独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2022年7月)

更新

22年7月31日
新潟 7R 3歳未勝利
ダ1800m
サクラトップラン
6人気 2着 (単オッズ13.9倍)
北村友騎手

近2走(②⑦着)は最内枠でハナを切る形になったが、2走前以外の2連対は2番手追走から記録していて、このコースでの連対歴もある。前走は他馬に競られる形になったもので、過去3連対は斤量54kgの時だから、この条件でも番手に控える形なら巻き返しはあり得そう。ホッコータルマエ産駒は新潟ダート1800mの未勝利戦で[2.6.3.17](複勝率39.3%)。A

22年7月31日
札幌 11R クイーンS
芝1800m
サトノセシル
8人気 2着 (単オッズ21.6倍)
古川吉騎手

直線平坦&O型の芝1800~2000mは②①①③⑪着で、馬券圏外は初の中2週だった昨年の札幌記念だけ。③着は昨年のクイーンSで、同斤(55kg)で①着テルツェットと0秒1差だった。新馬戦(②着)以外の③着以内は中3週以上で記録しているから、中4週で臨む札幌芝1800mなら2年連続の好走が見られても良さそう。Frankel牝馬は牝馬限定の芝重賞で[4.0.3.9](複勝率43.8%)。A

22年7月31日
札幌 2R 3歳未勝利
ダ1000m
ヒメカミノカゼ
6人気 3着 (単オッズ12.7倍)
鷲頭騎手

過去3戦(⑬⑨④着)は馬券圏外だが、前走(函館ダート1000m、④着)は出遅れと前残りの展開が重なった中、メンバー中最速の上がり35秒6で③着と0秒2差まで追い上げていた。ウキヨノカゼの全妹で能力を秘めていそう。今回はダート1000mが2戦目で慣れが見込めるし、前走と同じ鷲頭騎手(▲51kg)でスタートを決めて流れに乗れれば。B

22年7月30日
新潟 12R 3歳以上1勝クラス
芝1000m
ルドラクシャ
6人気 3着 (単オッズ18.3倍)
原騎手

新潟芝直1000mは[1.1.0.7]だが、ふた桁馬番の時に限れば①②⑧着。その⑧着は昨年のアイビスサマーダッシュで、ライオンボスについて行く形で粘りを欠いた。8枠16番での斤量52kgは良いはずで、ふた桁着順の次走でも連対歴がある。このコースで脚を溜める形でも好走歴があり、父も母父もダンチヒ系という馬なので、夏季の休み明け(2ヶ月半ぶり)でもスムーズに捌ければ。A

22年7月30日
新潟 10R 豊栄特別
芝1600m
チアチアクラシカ
9人気 3着 (単オッズ32.3倍)
吉田豊騎手

2走前(④着)は好走歴のない道悪馬場で、前走(⑥着)は初の芝1800mだった。良馬場の芝1600mは[2.5.3.4]で、左回りで馬番10番以内の時に限ると①②①⑤③②③着。今回は転厩初戦で5ヶ月ぶりだが、休み明けでも好走歴があり、リアルインパクト産駒は芝の特別競走で休み明けだと[3.4.4.19](複勝率36.7%)だから、落ち着いて臨めれば。C

22年7月30日
新潟 9R 麒麟山特別
ダ1800m
アンクラウデッド
9人気 2着 (単オッズ31.0倍)
西村淳騎手

前走(⑧着)は初のダート1900mで、2走前(⑨着)は出遅れていた。ダート1800mは③①⑤①着で、⑤着がこのコースだが、その時はバーデンヴァイラーが圧勝する展開で、内で包まれる形で4角7番手になっていた。過去2勝は4角1~2番手の時で、夏季でも左回りでも好走歴がある馬だから、7ヶ月半ぶりでも早めに動く形なら。C

22年7月30日
札幌 10R 阿寒湖特別
芝2600m
マベルロンジュ
6人気 2着 (単オッズ25.0倍)
横山和騎手

近2走(⑥⑧着)は掲示板外だが、2走前は芝でふた桁馬番に入り、前走は勝負所で下がってきた馬の影響で踏み遅れる感じになり、直線で前が壁になる場面もあった。芝の4連対は芝2500~2600mでひと桁馬番の時に記録していて、横山和騎手とも①②⑧着と悪くない。現級通用の力は4走前(②着)に証明しているし、今回の条件でスムーズな競馬ができれば。A

22年7月30日
札幌 9R おおぞら特別
ダ1000m
ニルカンタテソーロ
8人気 3着 (単オッズ31.2倍)
山田騎手

2勝クラスは6戦して馬券圏内はまだないが、前走(函館ダート1000m)は4角2番手以内の馬が馬券圏内を占めた中、4角5番手からメンバー中最速の上がり35秒3で伸びて③着とクビ差だった。Speightstown産駒はダート1000mで偶数馬番だと[2.3.1.7](複勝率46.2%)と好走率が高く、2枠2番から流れに乗って決め手が活きる展開になれば。B

22年7月30日
札幌 9R おおぞら特別
ダ1000m
テンテキセンセキ
7人気 1着 (単オッズ8.8倍)
武豊騎手

2勝クラスは[0.1.2.10]で、そのうち、札幌ダート1000mは③着、武豊騎手でふた桁馬番に入った時は②③⑥着と好走が目立つ。過去2勝はふた桁の偶数馬番で挙げているし、キンシャサノキセキ産駒は札幌ダート1000mで[6.3.6.27](複勝率35.7%)と好走率も高い。7枠10番から流れに乗って運べれば上位進出があっても。A

22年7月30日
札幌 8R 3歳以上1勝クラス・牝
芝1800m
メモリーサボアール
5人気 1着 (単オッズ19.5倍)
角田和騎手

現級初戦の前走(⑩着)は初の中3週だったし、斤量54kgで力み気味に逃げて外差し決着となっていた。過去2連対は新馬戦(②着)と4ヵ月ぶり(中17週)だった2走前(①着)で、斤量はいずれも51kgだったから、2ヵ月ぶり(中9週)や斤量減(54→50kg)はプラスのはず。未勝利勝ちしたのは福島芝1800mで、右回り&O型の芝1800mに替わるのも良さそうで、最内枠から折り合って運べれば。A

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る