独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2020年8月)

更新

20年8月29日
札幌 4R 3歳未勝利
ダ1700m
ブライトオーシャン
10人気 3着 (単オッズ41.7倍)
勝浦騎手

近2走(⑩⑨着)は左回りのダートで、右回りはデビュー戦(中山ダート1800m、③着)以来になる。その時は稍重馬場で勝ち馬から1秒6差と離されたが、大型馬で順調に使われている今回(中4週)の方が良さそうで、マジェスティックウォリアー牡セン馬は休み明け2戦目でのダートが[4.6.3.21](複勝率38.2%)でもある。5ヶ月ぶりだった前走を使われて粘りが増せば。

20年8月29日
札幌 3R 3歳未勝利・牝
ダ1000m
シゲルハクチョウザ
8人気 3着 (単オッズ26.5倍)
加藤祥騎手

キャリア9戦で馬券圏内がなく、ダート1000mは小倉で2戦して⑤⑧着だが、その2戦は重馬場だった。ダート1000mでのヘニーヒューズ牝馬は、重~不良馬場だと[0.1.1.13]だが、良~稍重馬場だと[7.2.4.29](複勝率31.0%)で、札幌&函館に限れば[7.2.3.21](複勝率36.4%)。本馬は母父がダンスインザダークなので、乾いたダート1000mならチャンスが出てきても。

20年8月23日
新潟 12R 3歳以上1勝クラス
ダ1800m
ゼヒニオヨバズ
6人気 1着 (単オッズ17.9倍)
江田照騎手

昇級初戦の前走(福島ダート1700m、⑮着)は約11ヵ月ぶりで、大外枠からハナに立つまでに脚を使っていた。今回は4枠6番で、新潟ダート1800mはひと桁馬番で④①着で、初勝利を挙げた時は逃げ切って3馬身差を付けている。大型馬で、中4週の今回は上積みがありそうだし、今回のメンバー中、このコースで勝ち鞍があるのは本馬だけだから、実績のあるコースで行き切れれば。B

20年8月23日
新潟 8R 3歳以上1勝クラス
芝2400m
ブルースカイハーツ
6人気 3着 (単オッズ23.0倍)
嶋田騎手

このコースでの前走(⑤着)は4ヵ月半ぶりでの7枠14番で位置取りが悪くなったが、③着と0秒2差まで詰めた。現級で6回の馬券圏内は中10週以内の時で、中3週の今回は上積みがありそう。新潟芝は馬番10番以内だと①③②③③⑦着で、馬券圏内の5戦は4角5番手以内だったから、2枠2番からある程度の位置に付けられれば前進があっても。

20年8月23日
新潟 4R 3歳未勝利
芝2000m
アースブレイブ
8人気 1着 (単オッズ20.3倍)
丸田騎手

前走(福島芝2000m、⑬着)は3枠5番で内を通る形になり、勝負所で包まれて最後方まで下がっていた。今回は7枠14番で、左回りはふた桁馬番だと⑥④着で、④着時(東京芝1800m)は③着と0秒1差だった。丸田騎手は新潟芝のO型コースで父サンデー系の牡セン馬に騎乗だと[4.3.2.19](複勝率32.1%)だから、スムーズに捌ければ一変があっても。

20年8月23日
小倉 12R 3歳以上1勝クラス・牝
芝1800m
ノブフランクリン
13人気 3着 (単オッズ50.5倍)
泉谷騎手

7戦目の前走で初勝利を挙げた馬だが、馬場を1周するO型コースは前走(京都芝2000m)だけで、前走は先行馬を見る位置に付けて差し切った。サクラバクシンオーのめいだが、メイショウサムソン産駒で中距離の方が流れに乗りやすいのだろう。同牝駒は芝の昇級戦で前走から斤量減だと[4.4.2.18](複勝率35.7%)だから、約4ヶ月ぶりでも斤量49kgで流れに乗れれば。C

20年8月23日
小倉 10R 薩摩S
ダ1700m
ジェミニズ
16人気 3着 (単オッズ44.1倍)
中井騎手

ダート3勝クラスでは[0.1.0.5]だが、馬券圏外の5戦は重~不良馬場と初の中山で馬体重が12kg増(528kg)だった。中央ダートでの8連対は良~稍重馬場で、直線平坦の中央ダート1700~1800mで良~稍重馬場だと[1.3.1.4]で掲示板外は一度。5走前に福島ダート1700mで斤量57kgで現級②着となっていて、このコースでも連対歴があるから、乾いた馬場でのハンデ54kgなら。

20年8月23日
小倉 10R 薩摩S
ダ1700m
スマートセラヴィー
8人気 1着 (単オッズ15.5倍)
藤岡康騎手

過去の③着以内は斤量54~55kgの時で、ダート1700mは54~55kgで4戦して⑤①①④着。このコースは4走前(④着)だけだが、その時は2枠3番で包まれ、スムーズに走れず②着グアンと0秒2差だった。ダートでは馬番3番以内だと馬券圏内がない馬で、直線平坦のダートでふた桁馬番だと2戦2勝だから、5枠10番でのハンデ54kgなら見限れなさそう。

20年8月23日
小倉 8R 3歳以上1勝クラス
ダ1700m
メイショウハリオ
7人気 3着 (単オッズ19.2倍)
菱田騎手

過去3戦は、偶数馬番で①着、奇数馬番で⑤⑩着。前走は出遅れたが、過去3戦はメンバー中1~2位の上がり(35秒7~38秒5)を計時していて、勝ち鞍を挙げたダート1700mで偶数馬番に戻ってスタートが決まれば侮れない面がありそう。父パイロ×母父サンデー系の牡馬はダート1700mで偶数馬番だと[4.4.1.16](複勝率36.0%)。

20年8月23日
小倉 7R 3歳以上1勝クラス
芝1200m
メイショウラバンド
8人気 3着 (単オッズ21.6倍)
太宰騎手

9歳馬だが、今年は良馬場の芝だとメンバー中3位以内か33秒9という上がりを計時していて、前走(⑤着)は3枠3番で直線で内を突いて前が詰まっていた。馬番5番以内では馬券圏内がない馬で、6枠12番替わりは悪くないだろうし、小倉芝1200mは7~8月の時に限ると現級で③②②③⑤②着だから、流れが合えば台頭があり得そう。太宰騎手とのコンビでも好走歴がある。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る