独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2020年11月)

更新

20年11月29日
東京 11R ウェルカムS
芝2000m
ギャラッド
11人気 3着 (単オッズ65.0倍)
横山武騎手

過去3勝は左回りの芝で良~稍重の時で、2~4走前(⑤⑩⑪)は右回りで、前走は不良馬場だった。左回りの芝で良~稍重の時は③①④①①⑦着で、メンバー中3位以内(32秒7~35秒2)か33秒4という上がりを計時している。今回は5ヶ月半ぶりだが、ノーザンファーム生産のディープインパクト産駒は東京芝2000mの特別競走で休み明けだと[8.9.8.25](複勝率50.0%)なので、大幅な馬体増がなければ。

20年11月29日
東京 7R 3歳以上2勝クラス
ダ1400m
オルクリスト
9人気 3着 (単オッズ37.2倍)
大野騎手

近2走は⑥⑯着だが、重~不良馬場だった。過去5連対は良馬場のダートで、良馬場の東京ダートは②①③⑧②着。ふた桁着順の次走でも好走歴があるし、今回は先行型が揃っていて流れも向きそうだから、中6週での乾いた馬場で走る気が戻れば一変があり得そう。2勝は偶数馬番で挙げていて、トゥザグローリー牡馬は中8週以内でのダートで偶数馬番だと[4.15.13.69](複勝率31.7%)。

20年11月29日
東京 1R 2歳未勝利
ダ1600m
ゴーストレート
9人気 1着 (単オッズ25.2倍)
菊沢騎手

祖母オレンジブロッサムの③着以内は1000~1800mで、母レッドリップスの③着以内は1200mだったから、新潟芝2000mでのデビュー戦(⑨着)は距離が長かったのだろう。母はダートで初勝利を挙げていて、社台ファーム生産のエイシンフラッシュ牡セン馬はダートの平場戦で[7.5.6.42](複勝率30.0%)なので、約3ヶ月ぶりでも東京ダート1600mでスムーズに先行できれば。

20年11月29日
阪神 10R 立雲峡S
芝1600m
アルティマリガーレ
5人気 2着 (単オッズ11.3倍)
和田竜騎手

3勝クラスは近4走で⑥③⑫⑤着だが、重馬場や休み明けで走ったもの。芝は良~稍重で中6週以内だと②①①着で、中1週で臨む良馬場の阪神芝外1600mなら近4走以上の結果も期待できそう。馬番7番より外枠は⑧⑥③⑫着だが、馬番6番以内は①②①①⑤着で、5枠5番も好材料のはず。和田竜騎手とのコンビでも好走歴がある。

20年11月29日
阪神 4R 3歳以上1勝クラス
ダ1400m
イルミネーター
8人気 1着 (単オッズ14.4倍)
水口騎手

ダートは1700~1800mで[1.0.2.6]だが、現級では④⑪⑤⑤⑦着と馬券圏外が続いている。集中力に課題があるようで、現状だと距離が長いのでは。トーセンブライト牡セン馬はダートで前走から距離短縮だと[3.5.8.22](複勝率42.1%)と好走率が高く、今回の条件は良さそうだから、1枠2番からスムーズに運べれば変わり身があっても。

20年11月29日
阪神 4R 3歳以上1勝クラス
ダ1400m
ポンペイワーム
4人気 3着 (単オッズ8.6倍)
吉田隼騎手

ダートは①⑫⑯③⑪③⑫着で、馬券圏内かふた桁着順という成績だが、良~稍重で偶数馬番に入った時は①③③着。石坂正厩舎の牡セン馬は阪神ダート1400mの1勝クラス以上で[15.13.8.59](複勝率37.9%)で、休み明けでも連対歴があるから、2ヵ月半ぶりでも2枠4番から砂を被らずに運べれば巻き返しがあっても。

20年11月28日
東京 11R キャピタルS(L)
芝1600m
ミラアイトーン
9人気 3着 (単オッズ28.3倍)
横山和騎手

前走(⑬着)は3ヶ月ぶりでの初ダートで、スタートで躓いた。今回は初の連闘だが、3走前(②着)が中1週で、中4週以内は⑧①①②着(⑧着は重賞)だから間隔が詰まることは悪くないはず。芝1800m以下は良馬場で馬番8番以内だと①①①①①③⑤②着で、4走前(⑤着)は18頭立てでの斤量57kgで③着と同タイムだったので、13頭立てでの斤量56kgで最内枠からスムーズに先行できれば。

20年11月28日
東京 10R 銀嶺S
ダ1400m
ロジヒューズ
9人気 3着 (単オッズ24.9倍)
内田騎手

前走(⑪着)は好走歴のない1200mで、ペースも速すぎた。過去3勝は東京ダート1300~1600mで、距離延長は良いはずで、ブリンカー装着での3走前はメンバー中最速の上がり34秒6を計時した。休み明けやふた桁着順の次走でも連対歴があり、父ヘニーヒューズ×母父サンデー系の馬は東京ダート1400mで[10.9.6.50](複勝率33.3%)だから、3ヶ月半ぶりでも決め手を活かせる流れなら。

20年11月28日
東京 9R カトレアS
ダ1600m
プルスウルトラ
7人気 3着 (単オッズ35.8倍)
大野騎手

初の連闘で初ダートだった前走は道中が忙しそうで後方追走となったが、砂を被りながらも直線でメンバー中最速の上がり36秒6を計時して⑤着まで追い上げた。ディスクリートキャット産駒はエアハリファなどがいてダートの方が好走率が高く、14頭立て以下のダートで良馬場だと[6.4.3.19](複勝率40.6%)。中1週での距離延長のここで流れに乗れれば差し込めても。

20年11月28日
東京 7R 3歳以上1勝クラス
芝2400m
アイブランコ
7人気 3着 (単オッズ16.9倍)
内田騎手

現級では⑨③⑨⑥着だが、4走前は好走歴のない休み明けで、2走前は10kg増での過去最多体重(514kg)、前走は好走歴のない右回りだった。2走前を除くと左回りの芝で中2週以内だと③④②①③着で、2000mを超える距離の経験はないが、父がサドラーズウェルズ系の愛ダービー馬で、母父がシンボリクリスエスなら、2400mをこなすスタミナもありそう。中1週で体が増えていなければ。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る