独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

穴ぐさ傾向と対策

大阪杯は5枠以内の父サンデー系に追い風が!?


先週(3月23日~24日)の穴ぐさは[5.8.8.92](複勝率18.6%)で、単勝回収率が118%、複勝回収率が101%でした。ただ、高松宮記念マーチSで激走した馬を指名しきれず、すみませんでした。

今週は、ドバイワールドカップデーの他、阪神で中距離G1・大阪杯が行われます。昨年のダービー馬ワグネリアンや有馬記念を制したブラストワンピースなどが登録し、豪華メンバーとなりそうで、きちんと適性を見極めた上で予想をしていきたいと思います。

芝2000mのG1は一昨年に大阪杯ホープフルSが増え、現在は1年に5レース(大阪杯、皐月賞、秋華賞、天皇賞・秋、ホープフルS)が施行されています。近2年でのその5レースは、皐月賞では人気薄が勝ち、皐月賞以外は上位人気馬が優勝するケースが続いています。

【2017年以降の芝2000mのG1】
人気 大阪杯
秋華賞
天皇賞・秋
ホープフルS
皐月賞
1番人気 [6.0.0.2] [0.0.0.2]
2番人気 [1.2.1.4] [0.0.0.2]
3番人気 [1.0.2.5] [0.0.0.2]
4番人気 [0.3.1.4] [0.1.0.1]
5番人気 [0.1.1.6] [0.0.0.2]
6番人気 [0.1.1.6] [0.0.0.2]
7番人気以下 [0.1.2.74] [2.1.2.17]

近2年の皐月賞では1~6番人気で馬券に絡んだ馬が1頭だけですが、皐月賞以外の4レースは1~3番人気が優勝しています。3年前の2016年は大阪杯とホープフルSがG1ではありませんでしたが、やはり皐月賞人気薄(8番人気・ディーマジェスティ)が勝ち、秋華賞天皇賞・秋1~3番人気が勝利しました(秋華賞:ヴィブロス、天皇賞・秋:モーリス)。この傾向は今年も続くでしょうか?

G1になってからの近2年の大阪杯はともに1番人気(2017年キタサンブラック、2018年スワーヴリチャード)が優勝していて、キタサンブラックはブラックタイド産駒、スワーヴリチャードはハーツクライ産駒です。2010年以降、阪神芝2000mではハンデ戦以外のOPが43レースあり、その成績は頭数と父系で次のように分けることができます。

【2016年以降の阪神芝2000mでの牡牝混合OP】
父系 12頭立て以下 14頭立て以上
父サンデー系 [14.18.19.116] [13.11.10.98]
父ミスプロ系 [9.2.4.21] [1.2.3.33]
父ノーザンダンサー系 [3.6.2.42] [0.1.0.24]
上記3系統以外の父系 [2.2.3.32] [1.1.2.28]

特徴的なのは14頭立て以上の時で、その15レースのうち13レースは父サンデー系が優勝していて、父ミスプロ系は[1.2.3.33]、父ノーザンダンサー系は[0.1.0.24]です。

今年の大阪杯は登録頭数が15頭で、父サンデー系が8頭、父ミスプロ系が5頭、父ノーザンダンサー系が2頭となっています。父ノーザンダンサー系はブラストワンピースペルシアンナイトで、父ミスプロ系の中にはエアウィンザーキセキステルヴィオなどがいますが、果たして父サンデー系の牙城を崩せるでしょうか。

上記の14頭立て以上での15レースのうち、重賞は10レースで、その10レースは枠順別の成績が次の通りです。

【2016年以降の阪神芝2000mでの14頭立て以上での牡牝混合重賞】
枠順 父サンデー系 父がサンデー系以外
1枠 [2.0.0.7] [0.0.0.5]
2枠 [0.2.3.8] [0.0.0.3]
3枠 [2.2.0.8] [0.1.1.6]
4枠 [2.0.2.9] [0.0.0.7]
5枠 [3.2.0.8] [0.0.1.6]
6枠 [0.1.0.8] [0.0.0.11]
7枠 [0.2.1.8] [0.0.0.9]
8枠 [1.0.0.9] [0.0.2.8]

優勝馬10頭はすべて父サンデー系で、そのうち9頭は1~5枠でした。8枠で勝利したのが昨年の大阪杯でのスワーヴリチャード(8枠15番)ですが、ご存知の通り、道中でマクッて先頭に立って押し切ったもの。内を走れそうな父サンデー系に注目すべきなのではないでしょうか!?

