独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年2月)

更新

18年2月24日
小倉 8R 500万
芝1800m
グランノーブル
14人気 3着 (単オッズ54.8 倍)
森裕騎手

近8走は馬券圏外だが、いずれも馬番8番以内だった。今回は7枠13番に替わるが、直線平坦の芝1400~1800mで馬番9番より外枠だと②③②⑤②着で、森裕騎手とのコンビで現級②着がある。芝1800mの持ち時計1分46秒2(良)はメンバー1位だから、今回の条件で流れが合えば変わり身が見られても。

18年2月18日
東京 11R フェブラリーS(G1)
ダ1600m
インカンテーション
6人気 3着 (単オッズ20.0 倍)
三浦騎手

東京大賞典(⑦着)は、400mの距離延長で道中で行きたがっていた。このレースでの②着やかしわ記念での②着がある馬で、ダート1600mは大外枠だった昨年のこのレース(⑬着)を除くと④②②①着だから、マイル戦に戻るのは歓迎だろう。東京でのフェブラリーS(G1)で父ボールドルーラー系は良~稍重馬場だと[1.4.1.8](複勝率42.9%)で、前走がダート重賞だった馬が[1.3.1.5](複勝率50.0%)。A

18年2月18日
東京 9R ヒヤシンスS(OP)
ダ1600m
タイキフェルヴール
9人気 2着 (単オッズ20.8 倍)
内田騎手

前走(⑨着)は芝重賞だったので参考外だろうが、0秒7差だったので悪くない。ダートは1800mで2戦2勝で、2走前は外を回って押し切ったが、3走前は好位のインを追走し、狭い内から抜け出した。1600mは初だが、1800mでは芝(2戦)でもダート(2戦)でもメンバー中3位以内の上がりを使っていて、決め手を秘めていそうだから、直線で内目を捌ければ台頭があり得そう。

18年2月18日
京都 11R 大和S(OP)
ダ1200m
ナンチンノン
9人気 1着 (単オッズ22.8 倍)
国分恭騎手

昨年以降は[1.1.0.7]だが、ダート1200mのOP特別で斤量56kg以下だと②①着と連対を外していない。2~3月は[2.3.0.2]で、いまの時期も良さそうだし、6勝中2勝は京都ダート1200mで挙げているから、コース相性も悪くないはず。ハンデ56kgですんなりと先行できれば、粘り込みがあってもおかしくないのでは。

18年2月18日
京都 8R 500万
ダ1400m
ラレータ
5人気 3着 (単オッズ8.2 倍)
バルジュー騎手

近2走は馬券圏外(⑤⑥着)だが、2走前は不良ダート、前走は前残りで展開不向きだった。ダートはU型コースだと①②⑤着で、2連対は良~稍重で記録している(⑤着は2走前)。その3戦は東京ダート1600mで、ダート1400mは初となるが、ダイワメジャー産駒は京都ダート1400mで[29.24.23.169](複勝率31.0%)と好走率が高く、コース替わりは悪くないはず。3ヵ月ぶりでも流れに乗れれば。

18年2月18日
京都 1R 未勝利
ダ1800m
サニーレイ
7人気 3着 (単オッズ19.0 倍)
バルジュー騎手

過去2戦は芝で掲示板外(⑥⑱着)だが、きょうだいは中央ダートで[10.10.7.50](複勝率35.1%)と好成績を残している。ダート替わりはプラスに働く可能性がありそうだし、今回は初装着となるブリンカーの効果も見込めるから、ここで変わり身があっても不思議ないだろう。野中厩舎の牝馬は京都ダート1800mの牝馬限定戦で[5.8.5.25](複勝率41.9%)と好走率も高い。

18年2月18日
小倉 12R 紫川特別(1000万)
芝1200m
メイショウカリン
5人気 3着 (単オッズ8.3 倍)
小牧騎手

昇級初戦の前走は⑥着に敗れたが、3ヵ月ぶりで過去に馬券圏内のない1400mだった。芝1200mはスタートでゴチャつく不利があった一戦を除くと[2.1.0.0]で、500万を勝った時は0秒3差を付けている。デビュー2戦目と休み明け2戦目はともに勝っていて、中3週の今回は上積みも見込めそうだから、スムーズに運べれば。C

18年2月17日
東京 12R 1000万
芝1400m
リライアブルエース
2人気 1着 (単オッズ5.6 倍)
中谷騎手

前走で500万を勝ち上がった馬で芝1400mは初だが、馬券圏外の2戦は長期休養明けと芝2000mで、前走は道中で行きたがる感じながら内から上がり34秒1で差し切った。アルバートドックの全弟で能力がありそうだし、前走の感じならこの距離にも対応できそう。ディープインパクト産駒は東京芝1400mでの昇級戦が[6.4.3.23](複勝率36.1%)で、そのうち牡馬が[3.2.1.8](複勝率42.9)。A

18年2月17日
東京 12R 1000万
芝1400m
ワイナルダム
8人気 3着 (単オッズ29.3 倍)
松岡騎手

前走(⑭着)は出負け気味のスタートになった後にハナを奪い、道中で掛かっていた。芝1000万は[0.0.1.5]だが、馬番10番以内の時に限ると④④③⑭着で、前走以外は僅差で走っている。ふた桁着順の次走でも勝ち鞍はあるし、道中で脚を溜めて差し切ったこともある馬だから、折り合って運べれば巻き返しがあり得そう。松岡騎手は東京芝1400mで牡馬に継続騎乗だと[6.9.11.53](複勝率32.9%)。C

18年2月17日
東京 11R ダイヤモンドS(G3)
芝3400m
リッジマン
5人気 2着 (単オッズ7.5 倍)
蛯名騎手

◎芝2500m以上での近6走は、休み明けだと④⑨着だが、それ以外では①②①②着(今回は中5週)。万葉Sは後方で脚を溜め、外を回りながら伸びて0秒1差②着まで詰めた。母父がカーリアンで、ダマスカスの4×3というクロスを持つ馬だから、スタミナと渋太さを活かせる条件が合うのだろう。蛯名騎手とも④①②①着と相性は良く、同騎手は芝3000m以上で1~2枠だと[3.2.3.5](複勝率61.5%)。A

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る