独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

1番人気はローズSとセントライト記念で明暗が!?


先週(9月7日~8日)の穴ぐさは[2.7.8.56](複勝率23.3%)で、複勝回収率が103%でした。紫苑Sではフェアリーポルカが、セントウルSではファンタジストがそれぞれ【A】評価で②着に入りましたね。馬券を獲ったみなさん、おめでとうございました!

日曜日(8日)に行われたセントウルS京成杯AHはともにレコードの決着で、セントウルSは13頭立てになり、1番人気に推されたタワーオブロンドンが3馬身差で快勝しましたね。

先週のこのコーナーで、今年の阪神芝重賞の1番人気は頭数が重要という話をしましたが、今週末のローズSは登録頭数が12頭で、すでに13頭立て以下であることが確定しています。今年の傾向を考えると、ローズS1番人気の好走率は高そうに思いますね。

【2019年の阪神芝重賞での1番人気】
頭数 レース 1番人気 着順
9頭 鳴尾記念 メールドグラース
11頭 阪神大賞典 シャケトラ
12頭 宝塚記念 キセキ
13頭 チューリップ賞
毎日杯
セントウルS
ダノンファンタジー
ヴァンドギャルド
タワーオブロンドン


14頭 大阪杯
阪神牝馬S
ブラストワンピース
ラッキーライラック

16頭 マーメイドS センテリュオ
18頭 阪急杯
フィリーズレビュー
桜花賞
アーリントンC
ミスターメロディ
アウィルアウェイ
ダノンファンタジー
フォッサマグナ




今年の阪神芝重賞での1番人気は上記の通りで、13頭立て以下だと[4.1.1.0]で、12頭立て以下だと[2.1.0.0]です。今年のローズSは12頭立て以下ですから、1番人気は連対確率が高いと見ても良いのかもしれませんね。

一方、中山では月曜日(16日)にセントライト記念が予定されています。こちらは中山芝2200mでの重賞で、2200m重賞は宝塚記念エリザベス女王杯京都記念オールカマーなどがありますが、実は近年は1番人気が勝利できないケースが多いんですよね。2015年以降の成績をご覧ください。

【2015年以降の芝2200m重賞での1番人気】
1番人気
2015年 [0.3.0.4]
2016年 [3.1.0.3]
2017年 [0.4.1.2]
2018年 [1.2.2.2]
2019年 [0.3.0.1]

施行レースは、アメリカJCC京都記念京都新聞杯宝塚記念セントライト記念オールカマーエリザベス女王杯で、2015年以降の1番人気は[4.13.3.12]と②着の多さが目立ちます。

芝2200m重賞は2015年以降に32レースが行われ、1番人気は出走頭数によって次のような成績が残されています。

【2015年以降の芝2200m重賞での1番人気】
頭数 1番人気
10頭立て [0.0.2.0]
11頭立て [0.2.0.2]
12頭立て [3.3.0.0]
14頭立て [1.0.0.1]
15頭立て [0.3.0.3]
16頭立て [0.1.0.3]
17頭立て [0.3.1.2]
18頭立て [0.1.0.1]

14頭立て以下だと[4.5.2.3]で、15頭立て以上だと[0.8.1.9]と勝てていません。15頭立て以上の芝2200m重賞で1番人気が優勝したケースは、2014年セントライト記念(18頭立て)でのイスラボニータまで遡ります。

今年のセントライト記念は23頭が登録していて、フルゲートの18頭立てとなる可能性が高そうですが、果たして1番人気は勝ち切ることができるでしょうか!?

今週末は9月14日~16日の3日間開催で、中山・阪神の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

9月14日~16日
場所
中山 Bコース・2週目
阪神 Aコース・2週目

9月14日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山9R 古作特別 [0.0.0.12]
中山10R 松戸特別 [1.1.1.15]
中山11R レインボーS [1.1.2.12]
阪神9R 野路菊S 出走ナシ
阪神10R 芦屋川特別 [2.2.3.19]
阪神11R オークランドRCT [0.2.2.16]

9月15日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山9R 汐留特別 [2.3.1.19]
中山10R 初風特別 [2.1.1.24]
中山11R ラジオ日本賞 [0.2.0.6]
阪神9R 新涼特別 [0.3.2.21]
阪神10R 能勢特別 [0.0.0.7]
阪神11R ローズS [2.2.3.27]

9月16日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山9R 白井特別 [0.0.2.9]
中山10R エルコンドルパサーC [0.2.1.27]
中山11R セントライト記念 [1.1.3.34]
阪神9R 甲武特別 [1.0.0.2]
阪神10R ウオッカC [0.2.2.10]
阪神11R JRAアニバーサリーS [0.2.1.19]
※エルコンドルパサーCは浦安特別、ウオッカCは吹田特別、JRAアニバーサリーSは仲秋Sを参照。
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
ローズS(G2、阪神芝外1800m)

ローズSでの穴ぐさは[2.2.3.27](複勝率20.6%)で、複勝回収率は130%です。昨年は馬券に絡めませんでしたが、2008年以降は穴ぐさのいた10年中7年で③着以内に入っています。

