独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト

更新

18年12月16日
中山 9R 香取特別
ダ2400m
イルフォーコン
14人気 3着 (単オッズ110.6倍)
松岡騎手

2走前(⑦着)は好走歴のないダート1700mで、前走(⑪着)は2ヶ月半ぶりで馬体重が14kg増(474kg)だった。過去2勝は右回りで中6週以内の時に挙げていて、ダート2400mは[1.4.1.2]で、このコースでも連対歴がある。中3週でのこのコース替わりは良いはずで、ふた桁着順の次走での連対歴もある。松岡騎手は中山ダート2400mで中3週以内の馬に騎乗だと[2.5.1.16](複勝率33.3%)。

18年12月16日
阪神 12R 妙見山特別
ダ1400m
ベルエスメラルダ
9人気 3着 (単オッズ40.8倍)
田中健騎手

ダート1400mは11~2月だと[3.0.1.0]と馬券圏外がなく、近2走(③①着)を見てもいまの時期は調子が上向くのだろう。このコースの現級戦で③着があるから、昇級は形だけだし、カジノドライヴ産駒はダート1400mで昇級戦だと[7.4.4.16](複勝率48.4%)と好走率も高い。近2走は差す競馬で好走して脚質に幅も出ているし、流れに乗って上手く立ち回れれば。A

18年12月16日
阪神 10R 元町S
芝1600m
メサルティム
8人気 2着 (単オッズ27.9倍)
浜中騎手

過去6戦は[3.0.1.2]で、馬券圏外となった2戦(⑥⑨着)は中山芝重賞。関西圏では③①①着と馬券圏外がなく、逃げた時は2戦2勝。今回はマイペースの逃げに持ち込めそうな組み合わせだし、休み明けでも勝ち鞍があり、このコースでも好走歴があるから、2ヵ月半ぶりでもすんなり行ければ昇級戦でもチャンスがありそう。

18年12月16日
中京 11R 三河S
ダ1400m
メガオパールカフェ
10人気 2着 (単オッズ58.7倍)
加藤騎手

前走(東京ダート1600m)は斤量57kgで大外を通る形になったが、前残りの展開の中で最後まで脚を使って⑤着に入った。現級でハンデ52kgだと②⑦⑧着で、馬券圏外の2戦もメンバー3位以内の上がりを使っている。フジキセキ牡セン馬はダート1400mの準OP以上で1枠だと[4.1.3.13](複勝率38.1%)だから、軽ハンデでの最内枠からロスなく運べれば前進があっても。

18年12月16日
中京 9R 3歳以上500万下
芝2200m
タイセイトレイル
4人気 2着 (単オッズ7.9倍)
中谷騎手

このコースでの前走(⑤着)は勝負所でゴチャついてブレーキをかける場面があったが、盛り返すように伸びて③着と0秒3差まで詰めた。今回は初の連闘だが、矢作厩舎の牡セン馬は芝の平場戦で連闘だと[2.8.8.33](複勝率35.3%)と好走率が高い。祖母がシンコウラブリイというハーツクライ産駒で能力はありそうだから、上手く立ち回れれば前進があっていいはず。

18年12月16日
中京 3R 3歳以上500万下
ダ1200m
ツウカイウイング
6人気 1着 (単オッズ13.9倍)
川須騎手

前走(京都ダート1200m、④着)はテン乗りの鞍上で出負けしたが、前残りの展開の中で上がり35秒8で③着とクビ差まで詰めた。初勝利を挙げた時は川須騎手とのコンビで、メンバー最速の上がり36秒6で差し切って0秒2差を付けている。左回りは初めてだが、ネオユニヴァース牡セン馬は中京ダート1200mが[4.3.4.22](複勝率33.3%)で、脚質的にもコース替わりは良さそうだから、展開が合えば。

18年12月15日
中山 12R 3歳以上500万下
芝2200m
ムーンライトナイト
10人気 3着 (単オッズ63.5倍)
松岡騎手

過去8戦は、中山以外だと⑦⑧⑨⑧着だが、中山だとメンバー中3位以内の上がり(34秒5~35秒1)を使って⑤①③⑤着。このコースは初だが、中山芝で⑤着に敗れた2戦は上がり34秒5を計時して届かなかったもので、2走前は⑤着とはいえ②着と0秒1差だった。母系にニジンスキー系を持つステイゴールド産駒で、2200mをこなせても良さそうだから、上がりがかかれば台頭しても。A

18年12月15日
中山 11R ターコイズS
芝1600m
デンコウアンジュ
13人気 3着 (単オッズ58.3倍)
柴田善騎手

今秋は馬券圏内がないが、近2走は芝1600mでのベストタイムを更新していて、前走の上がり32秒3は自己ベストでもある。過去3連対は直線距離の長いコースで記録しているものの、直線距離の短いコースは1800m以下に限ると④③③着で、昨年のこのレースは終始外を回る形ながら0秒0差の③着まで差した。過去3連対は中2週以内で、中2週の臨戦も悪くなさそうだから、差しの利く流れになれば。C

18年12月15日
中山 11R ターコイズS
芝1600m
リバティハイツ
10人気 2着 (単オッズ33.5倍)
北村友騎手

近3走は⑥⑩③着だが、レース上がりが34秒4~34秒7だった。レース上がりが35~36秒台だと③①②①着で、中山は初めてだが、直線距離の短いコースではフィリーズレビューを制している。前走以外の③着以内は12~3月だし、母系にニジンスキー系を持つ馬だから、今回の条件も悪くないはず。中山芝1600mの重賞でのキングカメハメハ産駒は3~6枠だと[3.4.0.11](複勝率38.9%)。A

18年12月15日
阪神 11R タンザナイトS
芝1200m
ナガラフラワー
7人気 2着 (単オッズ22.2倍)
国分恭騎手

前走(⑪着)は直線で内を通った馬が馬券圏内を占めた展開で大外枠(8枠18番)から外を回って差し届かなかったもの。③着以内の10戦中8戦は1~5枠で、直線に坂のある芝1200mは②③②着。阪神芝1200mで3枠5番というのは条件好転だろう。CBC賞は同じハンデ52kgで②着まで差していたし、中団あたりに付けてスムーズに捌ければ出番があっても。

2018年

2017年

TOPページに戻る