独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

七夕賞もステイゴールド産駒の活躍がある!?


先週(6月29日~30日)の穴ぐさは[4.7.7.100](複勝率15.3%)で、ラジオNIKKEI賞【B】評価だったマイネルサーパスが9番人気で②着に食い込みました。馬券を獲ったみなさん、おめでとうございました!

マイネルサーパスの穴ぐさコメントは次の通りで、推奨した理由は、父アイルハヴアナザー×母父タマモクロスという血統にありました。



この穴ぐさコメントは、文字数の関係もあって、ちょっと説明不足というか、分かりづらかったですかね……。

ラジオNIKKEI賞が道悪馬場になったことは、近30年で2回(97年、06年)あり、97年は②着にトニービン産駒のパルスビートが入り、06年は優勝したタマモサポートがタマモクロス産駒でした。この2頭はグレイソヴリン系で、マイネルサーパスの母父はタマモクロスでした。

また、16頭立てだった06年は②着ソングオブウインドと③着ステラマドレードが父ミスプロ系で、マイネルサーパスの父はミスプロ系のアイルハヴアナザーで、今回、父ミスプロ系の馬はマイネルサーパスインテンスライトだけだったんですよね(母父がミスプロ系の馬も0頭)。ということで、道悪馬場ならマイネルサーパスの血統は見逃せない、ということを言いたかったのでした。

今週末も福島ではハンデ重賞・七夕賞があり、16頭が登録しています。七夕賞は2000m戦で、今年、芝2000mでのOPのハンデ戦は5レースが行われているんですが、血統的に特徴があるのをご存知でしょうか。

年始の中山金杯がステイゴールド産駒のワンツー(①着ウインブライト、②着ステイフーリッシュ)になったことは記憶に新しいところだと思いますが、その後もステイゴールドの系統の馬がよく好走しています。

【2019年の芝2000mのOP・ハンデ戦】
月日
レース
①着
②着
6月9日
マーメイドS
①着サラス
②着レッドランディーニ
オルフェーヴル
ディープインパクト
4月29日
新潟大賞典
①着メールドグラース
②着ミッキースワロー
ルーラーシップ
トーセンホマレボシ
4月14日
福島民報杯
①着レッドローゼス
②着クレッシェンドラヴ
ステイゴールド
ステイゴールド
1月26日
愛知杯
①着ワンブレスアウェイ
②着ノームコア
ステイゴールド
ハービンジャー
1月5日
中山金杯
①着ウインブライト
②着ステイフーリッシュ
ステイゴールド
ステイゴールド

愛知杯も福島民報杯もステイゴールド産駒が勝ち(ワンブレスアウェイ、レッドローゼス)、福島民報杯は同産駒のワンツーでした。マーメイドSはステイゴールド産駒・オルフェーヴルの産駒であるサラスが優勝し、馬場を1周するコースに限るといずれもステイゴールドの系統の馬が勝利しているということです

新潟大賞典はルーラーシップ産駒のメールドグラースが勝ち、②着にトーセンホマレボシ産駒のミッキースワローが入りましたが、ルーラーシップは祖母(ダイナカール)の父がノーザンテーストで、トーセンホマレボシは母父がノーザンテーストです。ステイゴールドは祖母(ダイナサッシュ)の父がノーザンテーストで、今年の芝2000mでのOP・ハンデ戦ではノーザンテーストを持つ馬(父)の産駒が優勝している、とも言うことができますね。

今年の七夕賞の登録馬・16頭の中には、ステイゴールド産駒が1頭(クレッシェンドラヴ)だけで、他にノーザンテーストを持つ馬(父)の産駒がウインテンダネス(カンパニー産駒)、ゴールドサーベラス(スクリーンヒーロー産駒)、ミッキースワロー(トーセンホマレボシ産駒)、ロードヴァンドール(ダイワメジャー産駒)がいます。この中から優勝馬が現れるでしょうか!?

今週末は、七夕賞の他に重賞はプロキオンSがあり、こちらは中京ダート1400mで行われます。JRAでのダート1400m重賞は根岸SとプロキオンSがありますが、近年の両レースは堅いんですよね。2013年以降は人気別の成績が次の通りです。

【2013年以降の根岸SとプロキオンS】
人気 根岸S プロキオンS
1~5番人気 [6.5.4.20] [6.6.3.15]
6番人気以下 [1.2.3.68] [0.0.3.59]

13レースのうち12レースの勝ち馬が1~5番人気で、プロキオンSで連対した12頭はすべて1~5番人気です。根岸Sを6番人気以下で勝利したのは昨年のノンコノユメで6番人気でした。プロキオンSは人気をチェックした上で、買い目を絞った方が良いのかもしれませんね。