過去10年のローズSでは7番人気以下で③着以内に入った馬が11頭いて、そのうち8頭は父か母父がサンデー系で、残りの3頭は父か母父がノーザンダンサー系です。父も母父もサンデー系ではなかった3頭は馬番13~15番で、激走した11頭のうち5頭が馬番1~4番、6頭が馬番11~16番となっているので、内か外の極端枠の馬が面白そうです。

11頭のうち前走が春の重賞だった馬は2頭で、残りの9頭は前走が2勝クラス(旧1000万)以下で①~④着でした。その9頭のうち8頭は前走が7~9月で、中7週以内の臨戦だったので、夏に力を付けてきた馬が侮れないでしょう。

注目レース
レインボーS(3勝クラス、中山芝2000m)

レインボーSでの穴ぐさは[1.1.2.12](複勝率25.0%)で、複勝回収率は142%です。昨年はドレッドノータスが①着、一昨年はスズカビスタが②着、3年前はケイアイチョウサンが③着に入り、3年連続で馬券に絡んでいます。

激走した4頭の穴ぐさは父か母父がサンデー系で、5~7歳馬でした。4頭は近4走以内に芝で③着以内があり、4頭中3頭は近2走以内に馬券圏内があったので、好調そうなベテランを見逃さないようにしましょう。

注目レース
オークランドRCT(3勝クラス、阪神ダート1800m)

オークランドRCTでの穴ぐさは[0.2.2.16](複勝率20.0%)で、複勝回収率は108%です。一昨年はロイヤルパンプが10番人気で②着に入り、昨年は②着ダンツゴウユウ&③着ドラゴンカップという【穴ぐさダブル】でした。

③着以内に入った4頭の穴ぐさは4~5歳馬で、父か母父がミスプロ系でした。4頭は中8週以内の臨戦で、4頭中3頭は近2走以内にダートで③着以内の好走歴があったので、順調そうなタイプをチェックしておきましょう。

注目レース
松戸特別(2勝クラス、中山ダート2400m)

松戸特別での穴ぐさは[1.1.1.15](複勝率16.7%)で、複勝回収率は141%です。

馬券圏内に入った3頭の穴ぐさは4~5歳の牡セン馬で、前走が⑦着以下でしたが、2走前に馬券圏内に入っていました。3頭は490~550kgだったので、前走着順で評価を下げている大型馬に目を光らせましょう。

注目レース
初風特別(2勝クラス、中山芝1200m)

初風特別での穴ぐさは[2.1.1.24](複勝率14.3%)で、複勝回収率は100%です。近3年に限ると[2.1.1.5]という成績で、昨年は②着イサチルホープ&③着ウォーターラボという【穴ぐさダブル】になりました。

激走した4頭の穴ぐさは4~6歳の関西馬で、いずれも前走が8月の小倉芝1200mでした。4頭はいずれも直線に坂のあるコースで勝ったことがない馬でしたが、近3走以内に芝1200mで⑤着以内があり、4頭中3頭は近3走以内に③着以内があったので、好調そうな関西馬はコース実績を気にせず狙った方が良さそうです。

注目レース
芦屋川特別(2勝クラス、阪神芝1200m)

芦屋川特別での穴ぐさは[2.2.3.19](複勝率26.9%)で、複勝回収率は139%です。

1200m戦で馬券に絡んだ6頭の穴ぐさは3~4歳馬で、6頭中5頭はひと桁馬番でした。6頭はいずれも近2走以内に芝で③着以内の好走歴があり、6頭中5頭は父がミスプロ系かロベルト系だったので、そのようなタイプをマークしておきましょう。

注目レース
新涼特別(2勝クラス、阪神ダート1400m)

新涼特別での穴ぐさは[0.3.2.21](複勝率19.2%)で、複勝回収率は130%です。

馬券圏内に入った5頭のうち4頭は前走が⑤着以下でしたが、5頭は右回りの1200~1400mで勝ち鞍があり、5頭中4頭は右回りのダート1400mで勝ったことがありました。阪神や京都のダート1400m実績をチェックしておくと良さそうです。

注目レース
ウオッカC(2勝クラス、阪神ダート1800m)

ウオッカC吹田特別として行われていたもので、吹田特別での穴ぐさは[0.2.2.10](複勝率28.6%)で、複勝回収率は219%です。

③着以内に入った4頭の穴ぐさは4~5歳の牡セン馬で、中5週以内の臨戦でした。4頭はいずれも阪神中京での好走歴があったので、直線に急坂があるコースでの実績を確認しておきましょう。

ちなみに…
セントライト記念での穴ぐさは[1.1.3.34]で、昨年は【A】評価だったグレイルが③着に食い込みました。

過去10年での優勝馬は1~6番人気で、7番人気以下で③着以内に入った馬は5頭います。激走した5頭はいずれも偶数馬番で、前走が新潟か東京でした。5頭のうち中山で激走した馬は4頭で、そのうち3頭は中山阪神での勝ち鞍があったので、右回りで直線に急坂があるコースで勝利実績があるタイプが侮れないでしょう。

中山で激走した4頭は父がサンデー系かロベルト系で、いずれも4代血統表内にノーザンテーストを持っていたので、ノーザンテーストの有無も確認しておくと良さそうです。

TOPページに戻る