独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2022年8月)

更新

22年8月28日
新潟 4R 3歳未勝利
芝2000m
アオカミ
10人気 2着 (単オッズ37.6倍)
津村騎手

過去9戦はダートで[0.1.4.4]と好走歴もあるが、祖母がクロカミのラブリーデイ産駒で、近親で同じ父キングマンボ系にはダンテスヴュー(きさらぎ賞②着)などもいる。血統的には芝適性もあって不思議ないし、ラブリーデイ産駒はO型の芝2000mで4~8枠だと[5.2.4.22](複勝率33.3%)だから、今回の条件で流れに乗れれば。C

22年8月28日
小倉 2R 3歳未勝利
芝2600m
ロックバウンド
9人気 2着 (単オッズ34.6倍)
小沢騎手

キャリア6戦で馬券圏内はまだないが、芝での2戦は2000mでの7~8枠で、近4走はダートだった。今回は2枠4番で、オルフェーヴル産駒は小倉芝2600mで馬番8番以内だと[4.4.3.13](複勝率45.8%)と好走率が高い。半兄パフォーマプロミスという血統で、未勝利戦で好勝負する力は秘めていそうだから、☆55kgでロスを抑えて走れれば。B

22年8月28日
札幌 12R WASJ第4戦
芝1800m
アインゲーブング
8人気 1着 (単オッズ22.1倍)
バシュロ騎手

前走(⑤着)は7枠11番だったが馬群の中に入り、勝負所から直線にかけて包まれる形だった。4角6番手の外から連対圏まで差し込んだこともある馬で、休み明け4戦目は①②③着だから、中2週のここで4角で開けた場所に持ち出せればワンパンチが利く可能性がありそう。ゴールドシップ牝馬はJRAの芝で外国人騎手が騎乗した時が[7.10.10.13](複勝率67.5%)。B

22年8月28日
札幌 11R キーンランドC
芝1200m
ヴェントヴォーチェ
6人気 1着 (単オッズ12.3倍)
ルメール騎手

前走(⑨着)は囲まれて挟まれる場面があったし、2走前(⑦着)は開幕週で前半3Fが32秒8という流れになって、追走に苦労していた。3走前(春雷S)は前半3Fが33秒2という流れで1分6秒8(良)というタイムで快勝していて、近10年のキーンランドCは前半3Fが33~34秒台だから、流れに乗れれば巻き返してきそう。今回は中3週で、芝1200mで中7週以内だと2戦2勝。A

22年8月28日
札幌 9R 小樽特別
芝1200m
キャニオニング
6人気 2着 (単オッズ10.8倍)
秋山稔騎手

芝1200mはブリンカーを装着した近2走だけで、メンバー中2位以内の上がり(33秒8~35秒6)で0秒3~0秒4差(⑤④着)まで詰めている。2走前は先行決着で、前走はレース上がりが34秒3と速かったから、斤量55kgでもいまの馬場で噛み合えば前進があっても良さそう。キングカメハメハ牝馬は札幌芝1200mの特別競走で[5.1.2.7](複勝率53.3%)。A

22年8月28日
札幌 6R 3歳未勝利
芝2000m
ムガ
6人気 1着 (単オッズ20.3倍)
古川吉騎手

芝での過去5戦は、馬番5番以内だと⑥⑪⑧⑧着で、馬番6番で③着。最内枠だった前走は直線で包まれたもので、馬券圏内に入った4走前は古川吉騎手とのコンビで外を回る形だったから、7枠14番で外差しの形を作れれば巻き返す可能性がありそう。キズナ牝馬は右回りで直線平坦の芝2000mで7~8枠だと[3.2.4.16](複勝率36.0%)。A

22年8月28日
札幌 4R 3歳未勝利・牝
ダ1700m
サクラジェンヌ
9人気 2着 (単オッズ18.7倍)
ウィリアムズ騎手

前走(④着)は約3ヶ月ぶりでの過去最多体重(14kg増の474kg)で、4角で包まれる位置に入って脚を伸ばすのに時間を要していた。中1週の今回は叩き2戦目での上積みがありそうで、ドレフォン産駒はダートの牝馬限定戦で前走と同コースだと[7.4.3.23](複勝率37.8%)だから、勝負所でスムーズに動ければ。A

22年8月27日
新潟 9R 岩室温泉特別
ダ1200m
エリモグリッター
7人気 2着 (単オッズ33.3倍)
内田騎手

近2走は⑥⑨着だが、3走前はメンバー中最速の上がり36秒8で伸びて②着と好走している。内田騎手が騎乗した時は3走前を含めて②②①①⑤②着で、このコースでも一昨年の8月に勝ち鞍を挙げている。3走前が2ヵ月半ぶりだったので、約3ヵ月ぶりでも動けそうだし、相性の良い鞍上で流れに乗って運べれば巻き返しがあっても。B

22年8月27日
新潟 8R 3歳以上1勝クラス
ダ1800m
ハリウッドフェーム
7人気 2着 (単オッズ28.1倍)
坂井騎手

現級初戦の前走(⑪着)は大外枠(8枠15番)に入り、スタートで外にヨレて中団追走となっていた。過去の③着以内は4角3番手以内で、坂井騎手が騎乗した2走前(東京ダート1600m)は逃げ切りを決めている。モーリス産駒は新潟ダート1800mで[4.3.2.17](複勝率34.6%)と好走率が高く、ふた桁着順の次走は②⑩①着だから、スムーズに先行できればガラリ一変があっても。C

22年8月27日
新潟 7R 3歳未勝利
芝1200m
ピンキーウィンキー
4人気 3着 (単オッズ5.4倍)
田辺騎手

過去7戦は[0.0.1.6]だが、いずれも1600m以上で走ったもの。母(ケープジャスミン)も祖母(シェイクハンド)も芝1200mで連対歴があり、全兄エヴァンはダートながら初の1200mで②着と好走していた。初の芝1200mはプラスに働く可能性がありそうだし、田辺騎手は芝1200mで距離短縮の父サンデー系の牝馬に騎乗だと[5.7.6.41](複勝率30.5%)と好成績でもある。A

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る