今週末は中山&阪神の2場開催で、どちらも芝がコース替わりとなりますので、ご注意ください。3月30日~31日に行われる中山、阪神の芝の使用コース特別競走での穴ぐさ成績は、次の通りです。

3月30日~31日
場所
中山 Bコース・1週目
阪神 Bコース・1週目

3月30日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山9R 山吹賞 [0.0.0.8]
中山10R 千葉日報杯 [0.1.1.19]
中山11R ダービー卿CT [1.0.3.31]
阪神9R アザレア賞 [0.0.0.2]
阪神10R 仲春特別 [3.2.4.19]
阪神11R コーラルS [1.2.0.32]

3月31日
場所 レース名 穴ぐさ
成績
中山9R 安房特別 [1.0.2.19]
中山10R 伏竜S [0.1.1.10]
中山11R 船橋S [2.0.1.33]
阪神9R 明石特別 [1.0.1.3]
阪神10R 御堂筋S [0.2.1.14]
阪神11R 大阪杯 [0.2.0.19]
阪神12R 鳴門S [0.0.3.30]
※条件が過去とは異なるレースもあります。レース番号が変更になる場合もあります。

注目レース
仲春特別(1000万、阪神芝1400m)

仲春特別での穴ぐさは[3.2.4.19](複勝率32.1%)で、複勝回収率は162%です。穴ぐさのいた11レースのうち9レースで馬券に絡んでいて、芝1400mの時に限ると[2.1.1.10](複勝率28.6%)です。

このレースで馬券に絡んだ穴ぐさは中9週以内の臨戦で、芝のレースでの8頭中7頭はひと桁馬番です。芝1400mで③着以内に入った4頭は父サンデー系で、母父か母母父がミスプロ系だったので、そのような血統馬に注目でしょう。

注目レース
安房特別(1000万、中山芝2500m)

安房特別での穴ぐさは[1.0.2.19](複勝率13.6%)で、複勝回収率は100%です。

馬券圏内に入った3頭は父か母父がサンデー系の牡馬で、馬番1~5番でした。いずれも中3週の臨戦で、芝2200m以上での勝ち鞍があった馬なので、長距離実績があって内を立ち回れそうな馬が狙い目でしょう。

注目レース
明石特別(1000万、阪神芝2000m)

明石特別での穴ぐさは[1.0.1.3](複勝率40.0%)で、複勝回収率は222%です。

③着以内に入った2頭は馬番1~3番で、前走が掲示板外だったものの、その差は0秒3~0秒6でした。2頭は芝1800m以下で勝ち鞍を挙げていて、勝利実績のない2000mでも距離ロスを抑えて走れそうな馬を侮らないようにしましょう。

ちなみに…
大阪杯での穴ぐさは[0.2.0.19]で、ダービー卿CTでは[1.0.3.31]です。G1になってからの近2年の大阪杯では、ともに【A】評価だった馬(ペルシアンナイトステファノス)が②着に入っています。

G2だった頃も含めて過去10年の大阪杯では7番人気以下で③着以内に入った馬が3頭いて、中9週以内の4~6歳馬です。いずれも父がサンデー系で、母父か母母父がノーザンダンサー系だったので、そのようなタイプをチェックしておきましょう。3頭は4~5月の芝で勝ち鞍があったので、春実績も確認しておくと良さそうです。

過去10年のダービー卿CTでは7番人気以下で③着以内に入った馬が10頭いて、いずれも牡馬で、2011年以降の7頭中6頭は4~5歳です。その7頭は母父がサンデー系かノーザンダンサー系で、そのうち6頭は近3走以内に芝1400~1800mで③着以内の好走歴がありました。勢いが感じられる若い馬に注意しましょう。

TOPページに戻る