独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

NHKマイルCのグランアレグリアは1番人気なら!?


先週(4月27日~29日)の穴ぐさは[4.9.7.89](複勝率18.3%)で、複勝回収率が108%でした。ただ、天皇賞・春新潟大賞典で激走した馬を指名しきれず、すみませんでした。

天皇賞・春は、またも外枠(7枠10番)だったフィエールマンが勝ち、2度目のG1制覇を果たしました。フィエールマンは一度も2ヶ月以内での臨戦がなく、いつも休み明けでの出走となっていますが、菊花賞アメリカJCCも今回の天皇賞・春もすべて馬体重が480kgで、きっちり仕上げてくる手塚厩舎の手腕が素晴らしいですね。

今週末からは、東京競馬場で5週に渡ってG1レースが行われます。NHKマイルCには、桜花賞を快勝したグランアレグリアや、同馬を朝日杯FSで破ったアドマイヤマーズ、きさらぎ賞を制したダノンチェイサーなどが出走予定で、1番人気はグランアレグリアでしょうか。

グランアレグリアに騎乗予定のルメール騎手は、今年、桜花賞皐月賞(サートゥルナーリア)、天皇賞・春(フィエールマン)と勝っていて、皐月賞天皇賞・春1番人気での優勝でした。JRAの芝G1でのルメール騎手は、人気別での成績を性別で分けると次のようになっています。

【JRAの芝G1でのルメール騎手】
人気 牡セン馬 牝馬
1番人気 [4.1.3.6] [8.0.2.3]
2番人気 [2.6.2.7] [2.0.0.4]
3番人気 [0.0.1.7] [1.1.1.3]
4番人気 [1.1.0.4] [1.1.2.2]
5番人気 [0.1.0.5] [0.0.0.1]
6番人気 [0.0.0.7] [1.0.0.1]
7番人気 [1.1.0.3] 出走なし
8番人気 [0.0.0.6] [0.1.1.3]
9番人気 [1.0.0.1] [0.0.0.1]
10番人気以下 [0.1.0.7] [0.2.0.5]

牝馬で1~2番人気に推された時は[10.0.2.7]という成績で、勝つか連外となっています。この19頭については、競馬場別で次のようになっていたりします。

【JRAの芝G1で1~2番人気の牝馬騎乗のルメール騎手】
競馬場 着別度数
東京 [5.0.0.0]
京都 [1.0.0.4]
阪神 [4.0.2.3]

東京の芝G1だと5戦5勝です。この5頭は、09年ジャパンCのウオッカ、16年NHKマイルCのメジャーエンブレム、17年オークスのソウルスターリング、18年オークスのアーモンドアイ、18年ジャパンCのアーモンドアイで、いずれも1番人気でした。グランアレグリア1番人気になれば、優勝確率がグッと上がりそうです。

グランアレグリア&ルメール騎手は、3走前に東京芝1600mのサウジアラビアRCを快勝していますが、実は東京芝の重賞でルメール騎手ディープインパクト産駒に騎乗して優勝したのはそのレースだけで、気になるのはその点でしょうか。

【JRAの芝重賞でディープインパクト産駒に騎乗したルメール騎手】
競馬場 着別度数
東京 [1.6.3.8]
中山 [3.3.3.5]
京都 [9.0.2.12]
阪神 [7.2.4.7]
札幌 [0.1.0.2]
函館 [0.0.0.1]
福島 [1.0.0.0]
新潟 出走なし
中京 [0.0.1.1]
小倉 出走なし

京都や阪神のように、東京でももっと勝っていそうなものですが、[1.6.3.8]という成績で意外に②~③着が多くなっています。昨年のサウジアラビアRCは8頭立てで、10頭立て以上の時に限ると[0.6.3.8]だったりしますから、NHKマイルC多頭数がポイントなのかもしれません。

5月4日~5日に行われる3場(東京、京都、新潟)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

5月4日~5日
場所
東京 Aコース・3週目
京都 Cコース・3週目
新潟 Bコース・2週目

5月4日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
東京9R 立夏S [0.5.1.22]
東京10R メトロポリタンS [0.1.0.12]
東京11R プリンシパルS [1.2.2.25]
京都9R 鴨川特別 [0.0.0.5]
京都10R パールS [0.2.0.7]
京都11R 京都新聞杯 [0.4.3.29]
新潟10R わらび賞 [0.2.3.16]
新潟11R 邁進特別 [1.2.1.33]
新潟12R 五泉特別 [2.2.2.27]

