独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2020年3月)

更新

20年3月20日
阪神 4R 3歳未勝利
ダ2000m
ウインダークローズ
6人気 1着 (単オッズ13.8倍)
国分優騎手

ダートはデビュー戦(阪神ダート1400m、⑫着)以来だが、距離不足だった感じだし、ダッシュがつかず後方追走となって流れにも乗れていなかった。父ロージズインメイ×母父スペシャルウィーク×母母父ジェイドロバリーという配合から、ダート中距離には適性があっても不思議ない。6走前(京都芝外1800m、重)は逃げて②着に粘っていたので、今回の舞台で逃げられれば。

20年3月15日
中山 12R 4歳以上2勝クラス
ダ1200m
カシノブレンド
9人気 3着 (単オッズ30.5倍)
西田騎手

前走(⑩着)は初騎乗の鞍上での3枠5番で出負けして、流れに乗れていなかった。過去13戦は、ひと桁馬番だと[0.0.1.4]、ふた桁馬番だと[2.1.0.5]で、2勝は馬番14番で挙げている。初勝利を挙げた時が西田騎手で、同騎手との2走前(⑥着)は直線半ばで挟まれる不利を受けていた。右回りや道悪ダートでも好走歴はあるので、スムーズに走れれば。A

20年3月15日
中山 9R スピカS
芝2000m
ワイプティアーズ
7人気 1着 (単オッズ14.0倍)
武藤騎手

2戦連続での馬券圏内がない馬で、前走(⑨着)は2ヶ月ぶりでの定量戦だったし、直線で前が詰まっていた。大型馬だが、現級での馬券圏内はハンデ54~55kgの時で、道悪芝は③①①⑥着で2000mでも好走歴があるから、中4週でのハンデ55kgで噛み合えば巻き返しが期待できそう。ダイワメジャー牡馬は中山芝2000mで道悪馬場だと[3.3.1.9](複勝率43.8%)。

20年3月15日
阪神 11R フィリーズレビュー
芝1400m
ナイントゥファイブ
12人気 3着 (単オッズ45.9倍)
松田騎手

過去4戦は直線距離の長い芝1400~1600mでレース上がりが34秒0~34秒4だと⑦④着だが、直線距離の短い芝1200~1400mでレース上がりが35秒0~35秒2だと②①着。①着はこのコースで、過去10年のフィリーズレビューのレース上がり34秒9~36秒7だから、適性はこのレース向きのはず。②①④着と相性の良い松田騎手で3枠6番から上手く立ち回れれば。C

20年3月15日
阪神 2R 3歳未勝利
ダ1200m
タガノオボロ
7人気 3着 (単オッズ25.3倍)
鮫島駿騎手

過去3戦は③⑪⑫着で、2走前は芝1400mで逃げて失速し、前走はスタートで躓いて後方からになっていた。デビュー戦は京都ダート1200mで先行して粘り込んでいたから、ダート1200mでスタートを決めて先行できれば巻き返しも可能のはず。安田隆厩舎のロードカナロア産駒はダートで[14.16.8.37](複勝率50.7%)と好走率も高い。

20年3月15日
中京 11R 金鯱賞
芝2000m
ダイワキャグニー
6人気 3着 (単オッズ24.3倍)
内田騎手

前走(⑦着)は逃げ失速となったが、2ヵ月ぶりでの斤量58kgだった。今回は中5週で、左回りの芝2000mは中8週以内だと①④①着。左回りは13頭立て以下だと①①①④⑦④①着で、脚質的に頭数減(14→12頭立て)も良いだろうから、ブリンカー装着で先行力を活かせる展開になれば侮れないのでは。キングカメハメハ産駒は中京芝2000mの重賞で[4.4.4.22](複勝率35.3%)。B

20年3月15日
中京 11R 金鯱賞
芝2000m
サトノソルタス
8人気 2着 (単オッズ41.2倍)
藤岡康騎手

前走の中日新聞杯(0秒4差⑤着)は直線半ばまで包まれて満足に追えなかった。前走を含めて中京芝2000mは中4週以内で⑦⑤着だが、休み明けは芝2000m以下だと②③①着。過去の③着以内は12頭立て以下の時で、3ヵ月ぶりでスムーズに走れれば変わる余地があるはず。ディープインパクト産駒は中京芝の重賞で前走⑤着以内だと[9.6.4.29](複勝率39.6%)。A

20年3月15日
中京 10R 沈丁花賞
ダ1800m
マカオンブラン
9人気 1着 (単オッズ45.0倍)
松若騎手

前走(中山ダート1800m、⑪着)はハイペースで逃げた馬を追いかける形になり、勝負所で息切れした感じだった。中京ダート1800mは松若騎手とのコンビで初勝利を挙げた2走前だけで、今回のメンバー中、このコースで勝ち鞍があるのは本馬だけ。松若騎手は中京ダート1800mで2枠以内だと[4.3.5.21](複勝率36.4%)だから、実績のあるコース&鞍上で流れが合えば。

20年3月15日
中京 9R 4歳以上1勝クラス
芝1400m
スキップ
14人気 1着 (単オッズ61.7倍)
松若騎手

前走(小倉芝1200m、⑨着)は勝負所での反応が鈍く後方に置かれたが、前残りの展開の中で②着とは0秒3差だった。中京芝での現級の2戦は1200mで⑤⑤着だが、前走を見ても現級では1200mだと忙しい印象で、距離延長がプラスに働く可能性がありそう。半姉ディアボレットはこのコースで1勝クラスを勝っているから、本馬もここで差しの利く流れになれば。

20年3月15日
中京 6R 4歳以上1勝クラス・牝
ダ1400m
デルマシャンパン
8人気 2着 (単オッズ24.7倍)
田辺騎手

前走(小倉ダート1700m)は勝負所で窮屈そうな感じだったが、メンバー3位の上がり38秒3で④着まで押し上げた。8走前の現級②着はダート1400mで、その時は牡馬相手で4角2番手から粘り込んでいる。距離短縮&広いコースに替わるのは良さそうで、田辺騎手は中京ダート1400mで[2.1.4.15](複勝率31.8%)なので、牝馬同士でスムーズなら。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る