独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年10月)

更新

18年10月27日
京都 8R 3歳以上1000万下
ダ1400m
ヤマニンレジスタ
9人気 3着 (単オッズ31.2倍)
太宰騎手

近2走は1000万で⑩⑬着だが、いずれも休み明けだったし、2走前は内枠(2枠3番)で控えて掛かり気味となり、前走は追い込み決着で展開も厳しかった感じ。ダートは休み明けを除くと①⑥①着で、逃げた時は2戦2勝。初の連闘はプラスに働いても良さそうだし、今回は主張すればハナを切れそうなメンバー構成でもあるから、1F延長でもすんなり逃げられれば。

18年10月27日
京都 7R 3歳以上500万下
芝1600m
インスピレーション
13人気 1着 (単オッズ64.9倍)
太宰騎手

過去7戦は芝2000mだと⑧④⑭着だが、芝1800mだと②②③①着。母サラトガヴィーナスの全3勝は1200m以下で、母母父がダンチヒのハーツクライ産駒というのは芝1600mで5勝しているロジクライと同じだから、マイル替わりはプラスのはず。未勝利勝ちした時はウスベニノキミ(その後に1000万で②着)を下しているし、5ヵ月半ぶりでも自己条件(500万)に戻れば。

18年10月27日
京都 2R 2歳未勝利
ダ1800m
サンライズアカシア
7人気 2着 (単オッズ26.2倍)
藤懸騎手

母カシュカシュは新馬戦が⑨着で、休み明けも[0.0.0.5]と好走歴がなかったが、ダートで中6週以内だと[5.1.1.6]と好成績で、その中には中3週で臨んだデビュー2戦目(②着)も含まれている。デビュー戦(⑩着)は差し込めなかったが、中3週で2戦目となる今回は一変の余地もありそう。エンパイアメーカー牡馬はダートの2歳未勝利戦で中3週以内だと[11.8.8.53](複勝率33.8%)。

18年10月27日
新潟 12R 飛翔特別
芝1000m
アンインジュリー
12人気 1着 (単オッズ38.9倍)
丸田騎手

直線競馬は5走前(⑧着)だけだが、その時は4枠7番で出負けしながらハナに立つスピードを見せていた。今回は中央復帰戦だが、ゼンノロブロイなどの近親だし、ヨハネスブルグ産駒は新潟芝直1000mの500万以上で偶数馬番だと[4.2.1.9](複勝率43.8%)なので、8枠18番からスタートを決めて前に行ければ侮れないのでは。A

18年10月27日
新潟 11R 魚沼特別
芝1800m
レノヴァール
5人気 3着 (単オッズ12.3倍)
北村友騎手

芝1800mは⑤①⑤着で、2走前のスプリングS(⑤着)は出負けしながら③着マイネルファンロン(後に芝1000万勝ち)とタイム差なしの競馬をしている。初の2200mだった前走から距離を短縮されるのは良いはずで、スタートを考えれば偶数馬番(7枠10番)も悪くないはず。10~1月は①④①着で今の時期も悪くなさそうだから、5ヵ月半ぶりでもこの条件ならチャンスがあっても。

18年10月27日
新潟 8R 3歳以上500万下・牝
芝1400m
ケワロス
11人気 1着 (単オッズ69.5倍)
勝浦騎手

直線平坦の芝1400mは①⑤着で、⑤着が現級戦だった2走前だが、その時は8枠12番から先行する時に脚を使わされた感じだった。今回は1枠1番だが、このコースで初勝利を挙げた時が2枠4番で、その時は休み明け(3ヶ月半ぶり)だった。今回のメンバー中、このコースで勝ち鞍があるのは本馬だけだから、約3ヵ月ぶりでも内目をロスなく運べれば。

18年10月27日
新潟 7R 3歳以上500万下・若
ダ1800m
メイショウゴテツ
2人気 3着 (単オッズ5.9倍)
西村騎手

前走(④着)は勝負所で仕掛け遅れた感じだったが、直線で盛り返すように伸びて③着とアタマ差まで詰めた。新潟ダートは①③着で、このコースで初勝利を挙げ、現級でも馬券圏内がある。今回は継続騎乗となる西村騎手が仕掛けどころを工夫してきそうでもあるから、実績あるコースで展開が噛み合えば前進があっても。

18年10月21日
東京 12R 3歳以上1000万下
ダ1600m
ミッキーワイルド
5人気 2着 (単オッズ12.9倍)
北村友騎手

過去5戦は芝だが、レース上がりが33秒7~34秒7だと⑦⑪⑬着で、34秒9~35秒4だと①①着。500kg前後の大型馬で、上がりがかかった方が良さそうで、近親には休み明けでの初ダートで準OPを勝利したジュンヴァルカンがいるから、本馬も3ヶ月半ぶりでの初ダートでも侮れないのではないか。過去2勝は496~502kgで、前走は12kg減の492kgだったので、体が戻っていれば。C

18年10月21日
東京 7R 3歳以上500万下
ダ1400m
ガチコ
6人気 2着 (単オッズ15.2倍)
木幡育騎手

近2走は⑤⑥着だが、ダート1200~1300mで後方からメンバー中最速の上がり(35秒4~35秒8)を計時している。状態は悪くなさそうで、初勝利を良馬場のこのコースで1分25秒9で挙げている馬だから、このメンバー相手でも流れが合えばチャンスが出てきそう。今回は中1週で、プリサイスエンド産駒は東京ダート1400mで中1週以内だと[2.5.7.28](複勝率33.3%)。

18年10月21日
京都 12R 大山崎特別
ダ1200m
ブロンズテーラー
7人気 2着 (単オッズ19.1倍)
柴田未騎手

近4走は馬券圏外(⑧⑤⑧④着)だが、前走は前残りの展開で1~3番人気が馬券圏内を占めた中、メンバー中3位の上がり36秒2を使って良く追い上げていた。ダート1200mでひと桁馬番に入った時は[1.3.6.8]で、このコースの現級戦だと③②③⑧④着(⑧着も0秒5差)と悪くない。今回はハイペースになりそうなメンバーだし、差しの利く展開になれば前進があっても。A

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る