独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援情報【サラブレモバイル】

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト(2022年4月)

更新

22年4月24日
東京 11R フローラS
芝2000m
シンシアウィッシュ
9人気 3着 (単オッズ33.1倍)
M.デムーロ騎手

芝1600mは良馬場で3戦して④⑤⑤着で、芝1800mは稍重馬場で2戦して①②着。今回は初の芝2000mだが、母が父サドラーズウェルズ系×母母母父ニジンスキーという配合で、距離延長は歓迎という印象を受ける。東京芝はアルテミスS(1600m、④着)だけだが、その時は上がり34秒1を計時して①着サークルオブライフと0秒3差だった。外枠(8枠14番)でも上手く脚を溜められれば。B

22年4月24日
東京 8R 4歳以上1勝クラス
芝1600m
アルファウェーブ
8人気 2着 (単オッズ41.1倍)
杉原騎手

過去の③着以内は札幌芝1500~1800mで記録しているが、東京芝1600mは⑤⑤④着で、1分33秒1~1分33秒7で走破している。セラフィナイトがこのコースで③着以内に入った時のタイムは1分33秒6~1分34秒5で、ヴルカーノがこのコースで③着以内に入った時のタイムは1分34秒1~1分34秒5だから、好戦する力を秘めていそう。3ヶ月ぶりでも大幅な馬体増がなければ。B

22年4月24日
東京 2R 3歳未勝利
ダ1600m
グロリアスヒーロー
9人気 2着 (単オッズ68.6倍)
永野騎手

前走(⑫着)は約3ヶ月ぶりでも序盤に良いスピードを見せたが、好位のインに入って砂を被っていた。前走時馬体重が506kgという馬で、叩き2戦目(中1週)での上積みがありそうで、スクリーンヒーロー牡馬は東京ダート1600mでの未勝利戦で[3.3.3.18](複勝率33.3%)だから、この条件替わりは良さそう。斤量54kgで外から砂を被らずに先行できれば。A

22年4月24日
阪神 10R 甲南S
ダ2000m
ゴールドティア
8人気 2着 (単オッズ21.9倍)
岩田望騎手

現級初戦の前走(⑩着)はスタートで隣の馬と接触して後方追走となり、3角で下がってきた馬のアオリも受けていたから参考外だろう。掲示板外の次走は①①③①着。2走前(小倉ダート1700m)はレースの上がり3Fが12.3-12.9-13.6という消耗戦で3馬身差を付けて快勝していたし、芝2000mで好走歴があるから、距離延長は問題ないはずで、スムーズなら。A

22年4月24日
阪神 3R 3歳未勝利
ダ1800m
タイセイストラーダ
7人気 2着 (単オッズ40.0倍)
国分恭騎手

前走(阪神ダート1400m、⑥着)は既走馬が相手のデビュー戦で、大外枠(8枠16番)で出遅れていた。カレンブラックヒル牡セン馬はダートの未勝利戦で中3週以内だと[13.10.21.90](複勝率32.8%)で、中2週の今回は上積みが見込めるし、近親にソフトフルート、ミッドサマーフェアがいて、距離延長もプラスのはず。発馬五分で流れに乗れれば。B

22年4月24日
阪神 3R 3歳未勝利
ダ1800m
スズカマジェスタ
5人気 1着 (単オッズ9.9倍)
岩田望騎手

過去3戦(⑤⑦⑤着)は馬券圏外だが、ダート1800mはこのコースの前走だけで、6ヵ月ぶりで後方寄りの動きづらい位置に入りながら、直線で内からよく詰めていた。おじにアルドーレ(ダート1700~2100mで5勝)がいて、ダートの中距離が合っていそうだし、今回は中1週で上積みも距離に対する慣れも見込めるから、スムーズなら。A

22年4月24日
福島 8R 4歳以上1勝クラス・若
ダ1700m
サクセスエース
11人気 3着 (単オッズ37.4倍)
佐々木騎手

ダートに戻った前走は⑪着に敗れたが、過去に馬券圏内のない左回りだった。右回りのダートは8走前(中山ダート1800m)だけで、その時は斤量54kgで先行してメンバー最速の上がり39秒3で押し切っている。不良馬場の芝2000mで現級②着がある馬で、母父アグネスデジタルのジョーカプチーノ産駒は右回りのダートで[2.2.3.12](複勝率36.8%)なので、半年ぶりでも▲54kgでスムーズなら。C

22年4月23日
東京 12R 4歳以上2勝クラス
ダ1400m
アルメイダミノル
5人気 3着 (単オッズ9.1倍)
横山典騎手

前走(⑤着)は最内枠で、内を回って4角では反応が鈍い印象だったが、直線で脚を伸ばして③着と0秒1差だった。ダート1400mは中3週以内だと③①④①⑤着で、偶数馬番の時に限ると2戦2勝。差す形が板に付いてきた印象だし、東京ダート1400mでのルーラーシップ産駒は中8週以内で5~8枠だと[3.2.2.12](複勝率36.8%)なので、中2週での8枠16番で流れが合えば。A

22年4月23日
東京 10R 晩春S
芝1400m
ビューティフルデイ
5人気 1着 (単オッズ7.7倍)
戸崎騎手

前走(⑬着)は昇級戦での距離延長&斤量増で、好スタートを切ったものの位置取りが下がっていた。芝ダート含めて過去3勝は1200~1400mで斤量54kg以下の時で、前走から距離を短縮された時は2戦2勝だから、今回の条件替わりは良いはず。父ディープインパクト×母父ミスプロ系の牝馬は東京芝1400mで[3.8.4.25](複勝率37.5%)。A

22年4月23日
東京 6R 3歳1勝クラス
ダ1600m
リンクスルーファス
8人気 2着 (単オッズ25.5倍)
石橋騎手

前走(⑪着)は3ヶ月ぶりで、初のダート1800mだった。東京ダート1600mはメンバー中2位以内の上がり(36秒7~37秒8)を計時して②①着で、アジアエクスプレスやレピアーウィットの全妹なので、中8週でのこの条件で流れに乗れれば巻き返しがあり得そう。ヘニーヒューズ牝馬は東京ダート1600mで前走から距離短縮だと[3.4.3.13](複勝率43.5%)。A

2022年

2021年

好走実績リスト一覧へ戻る

TOPページに戻る