独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2019年10月)

更新

19年10月26日
新潟 8R 3歳以上1勝クラス・牝
芝1000m
モアナブルー
6人気 3着 (単オッズ17.0倍)
菅原明騎手

近3走は直線競馬で⑥⑤⑯着だが、前走と3走前は6枠以内、2走前は斤量55kgでハナに立つ形になって目標にされた感じだった。新潟芝直1000mで8枠だと②②⑤着で、現級でも先行してジュリーハーツ(次走で2勝クラス②着)のクビ差②着に入った実績がある。ローエングリン産駒は新潟芝直1000mで7~8枠だと[1.4.2.9](複勝率43.8%)だから、斤量52kgで上手く脚を溜められれば。

19年10月26日
新潟 7R 3歳以上1勝クラス・若
ダ1200m
キョウエイオビエド
9人気 1着 (単オッズ25.1倍)
大塚騎手

新潟ダート1200mは現級で③⑤着で、③着時が中5週だったのに対し、前走(⑤着)は半年ぶりで先行して③着と0秒1差だった。今回は中2週で、母父サンデー系のスウェプトオーヴァーボード産駒は新潟ダート1200mで中2週以内だと[4.4.4.16](複勝率42.9%)と好走率が高い。このコースの持ち時計1分11秒3(重)はメンバー2位だから、今回の条件なら前進があっても。

19年10月21日
東京 12R 3歳以上2勝クラス・牝
ダ1400m
コーラルプリンセス
14人気 3着 (単オッズ44.5倍)
丸山騎手

過去4度の③着以内は芝だが、自身の上がりが34秒4~35秒1で記録していて、それを考えれば近3走(上がり33秒9~34秒6で⑤⑤⑭着)でも自身の脚は使っていたと言えそう。母は中央ダート3勝馬で、芝→ダート替わりが休み明け以外だと②①①着だったし、馬体重が500kg以上のクロフネ産駒は東京ダート1400mの牝馬限定戦で[5.3.2.8](複勝率55.6%)なので、中7週でのダート替わりで一変があっても。B

19年10月21日
東京 12R 3歳以上2勝クラス・牝
ダ1400m
アオイサンシャイン
9人気 2着 (単オッズ29.1倍)
内田騎手

牝馬限定戦のダートは④③②①⑮着で、掲示板外が現級での2走前だが、その時はテン乗りの外国人騎手だったし、2枠3番で砂を被って前に進んで行かなくなっていた。内田騎手とは[1.2.1.4]で、馬券に絡んだ4戦中3戦が馬番8~12番。牝馬限定戦で5枠10番に替わり、初ブリンカー装着で集中できれば一変があり得そう。今回は約4ヶ月ぶりだが、過去2勝は休み明けで挙げている。A

19年10月21日
東京 10R テレビ静岡賞
ダ1400m
グロワールシチー
12人気 2着 (単オッズ59.9倍)
内田騎手

1勝クラス以上でのダートは4角5番手以内だと①③①③③着で、4角7番手だった前走が⑧着。前走は時計の速い決着だったし、中2週続きで東京に遠征した影響もあったのではないか。今回は4ヶ月半ぶりだが、休み明けでも連対歴があり、前走時馬体重が468kgという馬で斤量が軽くなる(57→55kg)のもプラスに働きそうだから、序盤の位置取りを改善されれば巻き返しても。

19年10月21日
東京 7R 3歳以上1勝クラス
芝1600m
ダイイチターミナル
11人気 3着 (単オッズ42.5倍)
菅原明騎手

東京芝1600mは1勝クラスで過去に4戦し、奇数馬番だと⑨⑧着だが、偶数馬番だと②②着。連対圏に入ったその2戦は斤量57kgだったが、上がり33秒9~34秒5を計時して0秒1~0秒3差まで差し込んでいる。このコースの6走前に②着となった時は1分32秒9というタイムで走破していたから、5枠8番で斤量54kgも活かして上手く立ち回れれば台頭があり得るのでは。

19年10月21日
東京 1R 2歳未勝利・牝
ダ1600m
ルミナスナイト
8人気 3着 (単オッズ29.3倍)
菊沢騎手

過去2戦は⑮⑪着だが、ダート1150~1200mでメンバー中3位以内の上がり(37秒2~38秒2)を計時している。今回は1600mに替わるが、母は3勝を2000m以上で挙げた馬で、ヘニーヒューズ牝馬は東京ダート1600mで[4.3.2.20](複勝率31.0%)なので、距離延長がプラスに働いても良さそう。前走は約3ヶ月ぶりで26kg増(500kg)だったので、中2週で上積みもあれば。

19年10月21日
東京 1R 2歳未勝利・牝
ダ1600m
クーレクー
4人気 2着 (単オッズ8.5倍)
木幡巧騎手

母サクセスセレーネはディープインパクト産駒だが、母父がA.P. Indyで、中央での2勝は芝で⑩⑯着で敗れた後のダート替わりのレースだった。本馬は中山芝1600mのデビュー戦で⑪着に敗れたが、序盤に良いスピードを見せていて、このコースの大外枠で砂を被らずに先行できれば一変があり得そう。ヘニーヒューズ牝馬は東京ダート1600mで[4.3.2.20](複勝率31.0%)。

19年10月20日
東京 11R ブラジルC(L)
ダ2100m
メイプルブラザー
7人気 2着 (単オッズ23.3倍)
宮崎北騎手

馬券に絡んだ10戦中9戦が6~11月で、6~11月でのダートは[5.0.4.5]。そのうちひと桁馬番だと[4.0.3.3]で、唯一の掲示板外は不良馬場だった。OPでは⑫③⑧⑤③⑪着だが、8頭立てとふた桁馬番だったもので、過去5勝は11~16頭立てで、そのうち4勝をひと桁馬番で挙げている。前走は8枠13番で外から進出して直線で失速したが、今回は5枠9番なので、馬群の中で脚を溜める形なら。

19年10月20日
東京 9R 鷹巣山特別
芝1600m
ステイオンザトップ
5人気 2着 (単オッズ10.2倍)
シュタルケ騎手

近3走は⑧⑧⑦着だが、4角8~12番手から上がり33秒6~34秒2を計時している。芝ダート含めて過去2勝は4角2~4番手の時で、芝で勝ち鞍を挙げた時が9頭立てだったので、今回の条件で位置取りが工夫されれば巻き返しがあり得るだろう。今回は約3ヶ月ぶりだが、休み明けでの芝でも連対歴があるので、大幅な馬体増がなければ。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る