独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2021年9月)

更新

21年9月25日
中山 10R 九十九里特別
芝2500m
ロードトゥフェイム
4人気 1着 (単オッズ3.3倍)
丹内騎手

近3走は⑧⑯⑦着だが、2~3走前は重賞で、前走は中2週での函館だった。今回は中8週で、重賞以外の中山芝で中4週以上だと2戦2勝で、いずれもメンバー最速の上がりで差し切っている。芝2500mは初めてだが、丹内騎手は芝2500mの2勝クラス以上で斤量55kg以下だと[1.3.3.12](複勝率36.8%)で、継続騎乗のこの鞍上で折り合って運べれば。

21年9月25日
中山 7R 3歳以上1勝クラス
ダ1800m
リンガスウォリアー
8人気 1着 (単オッズ17.8倍)
内田騎手

近2走は⑨⑪着だが、2走前は掛かり気味にハナに立っていて、前走は後方で砂を被っていた。内田騎手とのコンビは現級での斤量57kgで③②着で、その2戦は4角2番手に付けていた。中山ダート1800mの持ち時計は良馬場(1分53秒8)だとメンバー1位、道悪(1分53秒2)だとメンバー1位タイで、このコースでひと桁馬番だと②③着なので、2枠4番から折り合って運べれば。

21年9月25日
中山 4R 3歳以上1勝クラス
芝1200m
ジャガード
7人気 3着 (単オッズ16.7倍)
M.デムーロ騎手

前走は7枠14番で行き脚が付かなかったが、最後まで脚を使って⑤着まで押し上げた。ひと桁の偶数馬番は2走前(札幌芝1200m)だけで、その時はメンバー3位の上がり34秒7で0秒1差②着に差し込んでいる(今回は2枠2番)。M.デムーロ騎手とのコンビで初勝利を挙げていて、同騎手は中山芝1200mで偶数馬番だと[8.3.4.19](複勝率44.1%)なので、内をロスなく立ち回れれば。

21年9月25日
中京 12R 3歳以上2勝クラス
ダ1800m
ローウェル
5人気 2着 (単オッズ6.9倍)
鮫島駿騎手

過去5戦は⑪①③①⑭着で、⑪着は芝1600m、⑭着は重賞だった。3連対はダート1400mで記録しているが、キズナ産駒は中京ダート1800mで[6.6.7.40](複勝率32.2%)だから、このコースの自己条件でスムーズに先行できれば巻き返しがあっても良さそう。前走時馬体重が548kgという大型馬だが、休み明けは1戦1勝で、3ヵ月ぶりでも仕上がっていれば。A

21年9月25日
中京 11R 長篠S
芝1200m
ハッシュゴーゴー
4人気 2着 (単オッズ12.8倍)
浜中騎手

3勝クラスは5戦して馬券圏内はまだないが、2走前(④着)は定量戦で③着とアタマ差だったから通用する力はありそう。芝1200mは③⑨着で、⑨着は現級戦だが、出遅れながらもメンバー中2位タイの上がり35秒0で伸びて0秒5差だった。休み明けでも勝ち鞍があるので、約4ヵ月ぶりでも③①着と相性の良い浜中騎手で流れに乗れれば。

21年9月25日
中京 5R メイクデビュー中京
芝1400m
ヴィルチュオーズ
9人気 1着 (単オッズ43.3倍)
松田騎手

サトノアラジン牝馬は芝の新馬戦で[1.1.2.6](複勝率40.0%)で、③着以内に入った4頭のうち、グラスミヤラビ、ビップシュプリーム、ヤマニンパンタジアの3頭は母系にダンチヒの血を内包している。本馬は母父ダンチヒ系のサトノアラジン牝馬で、同じ父サンデー系の兄アヴァノスは芝で新馬勝ちしているから、初戦から期待してもいいのでは。

21年9月25日
中京 4R メイクデビュー中京
ダ1400m
アファン
7人気 1着 (単オッズ21.0倍)
岩田望騎手

3代母サワヤカプリンセスで、近親には芝G1馬のデュランダル以外にもダンシングプリンス(中央ダート4勝、カペラS③着)などがいる。ヘニーヒューズ牝馬はダート1400mの新馬戦で[5.4.3.16](複勝率42.9%)と好走率も高く、血統的には今回の条件なら侮れないのでは。スタートを五分に出てスムーズに運べれば。

21年9月20日
中山 11R セントライト記念
芝2200m
アサマノイタズラ
9人気 1着 (単オッズ42.7倍)
田辺騎手

前走(⑫着)は後方に控えて直線で前が壁になる場面があり、2走前(⑯着)は外枠(7枠14番)で行きたがった。中山芝は馬番11番以内だと③①④②着で、このコースでの④着時はスローペースでレース上がりが34秒5と速かった。ヴィクトワールピサ産駒は芝2200mの特別競走で馬番6番以内だと[2.2.3.16](複勝率30.4%)なので、2枠2番で持続力を問われる展開になれば。B

21年9月20日
中山 7R 3歳以上1勝クラス
ダ1800m
アイソウザスター
6人気 3着 (単オッズ13.7倍)
小林凌騎手

奇数馬番での2戦はゲートの出が悪く⑨⑤着に敗れたが、偶数馬番に替わった近2走が②①着。②着に敗れた2走前の勝ち馬ベルゼールは後に牝馬限定戦ながら1勝クラスを0秒7差で圧勝していて、相手が強かったことを考えれば悪くない内容だった。ホッコータルマエ産駒はダート1勝クラス以上で偶数馬番だと[2.7.3.14](複勝率46.2%)で、3ヶ月半ぶりでの昇級初戦でも侮れなさそう。

21年9月20日
中山 3R 2歳未勝利
ダ1200m
エムティゲラン
6人気 1着 (単オッズ14.2倍)
横山和騎手

ダート1700mに替わった前走(⑦着)は後方に控えたが、砂を被った影響か、行きっぷりが悪くなっていた。ダート1000mでのデビュー戦(札幌)は、出遅れながら道中で3番手まで進出し、そのまま最後まで伸びて0秒1差(②着)に入った。バンブーエール牡馬はダートで前走から距離短縮だと[8.1.1.13](複勝率43.5%)なので、短距離戦に戻ってスムーズに動ければ。

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る