独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2017年3月)

更新

17年3月25日
中山 7R 500万
ダ1800m
サクレディーヴァ
4人気 1着 (単オッズ8.2倍)
横山典騎手

好走と凡走の差が激しいが、馬券に絡んだ4戦中3戦が馬場を1周するO型コースで、右回りの2000m以下のO型コースでは①⑤③③着。このコースは初だが、初勝利を挙げたのが阪神ダート1800mで、馬格のある牝馬だから力の要るコースも悪くなさそう。母父サンデー系のクロフネ産駒は中山ダート1800mの牝馬限定戦で[10.10.7.48](複勝率36.0%)なので、2ヶ月半ぶりでも大幅な馬体増でなければ。

17年3月25日
阪神 12R 500万
ダ1200m
スズカプリズム
5人気 2着 (単オッズ12.2倍)
小牧騎手

前走(⑫着)は馬券圏内のない1400mで、ハイペースに巻き込まれて失速したもの。新馬勝ちしたのは1200mで、1F短縮はプラスだろうし、2走前の現級戦は②着と0秒4差で、牝馬限定戦で展開が上手く噛み合えば出番があっても良さそう。小牧騎手は阪神ダート1200mで父フォーティナイナー系に騎乗だと[9.6.2.30](複勝率36.2%)と好成績でもある。A

17年3月25日
阪神 8R 500万
ダ1400m
キングジュエリー
10人気 1着 (単オッズ34.3倍)
松若騎手

過去8戦はダートで、1700m以上は[0.0.0.6]だが、1400mは地方ながら2戦2勝。父キングカメハメハ×母父アグネスタキオンの配合馬にはダート1400mで2勝しているダノンフェイスがいる。3月16日(木)と3月23日(木)には栗東の坂路4Fで51秒台を計時していることからも、短距離適性が高そうだし、ダート1400mで流れに乗って競馬ができれば一変もあり得そう。

17年3月25日
中京 11R 名古屋城S(1600万)
ダ1800m
スズカリバー
11人気 1着 (単オッズ89.6倍)
黛騎手

ダートで馬番5~9番だと[3.0.0.2]で、4角先頭の時に限ると3戦3勝。本馬は左回りでも急坂コースでも馬券圏内がある馬で、デビュー3戦目と休み明け3戦目がダート1800mだと①③着(今回は中2週)。現級では4角先頭の競馬ができていないが、もともと好走と凡走の差が激しい馬で、5枠9番から行き切れればガラリ一変があり得るのでは。

17年3月25日
中京 9R 500万
ダ1200m
ウォーターバオバブ
5人気 2着 (単オッズ17.1倍)
国分恭騎手

ダート1200mで国分恭騎手が騎乗した時は[1.2.1.3]で、現級でも連対歴がある。同騎手は新装後の中京ダートで7~8枠の牡セン馬に騎乗だと[2.4.4.20](複勝率33.3%)と好走率が高い。このコースは初となるが、左回りのダート1200mは③②着だし、休み明け2戦目は⑦②②着で、中5週の今回は上積みも見込めそうだから、この鞍上でスムーズなら変わり身が見られても。

17年3月20日
中山 11R フラワーC(G3)
芝1800m
シーズララバイ
8人気 2着 (単オッズ76.1倍)
柴田善騎手

勝ち鞍を挙げたのは東京芝2000mだが、その時は稍重馬場で、レース上がりが34秒7だった。前走(⑥着)は後方で折り合いを付ける形だったし、レース上がりが34秒3で流れが向かなかった。2連対を4角8番手以内の時に記録している馬で、先行馬を見る位置に付けて上がりが35秒台になれば台頭があり得そう。柴田善騎手は90年以降の中山でのフラワーCで継続騎乗の馬だと[4.0.1.4](複勝率55.6%)。B

17年3月20日
中山 9R 鎌ヶ谷特別(1000万)
芝1600m
ビヨンジオール
6人気 2着 (単オッズ13.8倍)
戸崎騎手

前走は⑬着に敗れたが、テン乗りの鞍上で掛かっていた。休み明け以外で戸崎騎手が騎乗した時は③④②①着で、このコースの現級戦で馬番11番で②着まで差したことがある。前走と同じハンデ戦だが、過去の③着以内は斤量56kg以下で、ハンデ56kgになるのも良いはず。ふた桁着順の次走でも馬券に絡んだことはあるから、中7週で折り合って進められれば一変しても。

17年3月20日
中京 12R 500万
芝1400m
レッドアフレイム
7人気 1着 (単オッズ15.8倍)
荻野極騎手

中7週以上の時は[1.0.1.1]で、斤量57kgで記録した現級唯一の馬券圏内(③着)はここに含まれる(今回は中12週)。このコースで中3週の前走(⑩着)は③着と0秒3差で着順ほど負けていないし、牡馬としては小柄なタイプで3kgの減量特典も効きそうだから、展開が噛み合えば上位進出も可能なのではないか。ディープインパクト産駒は中京芝1400mで前走も同コースだと[3.5.1.5](複勝率64.3%)。C

17年3月20日
中京 10R 小牧特別(1000万)
芝2000m
カレンラストショー
5人気 2着 (単オッズ12.1倍)
荻野極騎手

左回りは④④⑤②②④①着で、このコースでの前走は2ヵ月半ぶりだったが、メンバー2位の上がり34秒0で差し切った。休み明け2戦目での②着が2回あり、中6週の今回は状態アップがあっていいはず。母ヴィヴィッドカラー、祖母アドマイヤライトは500万勝ちの次走で連対しているので、本馬もハンデ54kgで展開が噛み合えば昇級でも侮れなさそう。橋口厩舎の馬は中京芝で[2.4.2.11](複勝率42.1%)。

17年3月19日
中山 11R スプリングS(G2)
芝1800m
プラチナヴォイス
6人気 3着 (単オッズ19.3倍)
和田騎手

京都芝外1800mで初勝利を挙げた時は2歳レコード(1分45秒9)で、昨秋の同コースで1分45秒台で勝利したのは本馬だけ。それまでのレコードホルダーはトゥザワールドやスズカマンボで、力を出し切れれば重賞で好戦する力はあるはず。前走(④着)は好走歴のない道悪馬場で、2走前(⑥着)はイレ込んで道中で行きたがっていた。良馬場の芝1800mでは④①①着なので、落ち着いて臨めれば。B

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る