独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年10月)

更新

18年10月28日
東京 12R 三峰山特別
ダ1600m
フォーカード
8人気 3着 (単オッズ20.0倍)
北村友騎手

降級初戦だった前走(⑩着)は4ヶ月ぶりでの8kg増(480kg)だったし、3枠5番で馬群の中で砂を被っていた。ダートはふた桁馬番だと⑤①①着で、その2勝はこのコースの良馬場で挙げていて、現級勝ちした3走前はダイワインパルスも負かしている。中2週での8枠15番で外をスムーズに走れれば変わっても良いはず。サマーバード牡馬はダートでふた桁馬番だと[8.15.10.61](複勝率35.1%)。B

18年10月28日
東京 10R 紅葉S
芝1600m
ダノンアイリス
8人気 3着 (単オッズ38.2倍)
横山典騎手

前走(⑤着)は2ヶ月半ぶりで過去最多体重(12kg増の494kg)だったが、内目を上がり33秒0で走って0秒4差だった。今回は中1週で、中1週は1戦1勝だし、横山典騎手とのコンビはひと桁馬番の時に限ると②③①着で、芝1600mでも連対歴がある。同騎手は東京芝2000m以下のハンデ戦で1枠の時が[3.7.3.12](複勝率52.0%)なので、この距離でもハンデ52kgでの最内枠で我慢が利けば。

18年10月28日
京都 12R 3歳以上1000万下
芝1400m
アルジャーノン
8人気 3着 (単オッズ29.6倍)
松若騎手

前走(⑨着)は馬券圏内のない休み明け(4ヵ月ぶり)だった。中2週以内は出遅れた8走前(⑱着)を除くと⑤④①①②④着で、中2週はプラスのはず。京都芝外1400mは3走前の橘Sでクビ差②着と好走していて、その時の①&③着はマドモアゼル、ゴールドクイーン(その後にバーデンバーデンCで③&②着)。1000万通用の力はあって不思議ないから、変わり身があっても。B

18年10月28日
京都 5R 2歳新馬
芝1600m
メトロポール
4人気 1着 (単オッズ15.1倍)
浜中騎手

ダイワメジャー牝馬は芝の2歳新馬戦で[37.39.39.170](複勝率40.4%)で、現2歳世代に限ると[2.3.3.8](複勝率50.0%)と高確率で好走している。本馬の祖母ウインドシャープは米・芝G1で2勝していて、能力はあって不思議ないし、初戦から好勝負を期待するのは悪くないのでは。スタートを五分に出て流れに乗って運べれば。

18年10月28日
京都 2R 2歳未勝利
芝1600m
ベストタッチダウン
5人気 1着 (単オッズ12.7倍)
松山騎手

デビュー戦(中京芝1400m、⑤着)は出遅れと前残りが重なった中、メンバー中3位の上がり34秒7で伸びて掲示板を確保したから悪くない。ピークトラム(芝6勝)の弟で能力はあって不思議ないし、母タッチザピークの芝3勝は直線平坦コースで、本馬は前走時馬体重が434kgと小柄だから、京都替わりもプラスのはず。スタートを五分に出て展開が合えば。

18年10月28日
新潟 12R 柏崎特別
芝1600m
バルベーラ
10人気 1着 (単オッズ40.0倍)
津村騎手

降級後の近3走は⑪⑦⑤着だが、2~3走前は直線急坂コースで、前走はO型コースでレコード決着になっていた。新潟は今回が初めてだが、直線平坦の芝1600mは1000万以外だと⑫①①着で、一度現級を勝っている。過去4連対はレース上がりが34秒9以上の時で、適度に上がりのかかる今の新潟芝は合いそうだから、この距離で末脚を活かせれば。C

18年10月28日
新潟 11R ルミエールオータムD
芝1000m
ミキノドラマー
7人気 1着 (単オッズ14.1倍)
菊沢騎手

古馬混合OPは初めてで、準OPはこのコースの稲妻S(0秒2差④着)だけだが、その時は馬番4番でグラミスキャッスル(①着)より2kg重い斤量(57kg)を背負っていた。新潟芝直1000mはふた桁馬番だと①②①③着で、7枠13番でのハンデ50kgならここでも侮れないのではないか。ショウナンカンプ産駒は新潟芝直1000mで前走⑤着以内だと[3.1.3.12](複勝率36.8%)。

18年10月28日
新潟 8R 3歳以上500万下
芝2000m
ドラゴンマジック
11人気 3着 (単オッズ25.3倍)
富田騎手

芝2000mは④①④着で、現級では一戦して④着だが、その時は9頭立てで前有利の展開の中、メンバー2位の上がり35秒4を使っていた。今回は14頭立てだが、芝での馬券圏内は13頭立て以上の時で、脚質的にも頭数増でペースアップすればプラスに働きそう。前走(④着)も③着とはクビ差で、状態は悪くなさそうだから、斤量55kgで展開が噛み合えば。

18年10月27日
東京 9R 国立特別
芝1400m
エスターテ
9人気 1着 (単オッズ30.4倍)
松岡騎手

過去10戦は、芝1600mだと[0.2.0.1]で、芝1400mだと[2.2.0.3]。また、6枠以内だと[2.2.0.2]で、7~8枠だと[0.2.0.2]だから、芝1600mで8枠12番だった前走(⑦着)から芝1400mで4枠8番に替わるのは好材料だろう。過去2勝は左回りで挙げていて、母父サンデー系のベーカバド産駒は芝の特別競走で前走から距離短縮だと[2.2.3.9](複勝率43.8%)だから、この条件で上手く脚を溜められれば。

18年10月27日
東京 7R 3歳以上500万下・牝
ダ1400m
フレッシビレ
6人気 2着 (単オッズ16.5倍)
三浦騎手

近2走はどちらも逃げ馬が馬券圏内に残る展開だったが、後方からメンバー中3位の上がり(36秒8~38秒4)で⑤着まで押し上げていて、差す形が板に付いてきた。今回はダート1400mに替わるが、1600m以上で勝ち鞍を挙げたスズカコーズウェイ産駒は本馬だけで、同産駒はダート1400mで[2.1.3.7](複勝率46.2%)と好走率が高い。今回は先行型も複数いるから、流れが合えばワンパンチが利いても。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る