独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2019年6月)

更新

19年6月30日
福島 12R 3歳以上1勝クラス(500万下)
芝1200m
ヨークテソーロ
4人気 3着 (単オッズ10.9倍)
木幡育騎手

近3走は中山芝1200mで先行力を見せながら⑥⑩⑨着に敗れているが、福島芝1200mは内から逃げて1戦1勝。小柄な馬で直線平坦コースの方が合いそうで、ダンチヒの4×4というクロスを持つ馬だから、3ヶ月半ぶりでも斤量49kgでスムーズに先行できれば一変があり得そう。道悪馬場で時計がかかれば。B

19年6月30日
福島 11R ラジオNIKKEI賞
芝1800m
マイネルサーパス
9人気 2着 (単オッズ15.4倍)
柴田大騎手

前走(⑪着)は初の2400mで、2~3走前(⑩⑨着)はレース上がりが34秒2~34秒4だった。このコースは1戦1勝で、過去2勝はレース上がりが34秒5~35秒3の時に挙げている。近30年のこのレースで道悪馬場となった2回では父グレイソヴリン系が連対していて、16頭立てだった06年は②~③着が父ミスプロ系だった。本馬は父アイルハヴアナザー×母父タマモクロスなので、上がりがかかれば台頭しても。B

19年6月30日
福島 8R 3歳以上1勝クラス(500万下)
ダ1150m
ケイアイマリブ
6人気 2着 (単オッズ15.8倍)
内田騎手

過去2連対は稍重のダート1400mと良馬場のダート1200mで、近2走(⑩⑦着)は良馬場のダート1400mという条件が合わなかったのではないか。このコースは初だが、キンシャサノキセキ牡馬は福島ダート1150mで[2.4.6.22](複勝率35.3%)と好走率が高い。過去2連対はデビュー戦と休み明けの時なので、2ヶ月ぶりでもこの条件でスピードを活かせれば。

19年6月30日
福島 4R 3歳未勝利
ダ1150m
ホシフルドヒョウ
5人気 2着 (単オッズ7.5倍)
津村騎手

前走(⑧着)は叩き2戦目で300mの距離短縮(1700m→1400m)だったが、2番手で行きたがっていた。それでも残り200mまでは2~3番手争いをしていて、短距離適性は高そう。おじのエアウルフは道悪のダート1600m以下で[1.4.3.0]だったので、本馬も脚抜きの良いダート短距離でスピードを活かせれば。

19年6月30日
福島 3R 3歳未勝利・牝
芝1200m
モダンテイスト
8人気 1着 (単オッズ19.1倍)
木幡育騎手

デビュー戦(⑦着)は既走馬相手での中山芝1600mで、道中で折り合いを付け、最後までバテずに走っていた。今回は芝1200mに替わるが、兄アイビーフォールドの4連対は芝1200mで、インプレスウィナーの近親だから、距離が短くなるのは良さそう。父ルーラーシップ×母父ダンスインザダークで道悪馬場は悪くなさそうだから、3ヶ月半ぶりでもスタートを決めて流れに乗れれば。

19年6月30日
中京 4R 3歳未勝利
芝2000m
メルテール
5人気 3着 (単オッズ11.7倍)
高倉騎手

過去4戦は掲示板外(⑧⑥⑥⑦着)だが、芝2000mは2走前だけで、牝馬限定戦ながら2番手に付けて②着と0秒3差だった。芝2000mに替わるのは好材料だろうし、ダンカーク牝馬は芝で距離短縮だと[2.2.1.8](複勝率38.5%)と好走率も高い。母ジェネロシティーの2連対は道悪芝で記録していたから、道悪ならそれもプラスのはず。

19年6月30日
中京 3R 3歳未勝利・牝
ダ1800m
イルフェソレイユ
7人気 2着 (単オッズ22.0倍)
藤懸騎手

過去3戦は馬券圏外(⑨④⑩着)だが、ダート1800mはこのコースの2走前だけで、2枠4番から逃げて掲示板を確保していた。ダンカーク牝馬は牝馬限定のダートが良馬場だと[0.3.0.17](複勝率15.0%)だが、道悪だと[2.0.2.8](複勝率33.3%)で、道悪ならそれもプラスのはず。小柄な牝馬で仕上げに手間取るタイプでもなさそうだし、2ヵ月半ぶりでもすんなり逃げられれば。

19年6月30日
中京 2R 3歳未勝利
芝1600m
アルディテッツァ
8人気 3着 (単オッズ17.8倍)
藤井騎手

近2走は掲示板外(⑧⑭着)だが、2走前は芝2000mで出遅れて後手に回り、前走(阪神ダート1800m)は初ダートだった。芝1600mは⑤⑤着と掲示板を確保していて、3走前はメンバー中2位の上がり34秒7で③着と0秒1差だった。きょうだい(フラガラッハ、フェルメッツァなど)は芝1600mで[10.2.4.21](複勝率43.2%)と好成績だし、芝1600mなら好勝負になっても。

19年6月30日
函館 10R 檜山特別
ダ1700m
フクノグリュック
10人気 2着 (単オッズ46.9倍)
丹内騎手

ダート2勝クラスは[0.1.0.28]だが、1700mに限ると②⑥着で、斤量57kgでの連対歴がある。近2走はダート1300~1400mが忙しい感じだったが、いずれもメンバー2位の上がりを使っていて、調子は悪くないはず。函館は初めてだが、ダンスインザダーク牡セン馬は函館ダート1700mで[9.9.18.64](複勝率36.0%)だから、この距離でハンデ54kgなら上位進出があっても。

19年6月30日
函館 2R 3歳未勝利・牝
ダ1000m
カーヴィー
6人気 3着 (単オッズ19.8倍)
亀田騎手

デビュー戦(福島芝1200m、⑧着)は上がり35秒6で伸び切れず、芝では切れ味不足の印象だった。今回はダートに替わるが、母アーリーアメリカン、兄姉のイーグルフェザー、コロニアルスタイルは中央ダートで3~5勝を挙げていて、適性はありそう。ハーツクライ産駒はダート1000mで[2.3.4.15](複勝率37.5%)だから、斤量51kgで適度に上がりがかかれば台頭があっても。

2019年

2018年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る