

注目レース
鹿野山特別(1000万、中山芝2000m)

鹿野山特別での穴ぐさは[1.3.2.15](複勝率28.6%)で、複勝回収率は190%です。穴ぐさのいた近5年のうち4年で馬券に絡む馬が出ています。

③着以内に入った6頭は4~6歳の関東所属の牡馬で、父か母父がサンデー系かノーザンダンサー系です。2013年以降の5頭は前走が1800mで馬券圏外だったので、距離延長馬に妙味がありそうです。

注目レース
蓬莱峡特別(1000万、阪神芝外1800m)

蓬莱峡特別での穴ぐさは[0.0.2.12](複勝率14.3%)で、複勝回収率は104%です。

③着に入った2頭は父か母父がサンデー系の5歳馬で、前走でも阪神芝外1800mを使われて掲示板外に敗れていました。その2戦は休み明けだったので、一度使われて良化が見込めるタイプに注意しましょう。

ちなみに…
アンタレスSでの穴ぐさは[2.0.1.32]で、過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が3頭です。その3頭は父ミスプロ系の4~6歳馬で、母父か母母父がノーザンダンサー系でした。3頭は前走が⑤着以下でしたが、いずれも2~3走前に③着以内の好走歴があったので、前走着順で評価を落とされている馬をチェックしておきましょう。

TOPページに戻る