独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2017年12月)

更新

17年12月28日
阪神 3R 未勝利
芝1800m
ウスベニノキミ
4人気 2着 (単オッズ9.4 倍)
和田騎手

過去3戦は②④⑦着で、2走前は重馬場、前走は出遅れて直線で前が詰まって満足に追えていなかった。デビュー戦は稍重の阪神芝外1600mだったが、上がり34秒0で伸びて勝ち馬(ボウルズ)とクビ差だったから、良馬場で速い上がりを求められる展開でも対応可能のはず。前走は少し掛かり気味だったので、折り合ってスムーズに運べれば巻き返しがあっても。

17年12月24日
中山 10R フェアウェルS(1600万)
ダ1200m
ハングリーベン
11人気 2着 (単オッズ41.7 倍)
松田騎手

良~稍重のダートは③①②①②⑪⑩着で、前走と3走前にふた桁着順に敗れているが、前走は道中で下がってきた馬がいて位置取りを下げさせられたし、3走前は約9ヵ月ぶりで直線で前が狭くなっていた。それでも前走や3走前は③着と0秒3~0秒4差で、良~稍重のダートで中4週以内だと①②①②着だから、中2週での乾いた馬場でスムーズに走れれば侮れなさそう。

17年12月24日
中山 2R 未勝利
ダ1800m
シゲノブ
6人気 3着 (単オッズ13.1 倍)
石橋騎手

このコースでのデビュー戦は⑤着に敗れたが、逃げ切った勝ち馬を外を回りながら早めに追いかけたもの。前走時馬体重が500kgという馬だし、父ゼンノロブロイ×母父ノーザンダンサー系×母母父ロベルト系という配合だから、中2週の今回は上積みを望めそう。前走のダートで4角3番手以内の競馬をしたのは本馬とギガバッケンだけなので、内目の枠を活かしてマイペースで行ければ。

17年12月24日
阪神 12R ギャラクシーS(OP)
ダ1400m
ブラゾンドゥリス
10人気 2着 (単オッズ26.2 倍)
丹内騎手

斤量58kgの前走(3枠4番)は内で包まれて勝負所でポジションを下げたが、直線で盛り返すように伸びて④着まで押し上げた。今回は4枠7番に替わるが、ダート1400mは馬番5番より外枠だと③①②①①着で、OPでも2勝を挙げている。斤量57kgでもサウススターマンに0秒3差をつけての準OP勝ちがあるから、スムーズに運べれば出番があっていいはず。A

17年12月24日
阪神 8R 1000万
ダ2000m
ルドルフィーナ
6人気 2着 (単オッズ10.7 倍)
小牧騎手

過去4連対はすべて小牧騎手とのコンビで記録していて、同騎手がダートで騎乗した時は①④①着。昇級戦の前走は他の騎手が騎乗してモタれる面を見せていたので、乗り慣れた騎手に戻るのは良いはず。全弟がサンライズソアで1000万通用の能力はあって不思議ないし、今回のメンバー中、このコースで勝ち鞍があるのは本馬だけだから、スムーズに追走できれば巻き返しがあっても。

17年12月24日
阪神 7R 500万
ダ1400m
キングディグニティ
6人気 1着 (単オッズ13.4 倍)
松山騎手

昇級後はダート1150~1200mで⑤⑤着だが、いずれも道中で忙しい感じで中団からの競馬になっていた。ダート1400mは初めてだが、母が父ブライアンズタイム×母父ニジンスキー系という配合だから、こなすスタミナはありそう。初勝利を挙げた時は先行策から押し切って1馬身半差をつけていたので、この距離でゆったりと先行できれば粘りが利いても。

17年12月24日
阪神 4R 未勝利
芝2000m
ウインラナキラ
7人気 1着 (単オッズ31.6 倍)
松山騎手

前走(中京芝2000m、⑤着)はハナに立ち、向正面で後続に早めに来られる厳しい展開の中で0秒4差に粘った。前走の走破時計2分2秒9(良)は今回のメンバー中2位タイとなる。母コスモプラチナはこのコースで重賞を勝っているし、脚質的に直線距離が短くなるのは良さそうだから、展開が噛み合えば粘りが利いても。

17年12月23日
中山 11R グレイトフルS(1600万)
芝2500m
カラビナ
6人気 2着 (単オッズ11.5 倍)
吉田隼騎手

昇級初戦の前走(阪神芝外2400m、⑧着)は6kg増で過去最多体重(528kg)だったが、メンバー3位の上がり33秒5を使って0秒3差だったので着順ほど内容は悪くない。今回は中1週となるが、直線に坂のある芝は中2週以内だと[2.2.1.1]で、中山でも連対歴がある。500万クラス以上での馬券圏内は東京&中山&中京なので、輸送を挟んでひと絞りあれば巻き返しが期待できるはず。

17年12月23日
中山 9R ノエル賞(500万)
芝1600m
サルダーナ
9人気 2着 (単オッズ54.5 倍)
柴山騎手

昇級初戦の前走(⑫着)は不良馬場がこたえたのだろう。芝の良~稍重馬場では[1.1.2.2]で、②着時はイタリアンホワイト(後に芝500万勝ち)と0秒2差だった。母バイラオーラ、祖母バイラリーナはいずれも中央4勝馬だし、馬券圏外の次走は②③着なので、乾いた馬場で流れに乗れれば一変があり得るのでは。

17年12月23日
中山 8R 舞浜特別(1000万)
ダ1200m
ビックリシタナモー
7人気 2着 (単オッズ15.9 倍)
藤田菜騎手

500万卒業に12戦を要したが、過去2勝は12~1月に挙げていて、今の時期に調子を上げるタイプなのだろう。過去2勝はふた桁馬番で、6枠11番に入ったのも悪くないはずだし、大型馬で斤量56kgでも勝ち鞍があり、近親のサンアディユは500万勝ちの次走で2回連対している。外目をスムーズに走って流れが合えば昇級戦でも。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る