7月6日~7日に行われる3場(福島、中京、函館)の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

7月6日~7日
場所
福島 Aコース・2週目
中京 Aコース・2週目
函館 Aコース・4週目

7月6日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
福島9R 須賀川特別 [0.0.1.12]
福島10R 松島特別 [1.0.0.8]
福島11R 阿武隈S [1.2.1.13]
中京9R 茶臼山高原特別 [0.0.1.8]
中京10R 濃尾特別 [1.1.2.17]
中京11R 豊明S [2.2.0.24]
函館10R 八雲特別 [0.0.0.12]
函館11R 五稜郭S [1.0.0.17]
函館12R 噴火湾特別 [1.0.1.19]

7月7日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
福島9R 織姫賞 [0.3.1.28]
福島10R 天の川賞 [2.0.1.22]
福島11R 七夕賞 [2.3.0.33]
福島12R 彦星賞 [0.2.1.25]
中京9R 大府特別 出走ナシ
中京10R 有松特別 [2.0.3.12]
中京11R プロキオンS [0.0.3.35]
函館10R 立待岬特別 [2.1.2.21]
函館11R マリーンS [0.2.1.22]
函館12R かもめ島特別 [1.0.3.9]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
阿武隈S(3勝クラス・1600万、福島芝1800m)

阿武隈Sでの穴ぐさは[1.2.1.13](複勝率23.5%)で、複勝回収率は129%です。

馬券に絡んだ4頭の穴ぐさは5~6歳の牡馬で、前走が馬券圏外でしたが、左回りやダート戦でした。4頭は福島、小倉、札幌など、右回りで小回りの芝で勝ち鞍があったので、小回り実績がある馬を侮らないようにしましょう。

注目レース
濃尾特別(2勝クラス・1000万、中京ダート1800m)

濃尾特別での穴ぐさは[1.1.2.17](複勝率19.0%)で、複勝回収率は114%です。昨年はダンツゴウユウが③着に食い込みました。穴ぐさが馬券圏内に入ったのは稍重~重馬場だったので、道悪馬場になった方が穴が出やすいかもしれません。

馬券圏内に入った4頭は馬番2~6番で、父がサンデー系かミスプロ系でした。4頭のうち3頭は休み明け2~3戦目だったので、前走から上積みを望めるタイプに注目しましょう。

注目レース
有松特別(2勝クラス・1000万、中京芝1600m)

有松特別での穴ぐさは[2.0.3.12](複勝率29.4%)で、複勝回収率は126%です。昨年はコスモヨハネが③着に入り、中京芝1600mでは[1.0.2.8](複勝率27.3%、複勝回収率105%)となっています。

マイル戦で馬券に絡んだ3頭は、中京か東京の芝で勝ち鞍がありました。3頭のうち2頭は芝1400mでも勝利実績があり、例外の1頭も芝1400mで連対歴があったので、1600mよりも短い距離での実績をチェックしておくと良さそうです。

注目レース
かもめ島特別(2勝クラス・1000万、函館芝1800m)

かもめ島特別での穴ぐさは[1.0.3.9](複勝率30.8%)で、複勝回収率は243%です。

馬券圏内に入った4頭は4~5歳で、父がサンデー系かノーザンダンサー系です。4頭のうち3頭は馬体重が450kg以下でしたが、4頭は函館芝ダートで勝ち鞍があったので、力の要る馬場に実績があるタイプをマークしておきましょう。

注目レース
立待岬特別(1勝クラス・500万、函館芝1200m)

立待岬特別での穴ぐさは[2.1.2.21](複勝率19.2%)で、複勝回収率は148%です。昨年はデルマキセキが11番人気で③着に食い込みました。

③着以内に入った穴ぐさ5頭は馬体重が436~482kgで、2012年以降に激走した3頭は436~454kgでした。5頭のうち4頭は函館か阪神の芝1200mで連対歴があったので、小柄でもパワーがありそうなタイプが侮れないでしょう。

ちなみに…
七夕賞での穴ぐさは[2.3.0.33]で、プロキオンSでは[0.0.3.35]です。過去10年で7番人気以下で③着以内に入った馬は、七夕賞が13頭、プロキオンSが4頭です。

七夕賞で激走した13頭のうち、開催2週目での施行では9頭で、その9頭の鞍上はいずれも関東所属騎手で、前走から乗り替わっていました。9頭は福島芝での連対歴がなかったので、馬の福島実績よりもジョッキーの福島実績に注目した方が良さそうです。

開催2週目に激走した9頭のうち8頭は、父か母父か母母父がノーザンダンサー系だったので、荒れ馬場もこなせそうなパワーがありそうなタイプを見逃さないようにしましょう。

プロキオンSで激走した4頭は父がサンデー系かミスプロ系で、馬番1~6番でした。4頭は前走がダートOPでの2~6番人気で、そのうち3頭は前走で2番人気に推されていました。前走着順で評価を落としている実力馬がいたら、見限らないようにしましょう。

TOPページに戻る