独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2021年12月)

更新

21年12月19日
中山 11R ディセンバーS(L)
芝1800m
ローザノワール
6人気 1着 (単オッズ18.0倍)
田中勝騎手

芝は7戦して馬券圏内がないが、右回りのO型コースの芝は2走前(クイーンS、⑥着)だけで、早めに動いて最後に交わされたものの0秒4差だった。今回のメンバーならマイペースで行ける可能性がありそうで、直線に坂のあるコースでも勝ち鞍があるし、ふた桁着順の次走でも2勝を挙げている。マンハッタンカフェ産駒は中山芝1800mの特別競走で[8.12.8.62](複勝率31.1%)。

21年12月19日
阪神 12R 御影S
ダ1400m
ソーラーフレア
12人気 3着 (単オッズ55.1倍)
国分優騎手

ダートは近7走で⑦②⑨③⑫⑩④着で、そのうち、阪神ダート1400mは6走前(②着)だけ。その時は定量戦(57kg)で4枠8番から前寄りに付けて内目から脚を伸ばしていたから、ハンデ55kgで4枠7番から同じ競馬ができればチャンスがありそう。前走が④~⑨着だった次走は[3.2.1.3]と馬券圏内まで巻き返すケースが多く、ダートに限ると②③着。A

21年12月19日
阪神 10R 六甲アイランドS
芝1400m
タンタラス
5人気 1着 (単オッズ11.1倍)
C.デムーロ騎手

3勝クラスでの近4走は⑪⑤⑤⑥着だが、いずれも0秒5~0秒6差で、前走も②着とは0秒1差だったから通用する力はありそう。先行力があるので、初の芝1400mはプラスに働いても良さそうだし、ノーザンファーム生産のキングカメハメハ牝馬は阪神芝1400mで[3.3.4.19](複勝率34.5%)と好走率も高い。1戦1勝のC.デムーロ騎手で上手く立ち回れれば。

21年12月19日
阪神 9R 高砂特別
ダ1200m
パイプライン
8人気 3着 (単オッズ33.8倍)
岩田康騎手

2勝クラスでの近3走は⑫⑧⑧着だが、いずれも休み明け(中9~43週)で出遅れて4角8番手以下からとなっていた。ダート1300m以下は中4週以内だと③⑥①①着で、いずれも4角7番手以内に付けている。1勝クラスで勝利した時はマティアス(現3勝クラス)を下していたし、中1週でスタートが決まれば上位進出があっても。

21年12月19日
阪神 4R 2歳未勝利
芝1600m
デルマグレムリン
13人気 1着 (単オッズ142.9倍)
戸崎騎手

このコースのデビュー戦(⑥着)は出遅れて後方からとなり、直線で前が壁になって追い出しを待たされる場面もあったが、馬群を捌いて0秒4差まで追い上げていたから悪くない。戸崎騎手は阪神芝外1600mで偶数馬番の馬に騎乗だと[4.5.6.19](複勝率44.1%)だから、この鞍上で5枠10番からスムーズに運べれば前進があっても。

21年12月19日
阪神 2R 2歳未勝利
ダ1200m
アルムブラーヴ
9人気 3着 (単オッズ36.9倍)
鮫島駿騎手

過去3戦は芝1200mで、決着時計が1分9秒台だと⑫⑧着だが、1分11秒台だと②着。時計がかかる分、ダート替わりはプラスだろうし、近親馬(タガノロックオン、タガノジンガロ、タガノクリスエスなど)は中央のダートで[29.33.21.112](複勝率42.6%)だから適性もあって不思議ない。スタートを決めて砂を被らない位置で運べれば。

21年12月19日
中京 11R 三河S
ダ1800m
スズカパンサー
10人気 3着 (単オッズ30.0倍)
小崎騎手

3勝クラスでは⑨⑬⑫着だが、いずれも16頭立てで、中京ダート1800mでの3走前はハナに立ったが差し決着に遭っていた。今年は15頭立て以下だと③②⑤③③③①④①着で、このコースでも勝ち鞍がある。休み明けでも馬券圏内があり、小崎騎手は中京ダート1800mで馬番11番より外枠だと[3.2.4.16](複勝率36.0%)だから、6枠11番から流れが合えば。

21年12月19日
中京 9R 3歳以上1勝クラス・牝
芝2000m
アトミックフレア
9人気 1着 (単オッズ19.5倍)
泉谷騎手

このコースの前走(⑤着)は3ヶ月半ぶりでの7枠14番で後方に控え、メンバー3位の上がり35秒1で0秒4差まで詰めた。今回は1枠2番で、直線急坂コースでのひと桁の偶数馬番はデビュー勝ちした時(阪神芝外1600m)だけ。中1週の今回は上積みもありそうだから、斤量減(54→☆53kg)でもうひと押しを期待するのは悪くないはず。

21年12月19日
中京 8R 3歳以上1勝クラス
芝1600m
セイイーグル
9人気 2着 (単オッズ47.5倍)
藤岡康騎手

前走(新潟芝外1600m、⑪着)は8枠15番で中団に控える形になり、前有利の展開で伸び切れなかった。今回は5枠10番で、中京芝1600mで偶数馬番だと②④②②着で、いずれも4角6番手以内の競馬をしている。藤岡康騎手は中京芝1600mの平場戦で偶数馬番だと[2.9.3.32](複勝率30.4%)でもあるので、実績のあるコースである程度の位置に付けられれば。

21年12月19日
中京 4R 2歳未勝利
芝1400m
スカイトレイル
4人気 1着 (単オッズ7.6倍)
小沢騎手

近2走は芝1600~1800mで⑤⑥着だが、前走時馬体重が424kgと小柄で、重馬場がこたえたのではないか。芝の良馬場はデビュー戦(新潟芝外1600m)だけで、その時は斤量54kgで先行して上がり34秒2で②着に粘っている。ザファクター産駒は芝で前走から距離短縮だと[3.2.2.14](複勝率33.3%)なので、2ヶ月半ぶりで初の芝1400mでも▲51kgでスピードを活かせれば。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る