独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2018年12月)

更新

18年12月28日
中山 12R ベストウィッシュC
芝1600m
サンクロワ
8人気 2着 (単オッズ26.0倍)
内田騎手

このコースでの前走(⑤着)は、逃げ馬が早めに垂れて直線入口で先頭に立たされる形だったし、差し決着にもなっていた。それでも0秒3差で、ブリンカー装着の効果が窺えた。開催8日目の芝で[1.1.1.0]と結果を残している馬で、開催初日だった前走より今回の方が馬場は合いそう。内田騎手は中山芝1600mの特別競走で継続騎乗だと[8.6.3.29](複勝率37.0%)なので、流れが合えば粘り込みがあっても。B

18年12月28日
中山 9R YJSFR中山2戦
ダ1800m
パレスハングリー
6人気 2着 (単オッズ13.2倍)
木幡巧騎手

前走(⑪着)は4角で外に膨れた馬のあおりを受けて前が詰まり、追えなくなっていたから参考外だろう。中山ダート1800mでの1000万は前走を除くと⑬③②①着で、馬券圏外は馬体重が18kg増(480kg)だったもの。昨年のこのレースは先行馬にとって厳しい流れの中、4角2番手から③着に粘り込んだ。その時が前走⑬着からの一変だったので、スムーズに走って渋太さを活かせれば。

18年12月28日
阪神 12R ファイナルS
芝1400m
ヤマカツグレース
4人気 2着 (単オッズ12.9倍)
国分恭騎手

降級後は5戦して馬券圏外だが、芝1400mに限ると④⑤着で、2戦とも②着と0秒1差以内で走破している。5連対は馬番7番以内で記録していて、一度現級勝ちした時がこのコースで2枠4番。中4週は②①着と連対を外していないし、3枠5番から上手く立ち回れれば好勝負になっても良さそう。ハービンジャー産駒は芝準OP以上で前走が同級で⑤着以内だと[19.13.13.99](複勝率31.3%)。A

18年12月28日
阪神 12R ファイナルS
芝1400m
サプルマインド
8人気 3着 (単オッズ19.0倍)
岩田騎手

近2走は掲示板外(⑧⑫着)だが、2走前はレース上がり(33秒4)が速く、前走は位置取り(4角13番手)が後ろ過ぎた感じ。芝1400mは近2走と重馬場の時を除くと⑤③②②①①①③着で、③着以内はレース上がりが34~36秒台で4角11番手以内に付けている。阪神芝1400mは2戦2勝と相性も良く、流れに乗って適度に上がりがかかれば変わり身があっても。B

18年12月28日
阪神 11R ベテルギウスS
ダ1800m
マイネルバサラ
8人気 2着 (単オッズ13.0倍)
川田騎手

4歳以降の5連対は中3週以内で記録していて、ダート1800mで中2~3週の時は[3.1.0.1]で、連外は斤量58kgで飛ばして逃げた今年のアンタレスS(⑯着)だけ。昨年のこのレースは④着(②着と0秒2差)と健闘していたし、中2週の今回は昨年以上の結果も望めそう。シニスターミニスター産駒はダートのOP特別で[10.10.6.48](複勝率35.1%)と好走率も高い。

18年12月28日
阪神 8R 3歳以上500万下
芝1600m
メイショウキョウジ
8人気 3着 (単オッズ24.8倍)
秋山騎手

芝は地方を含めて[1.1.3.2]で、芝1800m以下で馬番12番以内だと③③③②①着。メイショウカドマツ(芝5勝)の全弟で、500万通用の力はあって不思議ないし、ダイワメジャー産駒は阪神芝外1600mの500万以上で馬番4番以内だと[4.7.5.30](複勝率34.8%)と好走率も高い。2枠3番からロスなく立ち回れれば好勝負になっても。

18年12月23日
中山 8R キャンドルライト賞
ダ1200m
マンカストラップ
8人気 1着 (単オッズ26.2倍)
大野騎手

前走(⑨着)は過去に好走歴のない左回りだった。馬券に絡んだ7戦は右回りの1200m以下で、中山ダート1200mは[1.1.1.3]で現級での連対歴もある。ダートでの③着以内は12頭立てかふた桁馬番の時に記録しているが、4走前に東京ダート1400mでの現級戦で2枠4番で内目を捌いて0秒2差④着まで差していたから、16頭立てでの3枠5番でも直線で上手く捌ければ台頭はあり得そう。

18年12月23日
中山 8R キャンドルライト賞
ダ1200m
ジオラマ
7人気 3着 (単オッズ13.8倍)
戸崎騎手

近2走は④⑥着だが、2走前はスタートで躓いて後方追走となっていたし、前走は4ヶ月半ぶりだった。それでも前走は0秒4差で、前走時馬体重が524kgという大型馬だから、中6週の今回は叩き2戦目での上積みが大きそう。休み明け2戦目でのダートは、1200~1400mに限ると2戦2勝。ダート1200mでの近4走は、ふた桁馬番だと④⑥着、ひと桁馬番だと①③着でもあるので、4枠7番で上手く捌ければ。

18年12月23日
中山 7R 3歳以上500万下
芝1200m
ハイヤーアプシス
8人気 3着 (単オッズ19.0倍)
C.デムーロ騎手

500万では馬券圏内がないが、中13週以上の時を除くと④④⑥着で、その3戦は芝1400mで0秒2~0秒5差。今回は中8週で、前走は約4ヶ月ぶりでの12kg増(434kg)だったから叩き2戦目の上積みがありそうだし、このコースは初だが、芝1200mで勝ち鞍を挙げていて、中山芝は1600mで③③着だから、相性は悪くなさそう。2走前は最後に前が詰まったので、直線でスムーズに捌ければ。

18年12月23日
阪神 9R 千両賞
芝1600m
マイネルフラップ
11人気 1着 (単オッズ152.3倍)
吉田隼騎手

初の500万となった前走(⑧着)は3枠3番で出遅れ、直線でも前が詰まる場面があった。今回は8枠12番だが、偶数馬番は初勝利を挙げた時だけで、その時はメンバー最速の上がり36秒3で差し切っている。ヴィクトワールピサ牡セン馬は阪神芝で偶数馬番だと[7.4.7.35](複勝率34.0%)なので、この枠でスタートを決めてスムーズなら変わる余地があるはず。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る