独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2017年2月)

更新

17年2月26日
中山 11R 中山記念(G2)
芝1800m
サクラアンプルール
8人気 2着 (単オッズ45.3倍)
横山典騎手

前走は最多タイの馬体重(10kg増の480kg)で、勝ち鞍のない左回りで外を回らされる形だったが、自己ベストの上がり(33秒2)でクビ差②着に好戦した。サクラメガワンダーの弟が本格化してきた印象がある。中山芝は③①①①着で、このコースは横山典騎手で1戦1勝。キングカメハメハ産駒は中山芝1800mの重賞で[3.1.5.15](複勝率37.5%)なので、使われている強味を活かせればこのメンバー相手でも。C

17年2月26日
中山 11R 中山記念(G2)
芝1800m
ロゴタイプ
7人気 3着 (単オッズ15.2倍)
田辺騎手

中山芝2000m以下は[3.3.1.1]で、馬券圏外(⑦着)が昨年のこのレースだが、その時は3枠3番から位置を取りに行って掛かっていた。中山芝は馬番7番より外枠だと[2.2.0.0]で、今回の枠の方が流れには乗りやすそう。今回は2ヶ月半ぶり(中10週)だが、休み明けは中13週以上だと[0.0.1.4]で、中12週以内だと①①⑤着(⑤着は重馬場)。安田記念を勝った時が2ヵ月ぶり(中8週)でもあり、これくらいなら動けても。A

17年2月26日
中山 5R 未勝利
芝1800m
クリュティエ
8人気 3着 (単オッズ26.2倍)
柴山騎手

デビュー戦(東京芝1800m)は12番人気という低評価だったが、大外枠で外を回りながら直線半ばで先頭を窺って④着に入った。能力は秘めていそう。芝でのマツリダゴッホ牝馬は5~8枠よりも1~4枠の時の方が好走率が高く、前走を見ると良い脚を短く使うタイプのようだから、中山芝1800mの内枠という今回の条件の方が合いそう。馬群の中で脚を溜められれば。

17年2月26日
中山 1R 未勝利
ダ1200m
ディアヴイーバル
6人気 2着 (単オッズ13.6倍)
勝浦騎手

過去2戦は中山ダート1200mで、デビュー戦はふた桁馬番(6枠11番)で②着、前走はひと桁馬番(4枠8番)で⑮着。前走は芝からダートに入るところで躓いて、その後に行きたがっていたし、直線入口で前をカットされる不利も受けた。それほど大きくない牡馬で、中1週だった前走より今回の中8週の方が良さそうでもあるので、大外枠から流れに乗れれば。

17年2月26日
阪神 12R 1000万
ダ1400m
リリーウイナー
3人気 2着 (単オッズ6.5倍)
藤岡佑騎手

阪神ダートは1400mは現級勝ちを含めて[3.0.0.1]と相性が良く、ふた桁馬番では②④①②①着と安定している。500万以上は休み明けを除くと①⑯②①着で、⑯着はOP(端午S)で走ったもの。近2走は⑭⑩着と大敗しているが、阪神ダート1400mで5枠10番、中8週という今回の条件ならガラリ一変も可能のはず。好位外に付けてスムーズに運べれば。A

17年2月26日
阪神 11R 阪急杯(G3)
芝1400m
トーキングドラム
7人気 1着 (単オッズ25.7倍)
幸騎手

前走はOP初戦で④着だったが、外を回って直線で内から伸びた上位3頭に伸び負けしたもので内容は悪くない。1~3月は芝に限ると[2.4.1.1]で、馬券圏外は前走だけ。中1週は2戦2勝で、芝1400mは8枠と道悪を除くと[1.2.0.1]と悪くない。今回の条件なら重賞でもチャンスがありそうで、内枠(2枠2番)を利してロスなく運べれば。A

17年2月26日
小倉 12R 周防灘特別(1000万)
芝1200m
オースミチャド
7人気 1着 (単オッズ14.8倍)
北村友騎手

小倉芝1200mは良馬場だと③③①着で、2走前に500万勝ちした時はスカイパッション(後にこのコースで1000万勝ち)を下している。半姉はこのコースで重賞を勝ったジュエルオブナイルで、コース適性が高いのだろう。前走(⑫着)は斤量57kgで過去に馬券圏内のない道悪芝(稍重)だったから、良馬場でのハンデ54kgならガラリ一変があってもいいはず。今回は4ヵ月半ぶりだが、休み明けでも連対歴がある。A

17年2月25日
中山 1R 未勝利
ダ1800m
ノーブルクラウン
4人気 2着 (単オッズ6.4倍)
フォーリー騎手

東京の芝1800~2000mで2戦して⑬⑫着だが、最内枠で包まれた前走は1秒5差で、大型牝馬だけにのびのびと走れる外枠の方が合いそう。今回はダート替わりになるが、母父ボールドルーラー系のゼンノロブロイ産駒はダート1600~1800mが[2.3.3.13](複勝率38.1%)で、馬体重が470kg以上の馬に限ると[2.2.1.4](複勝率55.6%)。今回はブリンカーも装着するので、その効果もあれば変わっても。

17年2月25日
阪神 9R 丹波特別(1000万)
芝1600m
プレミオテーラー
9人気 3着 (単オッズ42.5倍)
松若騎手

前走(⑭着)は初ダートで後方からになっていたから参考外でいい。芝1600mで4角4番手以内に付けた時は①③③①⑤⑬着、13頭立て以下は③③①⑤②着と好成績で、一度現級勝ちした時は両方の条件を満たしていた。前走⑫着から一変して勝利したことがあり、このコースの現級戦でも好走歴はあるから、すんなり先行できれば変わり身があっても良さそう。

17年2月25日
阪神 4R 未勝利
芝1800m
チャレアーダ
5人気 1着 (単オッズ12.7倍)
四位騎手

父ディープインパクト×母父アカテナンゴという配合はワールドエース、ビッシュと同じ。同配合馬は芝で[21.15.7.67](複勝率39.1%)で、デビュー戦に限れば[3.0.2.5](複勝率50.0%)と高確率で馬券に絡んでいる。今回は既走馬相手のデビュー戦となるが、牝馬限定戦だし、流れに乗って競馬ができれば出番があっても。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る