独自視点で穴馬推奨!競馬予想支援

サラブレモバイル

メニュー

ログイン

好走実績リスト

更新

20年1月19日
中山 12R 4歳以上2勝クラス
芝1200m
タマモメイトウ
6人気 1着 (単オッズ8.2倍)
ルメール騎手

過去の③着以内は11頭立て以下かふた桁馬番での芝1200mで、2~3走前(⑧⑧着)は芝1400mだったし、4~5走前(⑫⑦着)は14頭立てでの馬番1~3番だった。前走は2ヶ月ぶりでの大外枠で行きたがり、早めに動いて差し決着に遭っての0秒2差(⑥着)で、中4週での6枠12番で流れが合えば台頭があり得そう。馬券圏内はレース上がりが35~36秒台の時なので、上がりがかかれば。B

20年1月19日
中山 11R 京成杯
芝2000m
ディアスティマ
6人気 3着 (単オッズ13.0倍)
シュタルケ騎手

芝2000mに替わった前走が③着までだったが、デビュー戦に比べてペースが遅く、計時した上がり(34秒3)は初戦(35秒4)より1秒以上速かった。ディープインパクト産駒だが、母が北米ダートG1・3勝馬で、現状は上がりがかかった方が良さそうなので、前走よりも持続力を問われる展開なら侮れなさそう。シュタルケ騎手は中山芝で父サンデー系に騎乗だと[9.6.6.28](複勝率42.9%)。B

20年1月19日
中山 9R 初富士S
芝1800m
プレシャスブルー
6人気 1着 (単オッズ17.2倍)
石川騎手

前走(⑤着)はもうひと押しが利かなかったが、中1週での関西遠征で馬体重が12kg減(434kg)と減っていた。このコースで②着となった2走前を含めて芝1800mは中10週以内だと①②着で、中3週で関東圏に戻って体が回復していれば巻き返しがあり得そう。母父ノーザンダンサー系のディープインパクト産駒は中山芝1800mの特別競走で[13.9.9.52](複勝率37.3%)。

20年1月19日
中山 4R 3歳1勝クラス
ダ1200m
ムーランアンディゴ
3人気 2着 (単オッズ7.5倍)
石橋騎手

デビュー戦(⑤着)は2枠3番で砂を被って後方まで下がり、外に持ち出されてからメンバー中最速の上がり37秒1で追い上げたもので、前走(⑥着)も道中で包まれ、直線半ばにようやく外に持ち出されてメンバー中3位の上がり37秒0を使っていた。勝ち鞍を挙げた2走前は重馬場での8枠12番で、脚抜き良い馬場での外枠(7枠13番)は良いだろうから、スムーズに外に出られれば。

20年1月19日
中山 1R 3歳未勝利
ダ1200m
クリアミッション
9人気 2着 (単オッズ27.0倍)
大庭騎手

過去5戦で馬券圏内はないが、初のダート1200mだった前走(⑤着)は序盤にハナを奪えそうなスピードを見せたものの、挟まれて中団以降に下げさせられていた。それでも垂れずに走っていたから、スタートを決めて逃げの手に出られればチャンスが出てきそう。中山ダート1200mの未勝利戦でのバトルプラン産駒は、前走も1200mだと[3.4.6.13](複勝率50.0%)。

20年1月19日
京都 12R 4歳以上2勝クラス
ダ1200m
ヴァリアント
9人気 2着 (単オッズ28.8倍)
池添騎手

2勝クラスは近2走で⑬⑭着だが、2走前は好走歴のない道悪芝、前走は逃げて差し決着となって展開不向きだった。2勝は直線平坦コースの京都ダート1400mと札幌芝1200mで挙げていて、京都ダート1200mで先行して展開が合えば粘り込みもあり得そう。池添騎手は京都ダート1200mの2勝クラス以上で継続騎乗だと[9.8.5.41](複勝率34.9%)と好成績でもある。C

20年1月19日
京都 9R 白梅賞
芝1600m
スマートリアン
8人気 2着 (単オッズ22.7倍)
幸騎手

デビュー戦(阪神芝外1800m、⑧着)は出遅れて大外を回るロスの多い競馬で追い込み切れなかったが、このコースの前走はスタートを決めて中団に付け、不良馬場を克服して差し切りを決めた。キズナ産駒は芝で昇級戦だと[4.4.0.12](複勝率40.0%)と好走率が高く、底を見せていない芝1600mなら昇級戦でも侮れない。3ヵ月ぶりでも仕上がっていれば。

20年1月19日
京都 5R 3歳未勝利
芝1600m
オウケンブリザード
7人気 2着 (単オッズ24.9倍)
松田騎手

過去2戦は⑦⑧着だが、2走前は好スタートを切りながら大外枠(8枠18番)で控える形となり、前走は芝1200mでペースが忙しかったのか、道中で後退して流れに乗れていなかった。リアルインパクト産駒は芝1600mの平場戦で[3.5.3.25](複勝率30.6%)で、マイルに替わってリズム良く先行できれば粘り込みがあっても。

20年1月19日
京都 5R 3歳未勝利
芝1600m
ハーランズハーツ
9人気 3着 (単オッズ56.9倍)
池添騎手

前走(⑪着)は不良馬場の京都芝2000mという特殊な条件で出遅れて最後方追走となっていた。2走前は良馬場の阪神芝外1600mで⑦着だったが、中団から渋太く追い上げていたし、走破時計(1分36秒2)も悪くない。小柄な馬で、直線平坦コースに替わるのはプラスだろうし、良馬場の京都芝内1600mなら見直し可能だろう。3ヵ月ぶりでも仕上がっていれば。

20年1月19日
京都 3R 3歳未勝利
ダ1400m
アメージングラン
6人気 2着 (単オッズ13.1倍)
国分恭騎手

近2走は掲示板外(⑥⑨着)だが、2走前は京都ダート1800m、前走は中京ダート1400mだった。京都ダート1400mはメンバー中最速の上がり(36秒7~37秒3)を使って⑤④着。今回はその2戦で手綱を取った国分恭騎手に乗り替わるのも好材料では。ヘニーヒューズ産駒は京都ダート1400mの未勝利戦で[15.4.6.35](複勝率41.7%)と好走率も高く、差しの利く展開になれば。

2020年

2019年

TOPページに戻る