独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2019年9月)

更新

19年9月28日
阪神 8R 3歳以上1勝クラス
ダ1800m
キングスクロス
6人気 2着 (単オッズ21.6倍)
藤岡康騎手

藤岡康騎手とコンビを組んだ近4走は札幌&函館で⑥④④④着だが、いずれも③着とは0秒3差以内で、4戦中3戦でメンバー2位以内の上がりを使っていた。このコースは初めてだが、6走前の現級②着は阪神ダート1400mで、脚質的に直線急坂コース替わりはプラスに働きそう。エンパイアメーカー牡セン馬は阪神ダート1800mの1勝クラス以上で[7.6.10.52](複勝率30.7%)なので、決め手を活かせる展開になれば。

19年9月28日
阪神 2R 2歳未勝利
芝1200m
グランフェスタ
7人気 1着 (単オッズ17.1倍)
菱田騎手

過去4戦は馬体重が420kg→422kg→424kg→430kgで、体を増やしながら⑦⑦⑤④着と着順を上げている。前走(阪神芝1400m)は5枠5番で序盤の行き脚が付かなかったが、最後まで脚を使って③着とクビ差まで詰めた。スタートを考えると偶数馬番(2枠2番)替わりは良さそうだから、スムーズに立ち回れれば前走以上があっても良さそう。

19年9月22日
中山 12R 3歳以上2勝クラス(1000万下)
ダ1200m
ミスパイロ
4人気 2着 (単オッズ7.1倍)
横山典騎手

近2走(⑥④着)は馬番3~4番で内を通る形になったが、メンバー3位以内の上がりを使っていた。過去3勝は馬番9番より外枠の時で、ダート2勝クラスで8枠だと⑥②②着だから、8枠16番に入ったのは好材料だろう。横山典騎手とのコンビでもこのコースで現級③着があり、パイロ牝馬はダート1200mで大外枠だと[4.4.2.17](複勝率37.0%)だから、外目をスムーズなら。B

19年9月22日
中山 11R オールカマー
芝2200m
スティッフェリオ
4人気 1着 (単オッズ11.2倍)
丸山騎手

近2走(⑦⑦着)はG1での斤量57~58kgだった。重賞で56kg以下だと④①着で、④着時がこのコースのセントライト記念だが、その時は15頭立ての大外枠から先行する時に脚を使わされた感じだった。右回りの14頭立て以下はG1以外だと②①⑥①③③①⑤②①①着だから、少頭数競馬で先行力を活かせれば。ステイゴールド牡セン馬は中山芝の重賞で前走から斤量減だと[9.1.6.28](複勝率36.4%)。B

19年9月22日
中山 10R 内房S
ダ1800m
ブライトンロック
12人気 3着 (単オッズ49.7倍)
武藤騎手

近3走は⑥⑫⑥着だが、3走前は12頭立てで出遅れながらメンバー3位の上がり36秒8を使っていて、近2走は1600mだった。今回は15頭立てで3枠5番だが、ダート1800mの現級戦で15頭立て以上だと[1.1.2.3]で、馬番12番以内の時に限ると②①③⑥着。このコースでは斤量57kgで一度現級を勝っているから、ハンデ56kgで決め手を活かせる流れになれば。

19年9月22日
中山 7R 3歳以上1勝クラス(500万下)
芝1600m
アピールバイオ
6人気 3着 (単オッズ35.1倍)
木幡巧騎手

前走(中山芝1800m、④着)は直線で一旦3番手に上がったが、最後に交わされて②着とは0秒1差だった。中山芝1600mの現級戦は木幡巧騎手とのコンビで③③着で、前走の内容なら距離短縮がプラスに働いても良さそう。過去の馬券圏内は4角3番手以内の時で、この距離で先行力を活かせれば侮れないのではないか。木幡巧騎手は芝1600mで牝馬に継続騎乗だと[1.3.5.19](複勝率32.1%)。

19年9月22日
阪神 10R 西宮S
芝2000m
シャルルマーニュ
4人気 3着 (単オッズ8.9倍)
武豊騎手

近6走は掲示板外だが、現級通用の力は7走前(②着)に証明している。今回は[1.3.1.0]と相性の良い武豊騎手に乗り替わるし、休み明けは②①着と鉄砲も利くから(今回は4ヵ月半ぶり)、ここで変わり身を期待するのは悪くないはず。③着以内の8戦は12頭立て以下で、ヴィクトワールピサ産駒は10頭立て以下の阪神芝2000mで[2.3.0.7](複勝率41.7%)と好走率も高い。

19年9月22日
阪神 6R 3歳以上1勝クラス(500万下)・牝
ダ1400m
ラタンドレス
10人気 2着 (単オッズ47.2倍)
秋山騎手

近2走は掲示板外(⑬⑨着)だが、2戦とも牡牝混合戦だった。牝馬限定のダート1400mは[0.2.0.3]で、今年に限ると②⑧②着。二度の②着は連闘と中1週で、いずれもひと桁の偶数馬番だったから、連闘も4枠4番という枠順も悪くないのでは。エンパイアメーカー産駒は阪神ダート1400mで偶数馬番だと[12.8.10.68](複勝率30.6%)と好走率も高い。

19年9月22日
阪神 2R 2歳未勝利・牝
芝1400m
フィナールショコラ
7人気 3着 (単オッズ13.3倍)
和田騎手

デビュー戦(阪神芝外1600m)は④着だったが、レース上がり(33秒5)が速くて前が止まらない展開だったし、自身はメンバー中3位の上がり33秒6で伸びていたから悪くない。ゴールデンチケット、ロワジャルダンの妹で、能力はあって不思議ないし、ストロングリターン産駒は芝の未勝利戦で前走④着以内だと[4.6.5.22](複勝率40.5%)と好走率も高い。阪神芝1400mで適度に上がりがかかれば。

19年9月21日
中山 11R ながつきS
ダ1200m
ラインシュナイダー
10人気 3着 (単オッズ42.0倍)
藤井騎手

前走(阪神ダート1400m)は11番人気での③着だったが、9~10月は6ヵ月半ぶりだった一戦を除くと[1.4.1.0]で、今の時期は調子が上がるのではないか(今回は中1週)。ダート1200mは初めてだが、前走は先行して直線半ばで先頭に立つ場面があり、対応できるスピードがありそう。馬券圏外→圏内の次走は⑦②②②②⑤②着だから、ここで連続好走を期待するのは悪くないはず。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る