独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年4月)

更新

18年4月22日
東京 10R 鎌倉S(1600万)
ダ1400m
メイショウボンロク
7人気 1着 (単オッズ15.4 倍)
池添騎手

近2走は、馬番4番で①着、馬番14番で④着だが、差し切った2走前が直線で外に持ち出されたのに対して、前走は終始馬群の中に入って窮屈さが感じられた。それでも昨夏以降のダート1400mは中4週以内の時に限ると②③⑤⑤④着で、7~8枠の時に馬券に絡んでいる。このコースでも好走歴がある馬で、ハンデ55kgも悪くないだろうから、中2週での7枠13番で直線で外に持ち出せれば。

18年4月22日
東京 6R 500万
ダ1600m
トキノパイレーツ
6人気 1着 (単オッズ13.3 倍)
北村友騎手

過去5戦は、ダートで1戦1勝で、芝では上がり34秒0~34秒9を計時して⑦⑤⑤⑤着。上がりがかかるぶん、ダート替わりは良いはずだし、このコースで勝ち鞍を挙げている馬で、1800~2000mだった近2走から距離を短縮されるのも好材料だろう。牡馬にしては小柄なタイプなので、2ヶ月ぶりでも大幅な馬体増がなければ。

18年4月22日
東京 6R 500万
ダ1600m
アメリカンファクト
8人気 2着 (単オッズ15.7 倍)
武藤騎手

前走(⑩着)は2番手に付けたが、外から行きたがる馬に来られて折り合いを欠いていた。2走前に中山ダート1800mで②着に粘り込んでいるが、勝ち鞍を挙げたのは東京ダート1300mだし、Speightstown産駒だから、適性は1800mよりも短い距離にあるはず。今回は大外枠で外から被せられそうにないし、距離短縮もプラスに働きそうだから、折り合って進められれば一変しても。

18年4月22日
京都 12R 1000万
ダ1200m
ユアマイラブ
5人気 1着 (単オッズ15.0 倍)
荻野極騎手

1月に走ったのは近2走(⑦⑫着)だけで、厳寒期は良くないのでは。4月に走るのは初となるが、③着以内の5戦は10~11月で、1月よりも暖かいいまの時期のほうが動けるはず。③着以内の5戦は京都ダート1200mでもあり、同コースで良馬場だと④①①③着(③着は現級戦で②着テンモースとクビ差)。休み明けでも勝ち鞍があるから、3ヵ月ぶりでも仕上がっていれば。B

18年4月22日
京都 10R 桃山S(1600万)
ダ1900m
ミキノトランペット
6人気 2着 (単オッズ13.7 倍)
武豊騎手

ダートは12戦して掲示板外は一度だけという堅実派で、休み明けは[2.0.1.0]、武豊騎手とは[1.0.3.0]と馬券圏内を外していない。3ヵ月ぶりでも動けて不思議ないし、この鞍上も魅力だろう。相手なりに走れる強味を発揮できれば昇級戦でもチャンスがありそう。馬体重が520kg以上の時は[3.0.2.0]でもあり、前走(528kg)から大きく減らなければ。

18年4月22日
福島 10R 燧ヶ岳特別(500万)
芝2600m
コンボルド
13人気 2着 (単オッズ44.4 倍)
長岡騎手

近3走は中山&中京で⑧⑮⑮着だが、いずれも先行しながら粘れておらず、小柄な馬だけに直線の急坂がこたえた可能性がありそう。今回は3ヵ月ぶりだが、直線平坦のO型コースは②①③着で、現級でも休み明けでの馬券圏内がある。3~5月は③②①着で、福島でも連対歴があるから、スムーズに先行できれば粘りが利いても。

18年4月22日
福島 8R 500万
芝1200m
メイショウハバネラ
6人気 3着 (単オッズ12.6 倍)
森裕騎手

前走は約4ヵ月ぶりだったが、前有利の展開の中でメンバー3位の上がり35秒6を使って④着まで押し上げた。今回は中1週で、デビュー戦以外の2連対は中8週以内の時だから、一度使われた上積みが見込めそう。斤量54kgでも連対歴がある馬なので、斤量増(52→53kg)でも展開が噛み合えば前進が期待できそう。

18年4月22日
福島 5R 未勝利
ダ1700m
グラスコマチ
7人気 3着 (単オッズ16.4 倍)
木幡巧騎手

近2走は⑥⑬着だが、いずれも牡牝混合戦で先行失速となったもの。牝馬限定のO型コースは②着に好走した3走前(中山ダート1800m)だけで、この時は先行してアタマ差に粘っている。脚質的に直線平坦コースに替わるのも悪くないだろうから、牝馬同士での斤量53kgでスムーズに先行できれば。

18年4月21日
東京 12R 1000万
芝1400m
ディメンシオン
3人気 2着 (単オッズ5.8 倍)
福永騎手

▲前走(⑪着)は出負けして後方追走となり、レース上がりが34秒1と速くなって流れも向かなかった。過去3連対は4角4番手以内の時で、過去2勝は馬体重が454~452kg。約5ヶ月ぶりでも前走(6kg減の448kg)から体が増えていれば良さそうで、ディープインパクト牝馬は東京芝1400mで休み明けだと[4.7.3.19](複勝率42.4%)でもある。スタートを決めて折り合って運べれば変わり身が期待できそう。A

18年4月21日
東京 5R 未勝利
芝2000m
ウィナーポイント
5人気 3着 (単オッズ10.7 倍)
武藤騎手

近3走は⑦⑧④着だが、いずれも後方からメンバー中2位以内の上がり(34秒3~36秒0)を計時している。近2走は稍重馬場で、前走は中山芝でもあったが、非常に小柄な馬なので、乾いた馬場で坂が緩いコースの方が合うのではないか。1600mを超える距離は初だが、母は芝2000mでの連対歴もあるし、父も母父も東京芝2400mのG1勝ち馬だから、折り合って進められれば。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る