独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2017年6月)

更新

17年6月25日
東京 12R 500万
ダ1600m
ラインフェルス
12人気 3着 (単オッズ65.3倍)
石橋騎手

今年は掲示板内がないが、4走前(⑬着)は休み明け、2~3走前(⑨⑪着)は1900~2400m、前走(⑧着)は出遅れていた。休み明けでは好走歴がない馬で、8連対は1800m以下で、2勝はこのコースで挙げている。東京ダート1600mは休み明けを除くと[2.4.0.3]で、連外の3戦はふた桁馬番と前走。前走でもメンバー中2位の上がり36秒3で0秒3差まで詰めていたので、スタートが決まれば。B

17年6月25日
東京 8R 500万
芝1800m
ピッツバーグ
9人気 1着 (単オッズ23.1倍)
池添騎手

2勝をダートで挙げているが、芝でも[0.2.1.4]と好走していて、道悪芝では②②着。重馬場の京都芝1600mで②着となった時はロジクライと0秒2差で、キアロスクーロに先着しているから、芝適性もあるはず。芝1800mは京都で1戦して⑤着(0秒4差)だが、祖母がメジロモントレーだから、この距離が長いとも思えない。ダノンシャンティ牡馬は直線に坂のある芝1800mで[4.4.2.12](複勝率45.5%)。

17年6月25日
東京 2R 未勝利
ダ2100m
フラッグアドミラル
5人気 1着 (単オッズ11.5倍)
大野騎手

このコースでの前走(⑦着)はスタートを決めて前に行ったが、外から先行する馬が複数いて、内ラチ沿いに控え、道中で砂を被って揉まれていた。今回も同じ馬番4番となったが、先行型が多くない組み合わせなので、スムーズに先行して砂を被らない位置に付けられれば巻き返しがありそう。②着に好走した3走前が中2週で、中6週だった前走から中2週に替わるのも悪くないはず。

17年6月25日
東京 2R 未勝利
ダ2100m
デストロイ
12人気 3着 (単オッズ97.9倍)
柴田善騎手

5戦してまだ掲示板内がない馬だが、休み明け以外のダートはマイル戦だった前走(⑦着)と4走前(⑥着)だけで、中山ダート1800mだった4走前は、道中で砂を被って後退しながらメンバー中3位の上がり(39秒9)で⑥着まで盛り返していた。母父ティンバーカントリーでスタミナがありそうだから、中5週で初のダート2100mとなる今回はスムーズに立ち回れれば侮れなさそう。

17年6月25日
阪神 10R 花のみちS(1600万)
ダ1200m
ガンジー
8人気 3着 (単オッズ21.9倍)
松山騎手

準OPでの2連対は中2週以内のダート1200mで記録していて、スマートアヴァロン(その後にOPで2勝)に先着したこともある。前走から距離短縮の時は[3.3.0.7](複勝率46.2%)と好走率が高く、1F短縮で臨むダート1200mで中1週となる今回はワンパンチが利いても良さそう。道悪の阪神ダート1200mでは現級戦で0秒1差の④着があり、流れが合えば。

17年6月25日
函館 12R 津軽海峡特別(1000万)
ダ1700m
エンクエントロス
5人気 3着 (単オッズ22.1倍)
丹内騎手

ダート1000万は[0.1.0.6]だが、直線平坦コースに限ると一戦して②着で、その時はコパノチャーリー(後にダート準OP勝ち)とクビ差の接戦をしている。直線が平坦のダートでブリンカー着用だと①②着だし、今回は2ヵ月ぶりだが、このコースでも休み明けでも連対歴がある。丹内騎手は中央4場以外のダートで黒岩厩舎の牡セン馬に騎乗だと[1.7.3.11](複勝率50.0%)なので、この条件なら変わっても。A

17年6月25日
函館 9R 500万
ダ1700m
チャイマックス
5人気 1着 (単オッズ11.3倍)
鮫島駿騎手

ダート1700mの現級戦は③⑥着で、このコースの前走(⑥着)は勝負所で早めに先頭に立ったが、流れが厳しく差し決着になっていた。過去の馬券圏内はすべて偶数馬番か大外枠の時で、馬番7→8番に替わるのは好材料だろう。過去の馬券圏内は斤量54kg以下の時で、減量特典での1kg減(55→54kg)はプラスに働きそうだから、今回の条件で流れが合えば上位進出があっても。

17年6月25日
函館 2R 未勝利
ダ1000m
シゲルヒョウ
8人気 3着 (単オッズ17倍)
井上騎手

前走は後続に早めに来られる厳しい展開の中、③着と0秒2差の④着に粘った。井上騎手とは前走に続いてのコンビで、同騎手は函館ダート1000mで前走から継続騎乗だと[3.1.0.9](連対率30.8%)。前走は中6週で馬体重が10kg増(476kg)だったが、伊藤圭厩舎の馬は函館ダート1000mで連闘だと[4.2.4.16](複勝率38.5%)だから、初の連闘でひと絞りあれば。

17年6月24日
東京 12R 500万
芝1400m
プラトリーナ
9人気 2着 (単オッズ46.3倍)
石橋騎手

500万では⑥⑫⑨着だが、前走と3走前は重馬場で、2~3走前はふた桁馬番だった。2連対は良馬場の芝で、勝ち鞍を挙げた時は馬番3番。良馬場で内目の枠なら、もっと走れても良いはず。デビュー戦と休み明けを除くと中1週で1戦して②着で、その時はミエノサクシードと0秒3差。ノーザンダンサーの5×5×5というクロスを持つ馬で、中6週替わりがプラスに働いても。B

17年6月24日
東京 9R 日野特別(500万)
ダ1400m
ウィズエモーション
7人気 2着 (単オッズ19.9倍)
田辺騎手

昨秋以降は馬券圏外が続いているが、好走歴のない芝や道悪ダートが多く、良馬場のダートは④着となった4走前だけ。芝→ダート替わりはこのコースで1戦1勝だし、その時を含めて過去2勝は偶数馬番で挙げているから、降級初戦のここで乾いた馬場となればガラリ一変があっても不思議ないだろう。クロフネ産駒はダート1400mでの降級戦が[6.2.2.22](複勝率31.3%)。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る