独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年6月)

更新

18年6月24日
阪神 11R 宝塚記念(G1)
芝2200m
ノーブルマーズ
12人気 3着 (単オッズ40.0 倍)
高倉騎手

前走の目黒記念は好位の内から差し込み、パフォーマプロミスに先着して②着と好走した。力を付けているのだろう。阪神芝は②③①④①⑤着で、このコースに限れば1戦1勝。その時は斤量57.5kgを背負って昨年の宝塚記念と同タイムの2分11秒4で走破している。1~2枠は[1.4.1.0]と馬券圏外がなく、道悪でも好走歴はあるから、内枠(1枠2番)からロスなく立ち回れればG1でもチャンスがありそう。C

18年6月24日
阪神 9R 皆生特別(1000万)
芝1200m
ブライティアレディ
9人気 1着 (単オッズ21.8 倍)
岩崎騎手

現級初戦の前走は⑤着だったが、出遅れと前残りの展開が重なった中、メンバー中最速の上がり34秒4で伸びて0秒1差まで追い上げていたから悪くない。③着以内の3戦は芝1200mでふた桁馬番に入っていて、このコースでは4ヵ月半ぶりで500万勝ちしている。このコースで8枠13番というのは好条件だろうし、2ヵ月ぶりでも差しの利く展開なら。

18年6月24日
阪神 6R 500万
ダ1800m
クリノフウジン
11人気 3着 (単オッズ49.8 倍)
藤岡康騎手

近5走は掲示板外(⑯⑫⑭⑧⑨着)だが、6走前は1000万で③着と好走している。クリノスターオーの弟で、500万に降級すれば地力上位だろう。6走前は道悪のダート1800mで休み明けだったから、3ヵ月ぶりで臨む道悪の阪神ダート1800mという条件も良さそう。藤岡康騎手とも②①着と相性が良く、集中して走れればガラリ一変があっても。

18年6月24日
阪神 1R 未勝利
ダ1400m
リーズン
5人気 3着 (単オッズ11.8 倍)
藤岡康騎手

過去3戦は⑨②⑦着で、3走前は芝1400m、前走はダート1200mだった。ダート1400mは2走前だけで、その時は休み明けでもあったから、2ヵ月半ぶりで臨む阪神ダート1400mならチャンスがありそう。ロードカナロア産駒はダート1400mの未勝利戦で[2.4.6.17](複勝率41.4%)と好走率も高く、スタートを五分に出られれば。

18年6月24日
函館 12R 津軽海峡特別(1000万)
ダ1700m
エンクエントロス
11人気 3着 (単オッズ93.0 倍)
木幡初騎手

函館ダート1700mは良馬場だと②③⑤着で、昨年の津軽海峡特別は斤量57kgで③着に好走している(⑤着は現級で0秒4差)。ダート1700mで前走から距離短縮だと⑤①③着で、前走が阪神ダート2000mからの臨戦というのは昨年と同じ。休み明けも②⑫③着と悪くないから、2ヵ月ぶりでも今回の条件なら上位進出があり得そう。A

18年6月24日
函館 4R 未勝利
芝1200m
ニシノオトコマサリ
7人気 1着 (単オッズ24.2 倍)
勝浦騎手

このコースの前走(⑨着)は3ヵ月半ぶりで出遅れたが、メンバー最速の上がり34秒6で③着と0秒3差まで詰めていて、着順ほど内容は悪くない。今回は連闘となるが、函館芝1200mは休み明け以外だと③②着で、その2戦は4角6番手以内の競馬をしている。勝浦騎手とのコンビでも連対歴があるから、スタートを決めて流れに乗れればチャンスが出てきても。

18年6月24日
函館 3R 未勝利
ダ1700m
サンローレンス
5人気 1着 (単オッズ9.8 倍)
横山武騎手

前走は馬番7番で後方からの競馬になったが、メンバー2位の上がり38秒9を使っていて内容は悪くない。今回は4枠6番に替わるが、ダートでひと桁の偶数馬番の時は③④着で、牡馬相手のダート1700mでも横山武騎手とのコンビで馬券圏内がある。その2戦は4角4番手以内の競馬をしていたから、スタートを決めてある程度の位置に付けられれば変わっても。

18年6月23日
東京 4R 未勝利
ダ1300m
コトブキハウンド
5人気 1着 (単オッズ10.1 倍)
横山典騎手

過去3戦は⑥⑦⑤着だが、初の東京ダートだった前走は約3ヶ月ぶりで仕掛けられてからの反応が速くなかったものの、最後まで差を詰めていた。東京コースが合いそうなタイプで、中2週の今回は上積みが望めそうだし、兄ユイマールは道悪ダートで勝ち鞍を挙げているから、脚抜き良い馬場になればそれもプラスに働くのではないか。初の偶数馬番で流れに乗れれば。

18年6月23日
東京 2R 未勝利
ダ1600m
フラワーストリーム
13人気 1着 (単オッズ59.0 倍)
大野騎手

近2走(⑥⑦着)は序盤の行きっぷりが良くなく、馬群の中で砂を被る形ながら、最後までジワジワと伸びていた。③着に入った3走前は最内枠だったが、後方まで下がって外を回って差し込んだもので、現状は砂を被らない形が良さそう。過去7戦中5戦でメンバー中3位以内の上がりを使っている馬で、決め手は秘めていそうなので、初ブリンカー装着での外枠で砂を被らずに走れれば。

18年6月23日
阪神 6R 未勝利
芝1800m
チカアレグレ
8人気 3着 (単オッズ42.7 倍)
松若騎手

過去3戦は掲示板外(⑦⑧⑧着)だが、小回りの芝2000~2200mだった。前走はスローペースで力み気味で、前残りで展開も不向きだったが、メンバー中3位の上がり34秒5で伸びていたから、直線距離の長い阪神芝外1800mに替わって折り合って運べれば差し込む場面が見られても良さそう。ハーツクライ牝馬は阪神芝外1800mで距離短縮だと[4.1.4.17](複勝率34.6%)。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る