独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2019年11月)

更新

19年11月24日
東京 10R ウェルカムS
芝1800m
リンディーホップ
8人気 3着 (単オッズ21.8倍)
ルメール騎手

2走前の2勝クラス勝ちは函館芝1800mだが、それ以外の4連対は左回りで、左回りの芝は馬番14番以内の時に限ると③②①①②着。このコースは初だが、東京芝でも道悪芝でも好走歴があり、ハーツクライ産駒は東京芝1800mの特別競走で1~4枠だと[8.9.2.33](複勝率36.5%)と好走率が高い。休み明けでも勝ち鞍はあるので、約4ヶ月ぶりでも自己条件替わりでスムーズなら。

19年11月24日
東京 1R 2歳未勝利
芝1400m
タイキスウォード
3人気 2着 (単オッズ6.8倍)
菊沢騎手

デビュー戦が馬体重440kgで②着で、近2走は432~434kgで⑤④着。それでも近2走でもメンバー中2~3位の上がり(34秒6~35秒3)を計時していて、前走は直線で前がごちゃつく場面があった。2ヶ月半ぶりで体が回復していればプラスに働きそうで、1枠2番で内目を上手く立ち回れれば。

19年11月24日
京都 12R 京阪杯
芝1200m
カラクレナイ
7人気 3着 (単オッズ13.3倍)
大野騎手

5連対は斤量54kgで記録していて、芝1200mは15頭立て以上で馬番5~16番だと④③④⑤②①③着。55→54kgと斤量が軽くなるのはプラスだろうし、18頭立ての京都芝1200mで4枠7番という条件も良いはず。ローエングリン産駒は芝重賞で前走③着以内だと[6.2.2.17](複勝率37.0%)と好走率も高く、スタートを決めてスムーズなら好勝負になっても。A

19年11月24日
京都 5R メイクデビュー京都
芝1800m
バビット
11人気 2着 (単オッズ59.7倍)
菱田騎手

ナカヤマフェスタ産駒でOP勝ちしているのはガンコ(日経賞①着)、ヴォージュ(札幌日経オープン①着、万葉S①着)の2頭で、いずれもヘイローのクロスを内包しているが、本馬はヘイローの4×4のクロスを持つ。おじにはダンツホウテイ(芝7勝、中日新聞杯②着、新潟大賞典②着)もいるし、能力はあって不思議ないだろう。芝の中距離という条件も合っていそうで、発馬五分でスムーズなら。

19年11月23日
東京 12R 3歳以上2勝クラス・牝
芝1400m
オジョーノキセキ
8人気 2着 (単オッズ24.7倍)
北村宏騎手

近7走は⑤着以下に敗れているが、すべて馬番8番より外枠だった。それでも初の東京芝1400mとなった前走(⑥着)は、直線で他馬と接触する場面がありながら0秒4差で、通用する力はありそう。近4走はメンバー中3位以内か33秒4という上がりを使っているし、馬番7番以内だと①④④④①②着という馬なので、中5週での最内枠でロスなく立ち回れれば。C

19年11月23日
東京 9R カトレア賞
ダ1600m
ショウナンマリオ
10人気 2着 (単オッズ50.0倍)
菅原明騎手

馬券に絡んだ近2走(③①着)は斤量51~52kgだったが、前走は直線で切れる脚を見せてレコード(1分53秒0)で勝利した。曾祖母がノースフライトという馬で決め手を秘めていそうで、トビーズコーナー産駒は左回りのダートが重~不良馬場だと[2.4.3.17](複勝率34.6%)なので、斤量55kgのここでも侮れない面がありそう。

19年11月23日
東京 8R 3歳以上2勝クラス
ダ1600m
トーセンヴィータ
10人気 2着 (単オッズ23.1倍)
武藤騎手

昇級初戦の前走は⑨着だったが、初の休み明け(約5ヶ月ぶり)だったし、ブリンカーを外されて後方追走となっていた。ブリンカー装着でのダートは、1800mで⑥④着、1600mで②②②①着。このコースでブリンカー装着で連対した4戦は4角4番手以内で、3走前には1分36秒1(重)で②着に入っているから、中4週でのブリンカー再装着で先行策を採れれば巻き返しても。

19年11月17日
東京 11R 霜月S
ダ1400m
スマートアヴァロン
11人気 2着 (単オッズ49.5倍)
三浦騎手

準OP以上での3勝は中3週以内での良~稍重のダート1400mで、昨年以降の馬券圏外の4戦はいずれもその条件以外だった。近3走(⑮③⑨着)はいずれも休み明けで、叩き2戦目は[2.2.2.0]だし、このコースでも好走歴があり、良馬場のダート1400mで斤量57kgを背負って1分22秒9で走破したこともあるから、ハンデ57kgでも中3週で乾いた馬場なら。

19年11月17日
東京 8R 3歳以上2勝クラス
ダ1400m
ジュンパッション
7人気 2着 (単オッズ18.7倍)
武藤騎手

現級での近3走は⑤⑥⑭着だが、いずれもO型コースでのふた桁馬番だった。過去3連対のうち2連対はひと桁馬番で、過去2勝はワンターンのコースで挙げている。ダート1400mは初だが、母父サンデーサイレンスのクロフネ牡馬は東京ダート1400mで良~稍重馬場だと[8.10.5.52](複勝率30.7%)と悪くない。休み明けでも連対歴があるので、3ヶ月半ぶりでもスタートを決めて先行できれば。

19年11月17日
東京 7R 3歳以上1勝クラス
ダ1300m
レヴァンテ
4人気 3着 (単オッズ8.3倍)
三浦騎手

現級ではまだ馬券圏内がないが、3ヶ月ぶりだった前走は好位のインを追走して直線で抜け出し、追い込み決着に屈したものの②着と0秒1差だった。前走時馬体重が488kgという馬で、中2週の今回は叩き2戦目の上積みがありそうだし、中央ダートでの連対は良馬場で、乾いた馬場ならそれもプラスに働きそう。萩原厩舎の馬は東京ダート1300mで距離短縮の臨戦だと[6.1.1.16](複勝率33.3%)。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る