独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ長者への道

ベテランの人馬に元気をもらい、今週の長者は日曜日のダートの条件戦で勝負!

文/藤山剣


なかなか噛み合いませんねぇ。先週はこんな作戦でした。

【作戦&買い目】
ローズSで、センテリュオとウラヌスチャームから穴ぐさへのワイドと、3連複BOX


的中なし

軸にした2頭は、センテリュオ着、穴ぐさでもあったウラヌスチャーム着と、いまひとつの結果。先週も、軸馬で穴ぐさだったゴールドサーベラス着でしたが、どうもこの流れに巻き込まれているようで…。

しかも、これまた先週のセントウルSに続き裏の重賞・セントライト記念穴ぐさが激走。レース選択も含めて、もうちょっとビシッといかないといけませんね。

そして編集部馬券からも、的中報告届かず

【作戦&買い目】
◆3連単フォーメーション
【1枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内
③着欄:穴ぐさ

【2枚目】
①着欄:1~2番人気
②着欄:穴ぐさ
③着欄:穴ぐさ以外の9番人気以内

(穴ぐさがすべて9番人気以内の場合、買い目は60点)

勝負レースはこちら。
日曜中山12R500万(ダ1200m)
月曜中山10R浦安特別(ダ1200m)

日曜日中山最終57万馬券月曜日浦安特別10万馬券と、3連単は荒れたものの、編集部馬券の網にはかからず。日曜の最終は、着に穴ぐさフレンドアリスが入ったんですが、勝ったのが12番人気ギンゴーでは…。望み通りの荒れ方は、そうそうしてくれませんね。

さて、今週も引き続き中山&阪神の2場開催で、重賞はオールカマー神戸新聞杯の2本立て。G1へ向けて、どちらもなかなかのメンバーが揃いました。とくに、神戸新聞杯は、ダービー上位組がズラリ。ただ、両レースとも少頭数なんですよね。

なので、今週は久々にダートの条件戦、日曜日中山12R(500万・ダ1200m)を狙ってみます。

降級馬不在で、やや低調なメンバー。穴が出る可能性はかなり高いように思います。

その中から、軸はランパクをチョイス。まだキャリア4戦の3歳牡馬ですが、中山ダ1200mでは2戦して、デビュー戦着、前走の500万着と相性の良さを見せています。とくに前走は、3ケ月半ぶりで8kg増という状態での好走。走破タイム1分11秒8上がり35秒8となかなか内容でした。叩いての上積みが見込める上に、前走よりは相手が楽。ここは、まず勝ち負けになるでしょう。

さすがに人気サイドでしょうから、ここは1頭軸で。馬券は、ランパクから穴ぐさへのワイドを本線にしつつ、あとは枠順とオッズを見ながら、他の券種も視野に入れていきます。

そして編集部馬券は、引き続き3連単フォーメーション2枚作戦で、こちらの2本勝負。

日曜中山10R外房特別(1000万・芝1600m)
日曜阪神12R1000万(ダ1400m)

担当者は
「外房特別は、先週の初風特別の時のような良い枠の並びになってくれることを期待します!」
と意気込んでいます。

9月16日の中山10R初風特別(1000万・芝1200m)は、2番人気のショウナンアエラが勝ち、穴ぐさのイサチルホープ(10番人気)とウォーターラボ(8番人気)が&着で、3連単は17万馬券でした。

初風特別は13頭立て、外房特別も12頭立てと、どちらも少頭数という共通項アリ。うまくハマるかどうか注目です!

長者馬券は、目下5連中。今年の収支もついに赤字転落となってしまいました。どうしても暗くなってしまうので、ここは明るい話題を。

9月19日(水)に大井競馬場で行なわれた東京記念で、シュテルングランツ(2番人気)に騎乗した的場文男騎手が見事勝利! 自身の持つ最年長重賞勝利記録を62歳10日に更新しました!!


↑元気すぎる62歳、的場文男騎手。

同時に、なんと38年連続重賞勝利も達成! シュテルングランツ(牡7歳)は、この春まで中央のOPで走っていた馬なので、覚えている人も多いかもしれませんね。現地で見ていて、ベテランの人馬に元気をもらった感じがしました。的場騎手に負けないように、今週も頑張りましょう!!


TOPページに戻る