独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2020年3月)

更新

20年3月21日
中山 11R 千葉S
ダ1200m
ノーフィアー
10人気 2着 (単オッズ28.3倍)
江田照騎手

前走の準OP勝ちは7番人気でハナ差だったが、前半3F33秒5の流れを手応え良く好位のインで進み、直線で抜け出した後に他馬に迫られたもの。中山ダート1200mは1~5枠だと[4.1.0.4]で、OPの流れでもハンデ54kgで好位に付けられれば侮れなさそう。今回は中2週で、カネヒキリ産駒はJRAのダートOPで中3週以内の臨戦だと[6.4.3.17](複勝率43.3%)。

20年3月21日
中山 11R 千葉S
ダ1200m
ジャスティン
2人気 1着 (単オッズ5.1倍)
坂井瑠騎手

ダートはハナを切った時が[2.2.0.0]で、4角6~9番手だと⑨⑦着。前走の大和S(⑦着)は出負けして中団追走となっていたし、初の重馬場のダートだった。3走前(②着)にこのコースの良馬場で逃げて1分9秒9で走破していて、父オルフェーヴル×母父Gone West×母母父ストームキャット系という配合だから、偶数馬番に替わってハナを奪えれば巻き返しがあり得そう。

20年3月21日
中山 2R 3歳未勝利
ダ1200m
アイアムイチオシ
6人気 1着 (単オッズ17.9倍)
小林脩騎手

過去3戦は④⑦④着だが、良馬場のダートは4ヶ月ぶりだった前走だけで、前走は4枠8番で包まれる位置に入って仕掛け遅れていた。前走時馬体重が528kgという大型で、中2週の今回は上積みがあるだろうし、大外枠替わりも良いはず。ヘニーヒューズ産駒は中山ダート1200mで8枠だと[5.2.1.10](複勝率44.4%)だから、包まれずに走れれば。

20年3月21日
中山 1R 3歳未勝利・牝
ダ1800m
ミスヒアリング
6人気 3着 (単オッズ17.1倍)
丸山騎手

過去6戦で[0.0.1.5]だが、右回りは③着に好走した3走前(中山芝2000m)だけ。その時は重馬場の芝で、ダートは4走前に新潟(1800m)で⑩着に敗れているが、スタート直後に寄られて後方追走となっていた。、姉のスヴァラッシーとウインドストリームの中央での勝ち鞍はダートで、大型の体型を考えても上がりのかかるコースは悪くなさそうだから、スタートを決められれば。

20年3月21日
阪神 5R 3歳未勝利
芝1600m
カレンシュトラウス
9人気 3着 (単オッズ48.2倍)
池添騎手

平田厩舎の牡セン馬は阪神芝のデビュー戦で[4.6.2.21](複勝率36.4%)と高確率で好走している。今回は既走馬相手のデビュー戦になるが、3月18日の栗東坂路で4F53秒6-3F39秒6を計時していて、仕上がりも悪くなさそうだし、母がアグネスワルツ(オークス③着)で、母父ゼンノロブロイのルーラーシップ産駒は芝で[8.14.10.54](複勝率37.2%)なので、この舞台でも侮れないのでは。

20年3月21日
阪神 1R 3歳未勝利・牝
ダ1800m
リピネ
7人気 3着 (単オッズ23.9倍)
藤井騎手

ダート替わりの前走(⑥着)は先行失速となったが、勝ち馬に早めに来られる厳しい流れで③着とは0秒1差だった。全姉プリカジュールはダート2戦目で初めて馬券圏内に入っていて、本馬は前走時馬体重が500kgと大型だから、阪神替わりが悪くなさそう。アーネストリー産駒はダートで前走ひと桁着順だと[5.5.5.29](複勝率34.1%)だから、マイペースなら。

20年3月20日
中山 5R 3歳未勝利・牝
芝1800m
ナンヨーショウエイ
10人気 3着 (単オッズ45.8倍)
藤田菜騎手

近4走は馬券圏外だが、いずれも牡牝混合戦だった。牝馬限定戦はデビュー戦(札幌芝1500m)だけで、その時は斤量54kgでハナに立って③着に粘っている。小柄なタイプで、減量特典(◇2kg)での斤量52kgは良さそうだし、近親馬は芝1800mで[5.10.6.40](複勝率34.4%)と好走率が高いから、この距離でも牝馬同士でスムーズなら。

20年3月20日
阪神 11R 尼崎S
芝2200m
ミスディレクション
5人気 1着 (単オッズ9.4倍)
太宰騎手

昨年の尼崎S(⑤着)は向正面でオウケンブラックが進出してきてマイペースで逃げられず、①着メールドグラース、②着センテリュオ、③着カフジプリンスで相手も強かったが、③着とは0秒3差だった。4角先頭の時は[4.2.3.6]で、現級戦でも③④⑤②⑥着と好走歴があるから、すんなり逃げられれば昨年以上の結果も期待できそう。

20年3月20日
阪神 9R さわらび賞
芝1200m
カバジェーロ
2人気 1着 (単オッズ5.4倍)
鮫島駿騎手

近2走は掲示板外(⑨⑦着)だが、2走前は芝1600mの重賞、前走は外枠(8枠10番)で出遅れて外を回らされて追い込み切れなかったもの。今回は芝1200mも馬番7番以内も初となるが、ロードカナロア産駒は芝1200mで1枠だと[10.2.5.31](複勝率35.4%)と好走率が高い。今回の条件でスタートを決めて流れに乗れれば変わっても。

20年3月20日
阪神 9R さわらび賞
芝1200m
ヒバリ
10人気 2着 (単オッズ22.0倍)
福永騎手

近3走は馬券圏外(⑭⑤⑰着)だが、3走前は鼻出血を発症していたようで、2走前は折り合いを欠き、前走は最内枠で出遅れてハイペースで逃げて失速したもの。デビュー戦は福永騎手とのコンビで差す競馬で勝利していて、実績ある鞍上で折り合って運べれば変わり身があっても。福永騎手は阪神芝1200mの特別競走で馬番6番以内だと[5.8.3.27](複勝率37.2%)と好成績でもある。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る