独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト

更新

19年6月23日
東京 11R パラダイスS(L)
芝1400m
ショウナンライズ
6人気 1着 (単オッズ10.1倍)
田辺騎手

前走(⑭着)は初騎乗の鞍上で道中のペースも上がらず、行きたがっていた。2走前を除く4勝は芝1400mで挙げていて、折り合い面を考えても、勝ち鞍を挙げたことがある田辺騎手とのコンビで距離短縮は良いはず。今回は中6週で、開催7日目以降の芝は中8週以内の臨戦だと①①③⑦②①着。血統的に連続開催最終週の馬場は合いそうだから、ハンデ54kgで折り合って先行できれば。

19年6月23日
東京 10R 夏至S
ダ1600m
バレッティ
7人気 3着 (単オッズ15.8倍)
蛯名騎手

過去の③着以内はダート1900m以下か不良のダート2100mで、その6戦中5戦が馬番7~16番。現級では5戦して馬券圏外(④⑧⑨⑤⑭着)だが、良馬場のダート2100mと馬番1~2番で、いずれも良馬場のダートでもあった。このコースは馬番1~2番の時を除くと1戦1勝で、道悪ダートは[1.1.1.0]。ザレマの仔だから、スピードを活かせる条件なら一変があり得るのでは。

19年6月23日
東京 9R 清里特別
ダ1400m
デンバーテソーロ
8人気 3着 (単オッズ31.4倍)
木幡巧騎手

近3走は芝で馬券圏外(⑤⑥⑭着)だが、1200~1400mだった2~3走前は0秒5差で走っている。距離短縮は良いはずで、ダートは1400m以下で3戦して①②③着で、地方交流重賞での好走歴がある。今回は3ヶ月半ぶりだが、休み明けも1戦してクビ差②着に入っているし、過去3連対は450kg台で、448kgだった前走から体が増えていても良さそう。脚抜き良いダートで、初の斤量52kgも活かせれば。

19年6月23日
東京 4R 3歳未勝利
芝2400m
ピエタフィリアーレ
9人気 3着 (単オッズ31.5倍)
野中騎手

東京芝は1800~2000mで3戦し、上がり34秒2~34秒6を使って着順を上昇させている(⑭⑤③着)。今回は初の芝2400mだが、父ロジユニヴァースは不良馬場でのダービーを制したし、祖母トウショウアイは2400mでのエリザベス女王杯で②着に入った馬で、母父(オペラハウス)がテイエムオペラオーやメイショウサムソンの父だから、条件好転になる可能性がありそう。折り合って運べれば。

19年6月23日
阪神 10R 花のみちS
ダ1200m
ハングリーベン
14人気 1着 (単オッズ80.4倍)
酒井騎手

前走(⑨着)は馬券圏内のない休み明け(2ヵ月ぶり)だった。中央のダートは中4週以内だと[3.2.1.0]と馬券圏外がなく、中1週はプラスのはず。ダート1200mは[2.1.2.3]で、休み明けと不良馬場の時を除くと[2.1.2.0]だから、このコースである程度、乾いた馬場なら好条件だろう。現級でも連対歴があるし、初装着となるブリンカーの効果もあれば変わっても。

19年6月23日
阪神 6R 3歳以上1勝クラス(500万下)
ダ1800m
ゴールドパッキャオ
5人気 3着 (単オッズ10.0倍)
岩田康騎手

1勝クラス(旧500万)は7戦して馬券圏内はまだないが、ダート1800mに替わった近2走は④④着と健闘している。このコースの前走はスタートで躓き、スローペースで前が残る展開の中、メンバー中最速の上がり36秒6で伸びて②着と同タイムだったから、スムーズなら前進可能だろう。オルフェーヴル産駒はダートで前走が同コースで⑤着以内だと[7.15.7.27](複勝率51.8%)。

19年6月23日
阪神 6R 3歳以上1勝クラス(500万下)
ダ1800m
ロフティネス
7人気 1着 (単オッズ11.9倍)
岩田望騎手

過去9戦は芝だと⑤⑥⑫着、ダートで斤量56kgだと⑩⑮⑬着だが、ダートで斤量55kg以下だと①③④着。④着は前走だが、出遅れて後方からとなりながら③着と0秒2差まで追い上げていたから悪くない。阪神ダート1800mは未勝利戦で4馬身差を付けて圧勝した舞台だし、軽量51kgでスタートを決めて前、前で運べれば好勝負になっても。

19年6月23日
阪神 3R 3歳未勝利
ダ1800m
エイシンヨッシー
6人気 1着 (単オッズ17.9倍)
小牧騎手

デビュー戦(京都ダート1400m、⑦着)はスタート後にヨレて隣の馬と接触して後方からとなり、前残りで展開も合わなかったが、メンバー中最速の上がり37秒2で伸びてよく追い上げていた。モズアトラクション(中央ダート5勝)の弟で能力は秘めていそうだし、距離延長もプラスのはず。今回は2戦目でレース慣れも見込めるなら、発馬五分で流れに乗れれば。

19年6月23日
阪神 1R 3歳未勝利・牝
ダ1400m
アルポルト
7人気 2着 (単オッズ13.2倍)
藤井騎手

このコースの前走は後方からメンバー中2位の上がり37秒9で伸びて④着(②着メイショウミチノクと0秒2差)と健闘した。約4ヵ月ぶりで初ダートだったし、直線で一瞬詰まって外に持ち出すロスもあったから評価できる。今回はひと叩きした分の上積みやダート2戦目で慣れが見込めるし、スムーズな競馬ができれば好勝負になっても良さそう。

19年6月23日
函館 1R 3歳未勝利
芝1200m
ツクバハナコ
7人気 3着 (単オッズ18.5倍)
加藤騎手

デビュー戦(東京芝1600m、⑧着)は出遅れたが、メンバー2位の上がり33秒3を使っていて能力はありそう。今回は芝1200mに替わるが、芝1200mでOP勝ちがあるゲイリーイグリットの近親で、ロードカナロア産駒は芝1200mの未勝利戦で前走から距離短縮だと[6.1.5.24](複勝率33.3%)。小柄な牝馬で、滞在競馬で臨めるのも良さそうだから、8ヵ月半ぶりでもスタートを決めて流れに乗れれば。

2019年

2018年

TOPページに戻る