独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2017年7月)

更新

17年7月30日
新潟 11R アイビスサマーダッシュ(G3)
芝1000m
ラインミーティア
8人気 1着 (単オッズ38.7倍)
西田騎手

新潟芝直1000mで西田騎手が騎乗した時は①④着で、④着の前走は出遅れながらメンバー最速の上がり31秒6で③着とクビ差まで追い込んでいた。夏季にも勝ち鞍がある馬で、54秒5という持ち時計もあり、西田騎手は新潟芝直1000mの特別競走で7~8枠だと[2.4.1.11](複勝率38.9%)という成績だから、この枠でスタートを決められればチャンスが出てくるのではないか。B

17年7月30日
新潟 3R 未勝利
ダ1800m
キャプテンルフィ
5人気 2着 (単オッズ12.5倍)
大野騎手

ダートでふた桁馬番だと⑤②②着で、外枠に入ったのは好材料だろう。ダート1800mは初めてになるが、父ヴァーミリアン×母父ネオユニヴァースという配合だし、半兄キャプテンペリーは芝2000mでの好走歴があるから、スムーズに走れればこなせてもいいのではないか。大野騎手は新潟ダート1800mの未勝利戦でふた桁馬番だと[2.7.6.32](複勝率31.9%)と好走率が高い。

17年7月30日
小倉 11R 佐世保S(1600万)
芝1200m
ニシノラッシュ
11人気 2着 (単オッズ70倍)
幸騎手

前走(⑬着)は開幕週での外枠で、ハイペースを外から先行した影響があったのではないか。前走以外の芝1200mは①④⑤着で、このコースでの5走前(⑤着)は8枠17番で後方追走となりながら、アレスバローズ(③着)と0秒1差まで追い込んだ。脚を溜める競馬もできるはずで、サクラバクシンオー産駒は小倉芝1200mの準OP以上で2~6枠だと[7.4.7.30](複勝率37.5%)なので、5枠9番で上手く捌ければ。

17年7月30日
小倉 4R 未勝利
芝2000m
ゴードン
7人気 1着 (単オッズ17.2倍)
太宰騎手

芝は[0.0.1.4]で、O型コースの近2走が③⑩着。京都での2走前は2番手追走から0秒1差に粘り込んだが、阪神での前走は好位のインに入って3~4角でムチを入れられていたから、囲まれて気難しさを出したのではないか。直線平坦コースに戻るのは良いはずで、バゴ牡セン馬は小倉芝2000mで[4.5.2.21](複勝率34.4%)と好走率が高いので、スムーズに追走して走る気になれば巻き返しがあるのでは。

17年7月30日
小倉 3R 未勝利
ダ1000m
ジーエンゲージ
10人気 3着 (単オッズ33.9倍)
武豊騎手

地方競馬を含めてダートは⑤⑦④着で、ふた桁馬番は⑤着となった4走前だけ。⑦着に敗れた3走前は5枠7番で砂を被って伸びを欠いていたから、外枠替わりは好材料だろう。4走前は約3ヵ月ぶりながら馬体重が10kg減(456kg)で粘り切れなかったが、良いスピードを見せていたから、初のダート1000mでの外枠で体が維持されていればもうひと押しが利いても不思議なさそう。

17年7月30日
札幌 12R 道新スポーツ賞(1000万)
芝1500m
ツーエムマイスター
6人気 2着 (単オッズ21.9倍)
池添騎手

前走(⑯着)は前半3F32秒8のハイペースに巻き込まれて失速したもの。2走前の豊栄特別(②着)はその後にOPで掲示板に載っているエスティタート(③着)、ワンスインナムーン(④着)、オーヴィレール(⑥着)に先着していたから価値が高い。逃げた時は[2.2.1.1]で、休み明けでも連対歴はあるから、10ヵ月半ぶりでもすんなり逃げられれば粘り込みがあっても。A

17年7月30日
札幌 11R クイーンS(G3)
芝1800m
トーセンビクトリー
6人気 2着 (単オッズ14.7倍)
福永騎手

○近2走は掲示板外だが、2走前(⑥着)は馬券圏内のない芝1600mで、前走(⑨着)はトップハンデ(56kg)で掛かり気味だった。7~9月は[2.1.2.0]、O型コースの芝1800mは[2.0.1.0]と馬券圏外がなく、今回の条件で折り合ってスムーズに運べれば巻き返しもありそう。福永騎手は芝重賞で角居厩舎の馬に騎乗だと[8.3.4.13](複勝率53.6%)で、この鞍上の手腕にも期待したい。A

17年7月29日
新潟 8R 500万
ダ1200m
エクスシア
8人気 3着 (単オッズ23倍)
野中騎手

前走は⑨着に敗れたが、2戦連続での馬券圏内がない馬で、あまり気にしなくていいだろう。牝馬限定のダート1200mは馬券圏外の次走が③④②着で、2走前にこのコースでの斤量55kgで現級②着に差している。小柄な牝馬で減量特典があるのは良さそうだし、デビュー戦を勝っている馬なので、2ヵ月半ぶりでも展開が噛み合えば上位進出は可能だろう。

17年7月29日
小倉 10R 由布院特別(1000万)
芝1200m
シンダーズ
7人気 2着 (単オッズ23.1倍)
ホワイト騎手

前走(⑥着)は3ヶ月半ぶりだったし、序盤に行きたがる面を見せながら1分33秒4で走破していたから、内容は悪くない。芝1200mは現級で2戦して③③着で、3走前は先行馬が残りやすい流れで、直線で他馬を捌くのに苦労しながらスマートグレイスと0秒3差だったから、ここでもチャンスがあっていいはず。ホワイト騎手は小倉芝で[5.8.7.24](複勝率45.5%)なので、この鞍上で流れに乗れれば。

17年7月29日
小倉 7R 500万
芝1200m
ジェスロ
8人気 2着 (単オッズ17.9倍)
浜中騎手

過去の③着以内は馬体重が418kg以上の時で、近2走は416kg→414kgと減っていた。このコースで現級③着となった4走前が休み明け(2ヶ月半ぶり)で、2ヶ月ぶりで体が増えていれば好材料だろう。JRAで馬券に絡んだ2戦は芝1200mで、前走から距離が短くなるのは良いだろうし、浜中騎手は小倉芝1200mで前走から距離短縮の父サンデー系に騎乗した時が[7.6.2.11](複勝率57.7%)だから、流れが合えば。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る