5月5日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
東京9R 湘南S [0.1.2.33]
東京10R ブリリアントS [1.3.5.25]
東京11R NHKマイルC [3.0.4.29]
東京12R 立川特別 [1.2.1.19]
京都9R 上賀茂S [3.0.2.28]
京都10R 橘S [1.2.3.14]
京都11R 鞍馬S [0.0.1.20]
新潟10R 二王子特別 [1.0.1.14]
新潟11R 谷川岳S [1.1.0.27]
新潟12R 八海山特別 [1.0.2.29]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
NHKマイルC(G1、東京芝1600m)

NHKマイルCでの穴ぐさは[3.0.4.29](複勝率19.4%)で、複勝回収率は124%です。3年前にレインボーラインが③着、2年前にボンセルヴィーソが③着、昨年は①着ケイアイノーテック&③着レッドヴェイロンという【穴ぐさダブル】になりました。

馬券圏内に入った穴ぐさは、7頭のうち6頭が父サンデー系で、同じく7頭のうち6頭が中3週以内の臨戦でした。

過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が10頭いて、そのうち10番人気以下だった馬が8頭います。10頭は芝OPでの勝ち鞍があるか、芝1600m以上の重賞で③着以内に入ったことがあったので、実績はチェックしておきましょう。10頭のうち3頭が馬番1~3番で、5頭が馬番12~18番だったので、内か外の極端枠の馬が侮れなさそうです。

注目レース
橘S(OP特別、京都芝外1400m)

橘Sでの穴ぐさ💨は[1.2.3.14](複勝率30.0%)で、複勝回収率は157%です。

③着以内に入った穴ぐさは中2~6週の臨戦で、6頭のうち5頭は直線平坦のコースで勝ち鞍がありました。同じく6頭のうち5頭は前走で直線に坂のあるコースを走っていたので、平坦実績馬の巻き返しに期待しましょう。

注目レース
ブリリアントS(OP特別、東京ダート2100m)

ブリリアントSでの穴ぐさは[1.3.5.25](複勝率26.5%)で、複勝回収率は158%です。昨年は8番人気だったザイディックメアが②着に入り、近7年のうち6年で馬券に絡む馬が出ています。

馬券圏内に入った9頭は4~7歳の牡馬で、いずれもハンデが54~55kgでした。父がサンデー系かミスプロ系で、9頭中8頭はひと桁馬番だったので、そのようなタイプをピックアップしておきましょう。

注目レース
立夏S(1600万、東京ダート1600m)

立夏Sでの穴ぐさは[0.5.1.22](複勝率21.4%)で、複勝回収率は176%です。

馬券に絡んだ6頭は父がサンデー系かミスプロ系で、6頭のうち5頭が4~5歳の牡セン馬です。6頭はいずれも前走が掲示板外でしたが、そのうち5頭は東京ダートで勝利実績があったので、東京実績馬の巻き返しに注意しましょう。

注目レース
パールS(1600万、京都芝外1800m)

パールSでの穴ぐさは[0.2.0.7](複勝率22.2%)で、複勝回収率は102%です。

連対した2頭は前走が⑧着でしたが、芝1600mと芝2000mでした。この2頭は休み明けだったものの、U型コースの芝1800mで2勝以上をマークしていました。馬場を半周する芝1800mで実績がある馬は間隔が開いていても侮らないようにしましょう。

注目レース
立川特別(1000万、東京ダート1600m)

立川特別での穴ぐさは[1.2.1.19](複勝率17.4%)で、複勝回収率は111%です。

ダートで③着以内に入った3頭の穴ぐさは4歳牡馬で、馬体重が500kg以上の大型でした。5月に激走した2頭は休み明けでしたが、どちらも前年の5月に勝ち鞍を挙げていたので、前年の春実績もチェックしておきましょう。

注目レース
わらび賞(500万、新潟ダート1800m)

わらび賞での穴ぐさは[0.2.3.16](複勝率23.8%)で、複勝回収率は139%です。

③着以内に入った5頭は中4週以内の臨戦で、いずれも前走が右回りでした、5頭のうち4頭は2~3走前に左回りで馬券圏内に入っていました。同じく5頭のうち4頭は偶数馬番だったので、左回り実績のある偶数馬番の馬に注意しましょう。

ちなみに…
京都新聞杯での穴ぐさ💨は[0.4.3.29]です。過去10年では7番人気以下で③着以内に入った馬が7頭いて、そのうち6頭は父か母父がサンデー系です。7頭のうち5頭は前走が芝で①~②着に入っていて、例外の2頭のうち1頭は2走前に芝で②着に入り、もう1頭は2走前に芝G1で③着に好走していました。

7頭は馬体重が498kg以下で、7頭のうち6頭は京都で勝ち鞍がありました。7頭のうち4頭は468kg以下だったので、平坦コースに替わることがプラスに働きそうなタイプに注意しましょう。

TOPページに戻る