独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

今週の長者の勝負レースはローズS。軸に2頭をチョイスしました!

文/藤山剣


荒れるはずのレースがガチガチでは…。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
京成杯AHで、ロードクエストとゴールドサーベラスから穴ぐさへのワイドと、これらの3連複BOX


的中なし

軸にしたロードクエストは5番人気着、ゴールドサーベラスは8番人気着。いずれも人気以上には頑張ってくれたんですが、密集した着争いに加わるところまでが精一杯。荒れるはずのハンデ重賞が、1→3→2番人気で決まってはお手上げですね…。

同じ日に阪神で行なわれたセントウルSは、1→2→7番人気という決着で、着のグレイトチャーター穴ぐさでした。荒れそうなレースが荒れなくて、裏で穴ぐさがいい形の激走。ちょっと見えてなかったですね…。

そして、編集部馬券的中なし

【作戦&買い目】
◆3連単フォーメーション
【1枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着欄:穴ぐさ

【2枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ
③着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内

(穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、買い目は60点)
勝負レースはこちら。

土曜中山12R500万(芝1600m)
日曜中山11R京成杯AH(芝1600m)

両レースとも中山のマイル戦でしたが、惜しかったのは京成杯AHでしたかね。前述したように1番人気が勝ち、僅差の着だったゴールドサーベラスは穴ぐさ。これが着まで届いていれば…、というレースでした。こちらもセントウルS勝負なら的中でしたが。

さて、今週は2場(中山&京都)の3日間(土日月)開催。日曜日に阪神でローズS月曜日に中山でセントライト記念が組まれています。

秋華賞菊花賞のトライアルですが、どちらも春のクラシックの連対馬が不在。やや混戦模様となっています。

過去の結果を見ると、荒れているのはどちらかといえばローズSのほう。なので、日曜日ローズSで勝負します!

軸は2頭で、1頭目はセンテリュオです。500万の都井岬特別を勝ってここに臨む上がり馬ですが、そのときの勝ちタイム1分57秒6は、今夏の小倉開催の芝2000mにおいて、小倉記念の1分56秒9(レコード)に次ぐ数字でした。まだキャリア4戦ですが、かなりの能力を秘めているとみて間違いないでしょう。全兄のトーセンスターダムは、3歳12月に同じ阪神芝1800mチャレンジCを勝っていて、血統的にもまだまだ伸びしろはありそう。重賞初挑戦でも侮れない存在です。

そして2頭目はウラヌスチャームです。前走の三面川特別(1000万)は、直線半ばで進路が詰まり気味になり、追い出しを待たされるような形となりながらも、前が開いてからは鋭い脚を繰り出しハナ差の着。近4走は、条件戦ながら②②着と安定していて、4走とも上がりはすべてメンバー中最速。直線までうまく脚を温存できれば、ゴール前で差し込みがあるんじゃないか、と。

馬券はこの2頭から穴ぐさへのワイドを本線で。他の券種は、状況を見ながら考えます。過去10年の1番人気[4.2.1.3]ですが、前走が掲示板外だった場合は⑥⑥着。1番人気になりそうなサトノワルキューレは、前走オークス着。飛ぶ危険もあるとニラんで、ちょっと穴目から入ってみます。

そして、編集部馬券は、いつもの3連単フォーメーション2枚作戦で、こちらの2本勝負。

日曜中山12R500万(ダ1200m)
月曜中山10R浦安特別(ダ1200m)

先週は中山のマイル戦に狙いを定めていましたが、今週はいずれも中山ダ1200m

担当者は
「中山芝1600m戦は、先週にたくさん組まれていた影響か、今週は3日間開催なのに500万以上でのレースがないんですよね。なので、ダートの短距離戦に狙いを変えてみました。中山ダート1200mも枠順は重要なので、良い並びになってほしいですが…」
とのこと。

その路線変更が奏功するかどうか。ぜひご注目ください!

今週末は、中山、阪神ともに天候が不安定な予報が出ており、もしかすると道悪の可能性も。両重賞ともキャリア浅めの3歳馬たちの争いなので、秋華賞菊花賞に向けて、そのあたりを見極めるいい機会にもなりそうですね。お見逃しなきよう! では、3日間開催も頑張りましょう!!


TOPページに戻る