独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年6月)

更新

18年6月30日
中京 8R 500万
ダ1800m
ミトノクイーン
5人気 2着 (単オッズ12.0 倍)
義騎手

過去6戦は4角5番手以下だと⑪⑭⑥⑦着だが、4角2番手以内だと①④着。④着は前走だが、現級で牡馬相手だったし、②着とは0秒2差だから健闘だろう。今回は牝馬限定戦に替わるし、良馬場のダート1800mは1戦1勝だから、不良馬場だった前走から乾いたダートになるのもプラスのはず。減量特典騎手(☆51kg)で揉まれずに先行できれば。

18年6月30日
中京 8R 500万
ダ1800m
デイジーフローラ
8人気 3着 (単オッズ22.4 倍)
松若騎手

近5走は馬券圏外(⑧⑥⑤⑤④着)だが、500万は[0.3.1.13]と実績を残していて、昨夏にはこのコースの牡牝混合戦でも②着と好走している。牝馬限定のダートはふた桁馬番だと②①②②④着で、この枠(7枠10番)から上手く立ち回れればワンパンチが利いても。キングカメハメハ牝馬は牝馬限定の中京ダート1800mの500万以上で[6.5.4.25](複勝率37.5%)。

18年6月30日
中京 6R 未勝利
ダ1400m
クレアセンシェンス
3人気 2着 (単オッズ6.3 倍)
和田騎手

デビュー戦(⑦着)は既走馬が相手だったし、出遅れて馬群で揉まれる展開だった。母系にストームバードの血を内包しているハードスパン産駒で、前走時馬体重が558kgという超大型馬でもあるから、大外枠(8枠16番)から外目をスムーズに運ぶ形なら前進が期待できそう。馬体重が500kg以上のハードスパン産駒はダートで[13.6.4.46](複勝率33.3%)と好走率も高い。

18年6月30日
函館 10R 恵山特別(500万)
芝1800m
ホリデーモード
6人気 1着 (単オッズ20.0 倍)
丸山騎手

昇級後は⑦⑥⑩着だが、いずれも中3週以上の臨戦だった。今回は中1週に替わるが、中2週以内の時が②①着という馬で、②着時もブレステイキング(後にプリンシパルS②着)と0秒2差の競馬をしている。右回りは馬番4番以内だと②①着で、馬番7→3番替わりもプラス材料だろうから、この臨戦で内目をスムーズに運べれば巻き返しがあり得そう。

18年6月30日
函館 9R 500万
ダ1700m
タガノアニード
9人気 2着 (単オッズ45.2 倍)
横山武騎手

降級初戦の前走は⑫着に敗れたが、過去に馬券圏内のない牡牝混合戦だった。牝馬限定のダート1700mは横山武騎手とのコンビで2戦2勝で、5走前に一度現級を勝っている。過去2勝は中2週以内の時で、中3→1週に替わるのは悪くないはずだし、道悪ダートでも斤量54kgでも連対歴があるから、斤量増(52→53kg)でも変わり身があっていいはず。

18年6月30日
函館 9R 500万
ダ1700m
クインズヌーサ
8人気 3着 (単オッズ44.5 倍)
藤懸騎手

前走(⑨着)は牡馬相手での良馬場でハナに立ったが、後続に早めに来られる厳しい流れになっていた。牝馬限定の現級戦は[0.0.1.4]だが、ひと桁馬番は③着に好走した2走前だけで、その時は藤懸騎手とのコンビでハナに立って0秒1差に粘っている。牝馬限定戦で4角先頭だと①③着で、その2戦はいずれも道悪馬場(稍重)だから、6枠8番から行き切れれば好勝負になっても。

18年6月24日
東京 11R パラダイスS(OP)
芝1400m
アイライン
6人気 3着 (単オッズ14.0 倍)
北村宏騎手

前走は⑭着に敗れたが、直線で前が壁になって追い出しを待たされていた。それでも上がり33秒6を計時しての1分20秒1(0秒6差)で、着順ほど内容は悪くない。東京芝1400mは中16週以内の時に限ると①①①③⑤⑭着で、馬券圏外は京王杯SCで0秒4~0秒6差(今回は中5週)。父も母父もノーザンダンサー系で、ダートや道悪芝での勝ち鞍がある馬なので、連続開催最終週の馬場もこなせるのでは。

18年6月24日
東京 10R 清里特別(1000万)
ダ1400m
リスペクトアース
10人気 2着 (単オッズ22.5 倍)
江田照騎手

前走(⑨着)は10ヶ月半ぶりだったし、大きく出遅れていたので参考外だろう。ダートはこのコースでの近3走だけだが、良馬場での近2走が⑫⑨着で、重馬場だった3走前の準OP戦で先行して1分22秒6で0秒1差②着に入っている。道悪ダートでスピードを持続させるレースは合うはずだから、中7週でスタートを決めて先行できれば変わる余地がありそう。

18年6月24日
東京 8R 500万
芝1600m
エスターテ
5人気 2着 (単オッズ12.8 倍)
木幡育騎手

現級では⑨⑧着だが、2走前は半年ぶりだったし、前走はペースが上がらず行きたがり、レース上がり33秒8も速すぎたのだろう。今回は初の東京芝1600mだが、マイル戦でも連対歴はあり、減量特典騎手が騎乗して偶数馬番の時が[1.3.0.0]で、道悪芝でも連対歴がある。トウカイテイオーの近親でこの距離でも折り合えればこなせていいはずだから、中3週での2枠4番で流れに乗れれば。

18年6月24日
東京 6R 未勝利
ダ1400m
パズルリンクス
6人気 3着 (単オッズ13.7 倍)
荻野極騎手

過去9戦はダートで[0.1.0.8]だが、良~稍重馬場だと[0.0.0.8]で、重馬場だと1戦して②着。中6週以内だと②⑤⑤④④④⑦着(⑦着は馬体重が10kg減)で、中4週で道悪ダートになれば好材料だろうし、前走(⑩着)は初のマイル戦だったから距離短縮も良いだろう。ヨハネスブルグ牡セン馬は東京ダート1400mで7~8枠だと[2.2.3.11](複勝率38.9%)なので、外からスピードを活かせれば。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る