独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2021年2月)

更新

21年2月27日
中山 12R 4歳以上2勝クラス
ダ1200m
ミッキーハイド
5人気 1着 (単オッズ10.1倍)
田中勝騎手

前走(⑤着)は直線で前が詰まってスムーズさを欠いたが、メンバー中2位の上がり36秒4を計時して0秒3差だった。中央ダートでの馬券圏内は前走から距離を短縮されての1200mで、この臨戦過程は悪くなさそう。中山ダート1200mは④⑧④着だが、1分11秒0~1分11秒7(良~稍重)で走破していて、⑧着時は大外を回っていた。馬群の中で脚を溜めて直線で上手く捌ければ。A

21年2月27日
中山 11R 幕張S
芝1600m
エイムアンドエンド
8人気 2着 (単オッズ39.4倍)
M.デムーロ騎手

2勝クラス勝ちの前走は芝1400mでのハンデ55kgだったが、2ヶ月半ぶり(中10週)だった。前走以外の2勝は中5週以内での芝1600~2000mで、中5週以内の芝では①③③①③着。中2週での1600m替わりも悪くなさそうで、馬格のある馬だから斤量57kgもこなせて不思議なさそう。右回りでは好走歴がないが、いずれも中7週以上だったし、ラジオNIKKEI賞⑤着の内容なら対応力があっても。

21年2月27日
中山 9R 水仙賞
芝2200m
レッドヴェロシティ
6人気 1着 (単オッズ13.4倍)
M.デムーロ騎手

前走(⑤着)は3ヶ月ぶりで、馬体重が過去最多の544kg(12kg増)だった。デビュー戦と休み明けの時が⑦⑤着で、中3~8週時が③①着だから、中6週の今回は上積みを望めそう。2000mを超える距離は初だが、アドマイヤジュピタやアドマイヤメインの近親だから、こなせても良いのではないか。M.デムーロ騎手は中山芝2200mで牡馬に騎乗だと[2.1.5.12](複勝率40.0%)。

21年2月27日
中山 9R 水仙賞
芝2200m
アールバロン
9人気 3着 (単オッズ34.3倍)
北村宏騎手

中山芝1800mでのデビュー戦は行きたがる感じだったが、北村宏騎手が4角まで我慢をさせて、直線で2馬身半差を付けた。前走の感じなら2ヶ月ぶりでも動けて良さそうで、モーリス牡馬は昇級戦の芝で[2.4.2.11](複勝率42.1%)だし、父ロベルト系×母父ノーザンダンサー系の馬は2000年以降の中山芝2200mでの3歳限定の特別競走で[6.4.2.19](複勝率38.7%)なので、ここでも侮れないのでは。

21年2月27日
中山 6R 3歳未勝利
芝2000m
ララサンスフル
3人気 1着 (単オッズ7.4倍)
大野騎手

東京芝1600mでのデビュー戦(④着)は、スローペースで1~2番手の馬が止まらない展開だったし、囲まれる形で0秒2差だったから内容は悪くなかった。今回は芝2000mになるが、父ハーツクライ×母父ガリレオという配合なら、距離延長がプラスに働いても良さそう。大竹厩舎の馬は中山芝の未勝利戦で騎手が前走時と同じだと[8.3.3.22](複勝率38.9%)。

21年2月27日
中山 4R 3歳未勝利
ダ1800m
アシタガアルサ
8人気 2着 (単オッズ40.9倍)
江田照騎手

前走(⑨着)はスタート直後に挟まれて後方追走となったが、このコースでの2走前(⑥着)は囲まれる形になって最後に遅れたものの、先行馬を見る位置に付けるスピードを見せていた。チークピーシズを装着している馬で、このコースで勝負所で上手く動ければチャンスが出てきても良さそう。シニスターミニスター牡馬は中山ダート1800mの未勝利戦で偶数馬番だと[3.2.1.13](複勝率31.6%)。

21年2月27日
中山 1R 3歳未勝利・牝
ダ1200m
アイアンフラワー
8人気 2着 (単オッズ46.5倍)
丸田騎手

東京芝1600mでのデビュー戦(⑫着)はハナを切ったが、道中で他馬に交わされ、距離が長かったのだろう。スウェプトオーヴァーボード産駒だし、全姉アイアンゾーンはダート1200mで初勝利を挙げているから、この条件替わりは良いはず。スウェプトオーヴァーボード牝馬は中山ダート1200mの牝馬限定の未勝利戦でふた桁馬番だと[7.1.2.22](複勝率31.3%)なので、約3ヶ月ぶりでもこの条件なら。

21年2月27日
阪神 9R 松籟S
芝3200m
タイセイモナーク
11人気 2着 (単オッズ88.4倍)
和田竜騎手

全3勝は直線に坂のある14頭立て以下の芝2000~2400mで挙げていて、OPの万葉S(京都芝外3000m)でも②着がある。バレークイーンの一族で、近親にはリンカーン(菊花賞②着、天皇賞・春②着)、アリストテレス(菊花賞②着)、フサイチコンコルド(菊花賞③着)などもいる。今回の条件は合っていそうだから、スムーズな競馬ができれば変わっても。

21年2月27日
小倉 11R 帆柱山特別
芝1200m
マイネルアルケミー
4人気 1着 (単オッズ8.2倍)
黛騎手

このコースでの前走(④着)は出遅れたが、メンバー2位の上がり34秒2で②着と0秒1差まで詰めた。現級での馬券圏内は4角9番手以内の時で、良馬場でも道悪馬場でも連対歴がある。過去8連対は馬番8番より外枠の時で、馬番7→15番替わりはプラスに働きそうだし、過去2勝は中3~4週時で、中1→3週替わりも良さそうだから、ある程度の位置で流れに乗れれば。

21年2月27日
小倉 8R 4歳以上1勝クラス
ダ1700m
タイセイドレッサー
8人気 2着 (単オッズ27.1倍)
鮫島駿騎手

現級では休み明けや直線急坂コースで馬券圏内がないが、このコースでの6走前は6ヵ月半ぶりで⑤着まで押し上げた。今回は中2週で、直線平坦のダートで中2週以内だと②①着で、いずれもメンバー最速の上がりを使っている。大橋厩舎の馬は小倉ダートの平場戦で中8週以内だと[18.17.17.112](複勝率31.7%)だから、今回の条件なら変わっても。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る